« 【山】白馬岳(3) | トップページ | 【山】白馬岳(5) »

2006年4月 7日 (金)

【山】白馬岳(4)

いま思うと、白馬岳はいい山だった。
なによりも高山植物の宝庫というところがいい。
また、いつか行ってみたいものだ。

1991年の7月下旬、まさに高山植物の花ざかりの時期に、大雪渓を登り、村営頂上小屋に泊って、杓子岳から鑓ヶ岳(白馬鑓ヶ岳)を経て鑓温泉、猿倉へ下るコースを歩いた。
このときも、夜行一泊二日の強行軍だった。

199107_00_1199107_01199107_02(左)シナノキンバイの群落
(中)ハクサンイチゲ
(右)ウルップソウ
千島列島ウルップ島原産、白馬ではいたるところで見られる

199107_05199107_03イワオウギ(タテヤマオウギ)
えんどう豆のような果実をつける
北海道、本州北中部に分布
崩壊しやすい砂礫の斜面や岩隙に生える

199107_04199107_07199107_08(左)タカネヤハズハハコ
(タカネウスユキソウ) ウスユキソウの仲間
(中)ミヤマオダマキ
(右)ウルップソウ

199107_09199107_14_1199107_21(左)ヨツバシオガマ 
(中)(右)ハクサンコザクラ
実物は、もっとあざやかなピンク
フィルムをスキャナーで取り込んだ後、画像処理したが、自然な発色がむずかしかった

199107_18199107_19199107_23(左)アオノツガザクラ
(中)イワイチョウ
(右)キヌガサソウ
この花は形がきれいで名前もいい

まだ他にも写真があるが、続きは次回・・・。

|

« 【山】白馬岳(3) | トップページ | 【山】白馬岳(5) »

【山】山日誌」カテゴリの記事

百名山」カテゴリの記事

コメント

強行軍で高山植物をたくさん撮っていた時期があるんですね。私も今年はマクロで高山植物に挑戦するつもりです。

投稿: 玄柊 | 2006年4月 8日 (土) 07時25分

ミノルタの一眼レフとタムロンの90mmマクロレンズ、リバーサルフィルムを使っていました。
現像したフィルムを、スライドマウント(スライド映写機用に一枚ずつ枠をつけたもの)にしていたので、当時の写真を確認するのが手間でした(笑)。
スライド映写機なんか持っていませんが、小さなビューアー(のぞきからくりみたいな道具)で見て、楽しんでいました。
プリントもして、アルバムにも貼っていました。
今回、花の名前を確認するのに、このアルバムが役にたちました。

投稿: やまおじさん | 2006年4月 8日 (土) 07時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【山】白馬岳(3) | トップページ | 【山】白馬岳(5) »