« 【読】こころの新書 (11) | トップページ | 【読】【雑】萱野茂さん »

2006年7月20日 (木)

【読】きょうの収穫

仕事帰りに駅ビルの本屋で、2冊購入。

Itsuki_bookmagazine4『五木寛之ブックマガジン 初夏号』 KKベストセラーズ 2006/7/7
ワンコイン・マガジン(500円)のこのシリーズ。
4冊目がそろそろ出ているかな、と思い、五木寛之コーナーをのぞいてみたら、あった。
この号には、再読してみたかった「蒼ざめた馬を見よ」 の全文が掲載されていたり、最近のインド旅行のエッセイがあったり、フランソワーズ・サガンとの対談があったりと、なかなか充実した内容だ。
『風の王国』 の全面改訂版がこの冬に出版される、という広告もあった。
「サンカ」の末裔との接触によって五木さんが知った新事実をベースに改訂したというから、発売がいまからたのしみだ。

Okamoto_tarou岡本太郎 『沖縄文化論 ―忘れられた日本』 中公文庫 1996/6
五木さんの本(昨日、このブログで紹介)で知ったものだ。
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/_11_503a.html
岡本太郎という人は、例の「芸術は爆発だぁ~!」の印象が強烈で、いったいどんな文章を書くのかと思っていたが、こう言ってはナンだが、しっかりとした素晴らしい文章である。

このところ、読むよりも買うほうが多くて、読みたい本がたまるいっぽうだが、これでいいのだ。

|

« 【読】こころの新書 (11) | トップページ | 【読】【雑】萱野茂さん »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

五木寛之」カテゴリの記事

コメント

もちろん、私も4冊目を手に入れました。インドのお話、何故行くことになったのかよく分かりました。TV番組も面白そうです。

投稿: 玄柊 | 2006年7月21日 (金) 19時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【読】こころの新書 (11) | トップページ | 【読】【雑】萱野茂さん »