« 【遊】江戸東京博物館(続) | トップページ | 【雑】車窓から見える煙突 »

2005年10月19日 (水)

【読】イザベラ・バード

きのうの話の続き。 イザベラ・バードを紹介したい。
Isabella L. Bird (1831-1904)
イギリス生まれの女性旅行家、探検家(といっていいのかな?)
幼少期は病弱だった。 23歳の時に医者に航海をすすめられ、アメリカとカナダを訪れる。2年後、初の旅行記『英国女性のみたアメリカ』を出版。
40歳を過ぎてから(!)本格的な旅行を始め、オーストラリア、日本、マレー半島、チベット、朝鮮などをはじめ、生涯の大半(!)を旅に終えた。
『日本奥地紀行』(平凡社ライブラリー)、『朝鮮奥地紀行』(東洋文庫)、『ロッキー山脈踏破行』(平凡社ライブラリー)など。

isabella 『日本奥地紀行』 高梨健吉訳
47歳で日本を訪れた時の旅行記。横浜に上陸後、東京から日光、横川、新潟を経て、花館、山形、久保田(秋田)、青森、さらに北海道に渡り、函館から森、室蘭、幌別、白老、苫小牧、平取、門別と、足を伸ばしている。主として馬と徒歩と船による、3ヶ月あまりの旅である。本書は、旅先から妹や親しい人にあてた手紙を主体としたもの。

ぼくにとって殊に興味深いのは、後半の半分近くを占める北海道旅行記。アイヌの人たちの生活、人がらなどにふれて、鋭い観察をしている部分だ。
アイヌを「未開」「不潔」などと評しているあたりは、当時の外国人(キリスト教徒)の限界で、仕方がないことだと思う。しかし、彼女が捉えたアイヌの特質(美点)は、なかなか的確である。

余談だが、池澤夏樹さんの小説『静かな大地』は、北海道開拓期の日高地方が舞台。この中で、イザベラ・バードが訪問した時のアイヌの人たちとの交流が、エピソードとして使われている。

|

« 【遊】江戸東京博物館(続) | トップページ | 【雑】車窓から見える煙突 »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

こんな本を読んだ」カテゴリの記事

アイヌ民族・アイヌ語」カテゴリの記事

池澤夏樹」カテゴリの記事

静かな大地」カテゴリの記事

コメント

イギリス人の旅好きはかなりのもので、私の友人は世界の200以上の国へ行き、毎年3ヶ月を旅に費やしています。世代は違いますが、イザベラ・バードもその血を持ち、素晴らしい記録を残しましたね。たしか、井上ひさしの本にも彼女のことが出てきて、彼の生まれた場所を通過し、イザベラ・バードがその土地を絶賛していたと書いています。(詳細はわかり次第お知らせします)
日高・・2年前に行きましたが、また行ってアイヌ関連のことを幾つか調べたいと思っています。

投稿: 玄柊 | 2005年10月20日 (木) 08時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【遊】江戸東京博物館(続) | トップページ | 【雑】車窓から見える煙突 »