« 【読】さくらんぼ | トップページ | 【楽】ハスリンダン »

2006年7月 1日 (土)

【楽】浅川マキと旧友のおもいで

本編のウェッブ・サイト 「晴れときどき曇りのち温泉」 に、浅川マキのことを少しだけ書いたことがある。
http://yamaoji.hp.infoseek.co.jp/kura.html#asakawa
【2016/2/5 訂正…サイト変更のため】
http://yamaoji.web.fc2.com/kura.html#asakawa

http://yamaoji.hp.infoseek.co.jp/music.html
【2016/2/5 訂正…サイト変更のため】
http://yamaoji.web.fc2.com/music.html

<<晴れときどき曇りのち温泉 この一枚、この一曲>>
「資料蔵・人名編」の浅川マキの項でも触れたが、ぼくにとって思い出のライブ録音である。
1971年の大晦日。 新宿紀伊国屋ホールは熱気が溢れていた。
客席で煙草をふかしている輩などもいて(はた迷惑な話だが)、今では考えられないようなライブだった。
浅川マキ(vo)、今田勝(p)、荻原信義(g)、稲葉国光(b)、つのだひろ(ds)、杉浦芳博(g)、他。
収録曲は「別れ」「赤い橋」「にぎわい」「ちっちゃな時から」「朝日樓(朝日のあたる家)」「かもめ」「少年」「死春記」「ピアニストを撃て」「オールド・レインコート」「ガソリン・アレイ」「さかみち」、以上12曲。
「ガソリン・アレイ」での つのだひろ のドラムスが圧巻。・・・

いまから35年も前の古いはなしだが、新宿紀伊国屋ホールで浅川マキの大晦日ライブがあり、友人と二人で聴きに行ったのである。
そのライブ録音がレコードになっている。

Makilive浅川マキ 「MAKI LIVE」 (紀伊国屋ホール)
 東芝EMI ETP-72055
浅川マキ(vo)、今田 勝(p)、荻原信義(g)、稲葉国光(b)、
つのだひろ(ds)、杉浦芳博(g)、他

浅川マキ オフィシャル・サイト
http://www.toshiba-emi.co.jp/asakawa/main.htm
浅川マキ - UNIVERSAL MUSIC JAPAN  【2016/2/5】
http://www.universal-music.co.jp/asakawa-maki

浅川マキさんの近況を、ぼくはよく知らないが、当時はデビュー後まもない頃。
池袋の「文芸座」や、新宿の「蠍座」といった個性的なホールでライブをやっていて、熱心なファンも多かったのだ。
・・・と書いていて、気になったので公式サイトを見ると、今年もまた、大晦日公演を新宿 PIT INN でする予定という。 ご健在である。

はなしは変わるが、このライブに一緒にいった中学の頃からの友人は、一昨年の暮れ、病に冒されこの世を去った。
12年前、北海道の地方都市に戻り、翻訳や地方新聞に書評を書いたりといった著述業をしていた。
大手出版社から、彼が翻訳した書籍が多数出ている。

Kisimoto_works1Kisimoto_works2Kisimoto_works3

ぼくの手元にある、彼の仕事(翻訳)の一部。
『ヒットラーへの聖火 ベルリンオリンピック』
 ダフ・ハート・デイヴィス著 岸本完司訳
 東京書籍 1988/5/17
 ザ・スポーツ・ノンフィクション 2

『ドミンゴの世界』
 ダニエル・スノウマン著 岸本完司訳
 音楽之友社 1987/11/10

『知られざるフリーメーソン』
 スティーブン・ナイト著 岸本完司訳
 中央公論社 1987/10/10

彼が亡くなる直前まで地元の新聞に連載した書評コラムがあり、これを集めた本が出版準備中だという。
そんな友人のことを考えながら、浅川マキの古いレコードをあらためて聴いている。

【2016/2/5 一部訂正(リンク)、Amazonリンク追加】

|

« 【読】さくらんぼ | トップページ | 【楽】ハスリンダン »

【楽】音楽日誌」カテゴリの記事

浅川マキ」カテゴリの記事

岸本完司」カテゴリの記事

コメント

翻訳書は、なかなか頭脳の分野が違っていて私には読みにくいのですが、新聞に連載していた書評は興味がありますね。どんなものが選ばれていたのでしょう。この夏と、秋が過ぎると彼が亡くなって2年になるのですね。

投稿: 玄柊 | 2006年7月 2日 (日) 08時45分

岸本さんの元部下でした。
じつは翻訳でこんなに実績のあるお仕事を
なさっているとは知りませんでした。。
そしてお亡くなりなったのを知ったのも、今年の2月でした。
書評コラムの本、楽しみにしています。

投稿: 熱海荘住人 | 2006年7月 2日 (日) 10時37分

>熱海荘住人さま
さっそくのコメント、ありがとうございます。書評コラムの本は、ぼくも楽しみにしています。

>玄柊さん
メニューインの『ヴァイオリンを愛する友へ』も翻訳していたのはご存知でしたっけ?
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4276214017/503-3158383-9355951

投稿: やまおじさん | 2006年7月 2日 (日) 10時50分

メニューインが好きなので最初は岸本君の翻訳とは知らずに買いました。あとで、驚きました。

投稿: 玄柊 | 2006年7月 2日 (日) 15時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【読】さくらんぼ | トップページ | 【楽】ハスリンダン »