« 【読】もうひとつの「静かな大地」 | トップページ | 【楽】ムックリ »

2006年1月19日 (木)

【楽】トンコリ

トンコリという、じつに素朴な構造の弦楽器がある。
5本の開放弦を指でつまびく。

アイヌの伝統的な楽器で、いまは演奏する人もいなくなった、いわば幻の楽器。
ムックリは、いまでもふつうの人が演奏するようだが、トンコリとなると、その奏法が伝わっていないために難しいらしい。

そのトンコリの音を現代によみがえらせたのが、アイヌの血をひく「OKI(オキ)」というミュージシャンである。
先週の土曜日、FM放送の朝の番組(ピーター・バラカンさんがディスクジョッキーをつとめる音楽番組)で、OKIの最新アルバム『TONKORI』の一曲が流された。

tonkoriOKI 『TONKORI』  2005.5.25 発売元:チカルスタジオ 15曲収録

ラジオでひさしぶりに聴いた曲は、
アルバム一曲目の「ヘチリロック」という曲。
このアルバムは、トンコリのソロ演奏とOKIの歌声が聴ける。
彼の7枚目のアルバムである。
(OKIがプロデュースした、安東ウメ子さん名義のアルバム2枚を含む)

OKIの公式サイト 「CHIKAR STUDIO」
http://www.tonkori.com/

ぼくはまだ、彼の生のライブを聴いたことがないが、同時代の気になるミュージシャンのひとりである。

|

« 【読】もうひとつの「静かな大地」 | トップページ | 【楽】ムックリ »

【楽】音楽日誌」カテゴリの記事

こんな音楽を聴いた」カテゴリの記事

アイヌ民族・アイヌ語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【読】もうひとつの「静かな大地」 | トップページ | 【楽】ムックリ »