« 【読】正造、熊楠、外骨 | トップページ | 【読】楽しい終末 »

2005年9月21日 (水)

【演】宿替え

生まれてこのかた、引越しの数なら他人に引けをとらない。
そんなことは自慢にもならないが・・・。

またまた引越しである。
さすがにこのトシになると億劫になるが、そこで思い出したのが「宿替え」という言葉。古典落語の演目として有名なこの言葉には、「引越し」よりも気楽な響きがある。(桂枝雀の大ファンなので、上方落語の「宿替え」の軽さが好きだ。)

♪家なんて はじめから 仮の宿♪ という歌(山崎ハコ)もあった。
な~に、宿をちょっと替えるだけさ、と自分に言い聞かせながら、ただいま宿替えの準備中。
落語のように、家財道具を風呂敷一枚に包んで、よっこらせと歩いて行くだけではすまないけれど・・・。

|

« 【読】正造、熊楠、外骨 | トップページ | 【読】楽しい終末 »

【演】演芸日誌」カテゴリの記事

桂枝雀」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【読】正造、熊楠、外骨 | トップページ | 【読】楽しい終末 »