« 【遊】春の北海道 (4) | トップページ | 【遊】春の北海道 (6) »

2006年5月11日 (木)

【遊】春の北海道 (5)

美瑛では、いま、「カレーうどん」がブームだという。
ぼくは知らなかったが、富良野の「スープカレー」に対抗して、ということらしい。

P5040041こんな感じの「つけめん」風カレーうどんを食べた。
美瑛の駅の裏手(線路をはさんだ西側、バスロータリーの一角)にある、「こえる」という店。  「丘の宿 こえる」というのが正式な名前で、民宿(ペンション)兼レストラン。
うどんは、美瑛産の粉を使った手打ち麺。 おいしかった。
こういう「つけめん」ばかりでなく、他の店では、「かけ」や「冷やし」のカレーうどんもあるらしい。
P5040038P5040039丘の宿 こえる
美瑛町大町1丁目1-7
(JR美瑛駅裏側)

http://www.biei.ne.jp/koeru/ 

|

« 【遊】春の北海道 (4) | トップページ | 【遊】春の北海道 (6) »

【遊】おでかけ日誌」カテゴリの記事

美瑛」カテゴリの記事

コメント

この翌日、国道沿いにある「鶴喜(つるき)」という蕎麦屋で、野菜カレー蕎麦を食べました。
こちらは、普通のカレー蕎麦ですが野菜カレーというのがユニークでした。
「鶴喜」の蕎麦は、胡麻蕎麦というちょっと変わった麺です。
その近くに「山頭火」という有名なラーメンのチェーン店もあります。

投稿: やまおじさん | 2006年5月11日 (木) 21時46分

「鶴喜」も「山頭火」も入っていますが、カレーうどんと「こえる」は知りませんでした。スープ・カレーは富良野だけではなく北海道全体ではやっているようですね。

投稿: 玄柊 | 2006年5月11日 (木) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【遊】春の北海道 (4) | トップページ | 【遊】春の北海道 (6) »