« 【遊】今日の散歩(新緑の小金井公園へ) 3 | トップページ | 【読】吉本さんの粘り強さ »

2006年6月 4日 (日)

【読】吉本隆明さん

友人が、吉本隆明さんの新刊を教えてくれた。
『老いの超え方』 朝日新聞社出版局
 2006年5月 1785円(税込)
http://opendoors.asahi.com/data/detail/7375.shtml
興味深い本なので、いずれ入手したいと思っている。

吉本隆明さんを、なんと呼べばいいのか。
詩人、思想家、評論家・・・。
大きな人ではあるが、ぼくにとっては「吉本さん」という感じで、身近なおじさんという印象が強い。
難しい著作も何冊か読んだことがあり、それなりに感銘をうけたりもしたが、インテリ臭のない庶民的な人だと、ぼくは感じている。

その吉本さんの著作を2冊、近くの図書館から借りてきた。

Yoshimoto_syakaika_1『中学生のための社会科』 市井文学株式会社 2005年3月1日
ここで「中学生」と呼んでいるのは、吉本さんの前書きによれば―
「生涯のうちでいちばん多感で、好奇心に富み、出会う出来事には敏感に反応する柔らかな精神をもち、そのうえ誰にもわずらわされずによく考え、理解し、そして永く忘れることのない頭脳を持っている時期の比喩」
だという。
だから、「そういう時期を自分でもっていながらそれに気づかず、相当な年齢になってから『しまった!』と後悔したり、反省したりした」 吉本さん自身の 「願望が集約された時期のこと」 でもあるそうだ。

詩、古典、日本語、老齢、意思と行為、自他の違い、社会と国家、民俗、高度管理社会、・・・などというタイトルが並ぶ。
中学生の読者を想定したわかりやすい文章で、吉本さんの思想が語られているようだ。
楽しみな一冊。

Yoshimoto_isho_1『遺書』 角川春樹事務所 1998年1月8日
あとがきによれば―
「おまえ、溺れかかったのだから死んだも同じだ。ひとつ遺書という本を造らないかと、角川春樹事務所から提案があった」ので、「本当の遺書は書くことはないとおもうから、これがほんとの遺書かもしれない」と、書いた本だという。

死について、国家について、教育について、家族について、文学について、わが回想、・・・といったタイトルが並ぶ。
ここでも、吉本さんの大きな思想が語られているようだ。

もう一冊、これは駅前の古本屋で、バスを待つ時間にみつけた本。
Yoshimoto_oyako吉本ばななさんとの対談。
『吉本隆明×吉本ばなな』 株式会社ロッキング・オン 1997年2月15日
内容は父娘の対談だが、ちょっと惹かれたので買ってみた。

いずれもまだ読んでいないが、今読みかけの本(赤坂憲雄『東西/南北考』)を読みおえたら、読んでみようと思う。
そういえば、赤坂憲雄さんと吉本さんの対談構成で
『天皇制の基層』 (講談社学術文庫・2003年10月10日) という本も手元にある。
読むのはまだ先になりそうだが、興味しんしんである。
Yoshimoto_akasaka 

|

« 【遊】今日の散歩(新緑の小金井公園へ) 3 | トップページ | 【読】吉本さんの粘り強さ »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

吉本隆明」カテゴリの記事

赤坂憲雄」カテゴリの記事

コメント

遺書は持っています。彼はいつ頃からか難解をやめましたね。今は「追悼私記」を読み返しています。

投稿: 玄柊 | 2006年6月 5日 (月) 14時03分

『追悼私記』は、以前読んだ記憶があります。図書館から借りてだったか、手元には見つかりませんでしたが、印象深い本でした。

>彼はいつ頃からか難解をやめましたね。
どうなんでしょう。
あまり変わっていないようにも思いますが。

投稿: やまおじさん | 2006年6月 5日 (月) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【遊】今日の散歩(新緑の小金井公園へ) 3 | トップページ | 【読】吉本さんの粘り強さ »