« 【遊】雨の日に温泉で | トップページ | 【読】市立図書館 »

2006年1月15日 (日)

【遊】稲荷神社のもちつき

ここから数百メートル、歩いてもすぐのところに鈴木稲荷神社というのがある。
きょうは、そこの境内でもちつき大会があるというので、お椀と箸持参ででかけた。

050115-1050115-8050115-2






050115-7050115-3この神社は歴史が古いらしい。
享保9年(1719年)という文字がみえる。
神社の境内の賑わいというのは、いいものだ。
ここは、ふだんはひっそりとした産土(うぶすな)さま。



050115-5050115-6汁粉、あんころ餅、きなこ餅、からみ餅、あべかわ餅、豚汁(これだけが有料で50円)。
次から次へと餅をついていたので、いくらでもお代わりできた。




050115-4ここの狛犬は狐だろう。
石を彫って作ったとみられる、かなり古そうなもの。
保護のためか金網で囲ってあった。
りっぱな尻尾だ。
こういうものを見るのが好き。
以前、埼玉の神社では狛犬が狼の形だったのを見た。   

|

« 【遊】雨の日に温泉で | トップページ | 【読】市立図書館 »

【遊】おでかけ日誌」カテゴリの記事

四季 冬」カテゴリの記事

小平界隈」カテゴリの記事

コメント

神社でのお餅つき、おいしそうですね。東京でもこんな感じのところがまだあるんですね。

投稿: 玄柊 | 2006年1月16日 (月) 19時18分

このあたりには、こういう感じの神社やお寺がたくさんあります。
ふだんは、ひとけのない神社でしたが、きのうは境内が子どもたちでいっぱいでした。
食べ放題、というのがいいですね。
つきたての餅は、おいしかったです。
ぼくもこどもの頃は、餅つきをしたことがありますが、あれはなかなか難しいものです。

投稿: やまおじさん | 2006年1月16日 (月) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【遊】雨の日に温泉で | トップページ | 【読】市立図書館 »