« 【読】五木寛之 こころの新書 (6) | トップページ | 【読】こころの新書 (7) »

2006年4月30日 (日)

【遊】今日の散歩(身近な新緑)

散歩というほどのことでもないけど、住まいのまわりの新緑を撮ってみた。
日に日に色鮮やかになってきてうれしい。

0604300001ついこのあいだ、桜の頃は、若葉が出はじめたばかりだったケヤキも、あっというまに青々と茂った。
写真の木、すぐ近くの公園(団地内)にある。
枝ぶりが自然で、こういう形のケヤキも今では珍しい。
街道沿いのケヤキは、伸びた枝が道路のじゃまになるらしく、無残に枝を切られているものが多いのだ。

0604300006トウカエデ(唐楓)。
この街のあちこちに見られる街路樹。
秋は紅葉がきれいだった。
その後、葉がすっかり散ってしまったと思ったら、今はこんなに青々としている。
もう初夏という感じだ。
明日から5月という今日は、さわやかないい天気だった。

0604300005トチノキ(栃、橡)。
なぜかこの団地のあちこちに植えられている。
なかなか立派である。
花をつけている木と、つけていない木がある。
この団地に越してきた去年の秋は、枯葉だった。
季節がめぐって、こんな新緑を見られるのがうれしい。

06043000070604300009   




060430001106043000020604300003気づかないうちに、フジが咲いていた。
これも、すぐ近くの団地内公園。
砂場の上によくある藤棚。
下の写真は、シャガハナニラ

06043000130604300012   

|

« 【読】五木寛之 こころの新書 (6) | トップページ | 【読】こころの新書 (7) »

【遊】おでかけ日誌」カテゴリの記事

四季 春」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【読】五木寛之 こころの新書 (6) | トップページ | 【読】こころの新書 (7) »