« 【読】五木さんの都市論 | トップページ | 【読】こころの新書 (9) »

2006年5月24日 (水)

【楽】ことしの花園神社ライブ

毎年、楽しみにしているライブ。
上々颱風の世田谷パブリックシアター(三軒茶屋)と、花園神社での七夕ライブ。

今年、世田谷は、6/17(土)と6/18(日)の二日間。
花園神社は、なぜか七夕をはずして8/12(土)になったようだ。

チケットぴあ (Pコード 231-763)
http://t.pia.co.jp/index.html

イープラス (上々、または、上々颱風で公演検索)
http://eee.eplus.co.jp/index.html

上々颱風オフィシャルサイト
http://www.mandicompany.co.jp/sst/sst_top_.html

思いおこせば、今から5年前の七夕の日、新宿花園神社の境内で上々颱風のライブを体験したことが、のめりこむきっかけだった。

「晴れときどき曇りのち温泉」 資料蔵
http://yamaoji.hp.infoseek.co.jp/kura.html#shang
同上 この一冊 『上々颱風主義』
http://yamaoji.hp.infoseek.co.jp/books.html
同上 この一枚この一曲 「鳥の歌」
http://yamaoji.hp.infoseek.co.jp/music.html

あのライブの印象は強烈だった。
夕闇にライトアップされたステージ。 間近にみるメンバーの姿。 きれいなハーモニー。
完全にノックアウトされたのだった。
それいらい、毎年、七夕ライブと世田谷パブリックシアターのライブには行くようにしている。

花園神社は、地べたに座るか立って見るか、という、なかなか過酷な会場だ。
季節がら、雨にみまわれたりもするが、雨の中でも演奏するのだ。
いっぽう、世田谷は劇場でのコンサート形式。
「学芸会」なんて言う人もいるけど(もちろん、愛情をこめて、ネ)、こった演出で楽しめるのだ。

なんだかんだ言っても、息の長いバンドである。

|

« 【読】五木さんの都市論 | トップページ | 【読】こころの新書 (9) »

【楽】音楽日誌」カテゴリの記事

上々颱風」カテゴリの記事

鳥の歌」カテゴリの記事

コメント

8月というのは意外でした。会場周辺からの苦情と、梅雨を避けようということなんでしょうか。
ステージの位置と席でかなり見づらくなったりもしますが、あの会場、花園神社の雰囲気は好きです。
晴れるといいですね!

投稿: イッポ | 2006年5月26日 (金) 00時37分

>イッポさん
午後7時開演というのが、やはりちょうどいい時間帯ですね。
いちど、夕方の明るいうちにやったことがあり、暑くてまいりました。
薄闇のライトアップがいいです。

>会場周辺からの苦情と・・・
神社の隣りのビルの窓から、のぞいている人を見たことがあります。
神社の入口から、何ごとかと覗いている人も。
新宿のどまんなかの、面白いスペースですね。

投稿: やまおじさん | 2006年5月26日 (金) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【読】五木さんの都市論 | トップページ | 【読】こころの新書 (9) »