« 【読】世間 (4) | トップページ | 【遊】からまつ亭 訪問記 (2) »

2006年9月24日 (日)

【遊】からまつ亭 訪問記 (1)

きのうは肌寒い曇り空だったが、車で八ヶ岳山麓へ。
武蔵野市にあった 「からまつ亭」 というお蕎麦屋さんが清里高原に移転し、この夏に開店していたのだが、なかなか行けなかった。
念願の訪問。

からまつ亭 八ケ岳十割蕎麦(そば)
http://karamatu.or.tv/index.html

0609230002清里高原の別荘地の一角に開店した「からまつ亭」。
一見、ふつうの別荘。
内部はログハウス風のすてきな建物だ。
中央道須玉インターから国道141号線を北へ20分ほどという道順だが、今回は甲州街道(国道20号)から。

141号線からの入口はすぐわかったが、そこから先は別荘地の細道。
ちょっと迷ってしまった。
0609230001やっと見つけた小さな看板。
かわいらしいなぁ。
開店時刻をよく確かめずに家を出たので、早く着きすぎてしまい、途中の「道の駅」で時間をつぶし、11:30前にお店に到着。
店主のジミー矢島さんご夫妻に、ひさしぶりにお目にかかった。
矢島さんは、後で書くが、須藤もんさんの関係で何度かお会いしている。
ご夫妻の写真を撮らせていただけばよかったな(ちょっと遠慮してしまった)。
子猫のジローくんの写真も撮らなかったが、すだれをよじ登って2階(店舗)のベランダまであがって来る、たくましい猫であった。

0609230005_1069230003_1069230004_10609230007



お品書きと、ぼくたちがいただいた蕎麦。
同行したかみさんは、「今月の季節そば きのこおろしそば」 (左から2番目の写真)。
キノコは、この日の朝、矢島さんが採ってきたもの。 新鮮でおいしかった。
ぼくは、「からまつ御前セット」 (右の2枚の写真)。
蕎麦を 「縄文そば」 にしていただいた。
「縄文蕎麦」は、この地で特別に栽培している珍しい蕎麦。 色と香り、味がちょっと違うようだ。
からまつ亭の 「石臼挽き十割手打ち蕎麦」 は、やはり絶品だった。
「揚げそばがき」(左から3枚目の写真の右上) も珍しいもの。 おいしかった。

外は秋風が吹く八ヶ岳山麓の、静かなお店でゆっくりいただく蕎麦。
「至福のひととき」 とは、こういうことを言うのか。

矢島さんは、出張蕎麦打ちもなさっているそうだ。
また、近々、蕎麦の通信販売も予定していると話されていた。
楽しみだなぁ。

お店のWEBサイト以外にブログも公開されている。
おもしろいので、ぜひご覧いただきたい。

八ヶ岳からまつ亭 (ブログ)
http://karamatutei.blog49.fc2.com/

ジミー矢島の八ヶ岳日記

http://www.doblog.com/weblog/myblog/50972

0609230008帰り道、雲が晴れて、ひさしぶりに八ヶ岳の姿を見た。
左から、編笠山、権現岳、赤岳。
権現岳と赤岳のあいだに、阿弥陀岳のピークが見える。

|

« 【読】世間 (4) | トップページ | 【遊】からまつ亭 訪問記 (2) »

【遊】おでかけ日誌」カテゴリの記事

四季 秋」カテゴリの記事

コメント

先日は遠いところ有難うございました 山のゆるやかな時間を楽しんでいただけましたでしょうか もう、こちらに戻ってからは以前にもましてマイペースでやっていますが よかったらまたどうぞ うちの図々しい猫にお付き合いくださって有難う 丁寧な紹介も大感謝です・・・僕のライブビデオ お持ちだったとは・・・また感謝 

投稿: ジミー | 2006年9月24日 (日) 23時56分

>ジミーさん
コメント、ありがとうございます。
ゆったりとした時間の中で、のんびりさせていただきました。
お蕎麦、おいしゅうございました。
紅葉の頃に、またうかがいたいと思っています。
元気な子猫ちゃんにまた会いたいな(同行者談)。

ビデオは、3年前の茅野・パブロのライブで買い求めたものです。
http://homepage2.nifty.com/sudomon/pablo031025.htm

投稿: やまおじさん | 2006年9月25日 (月) 06時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【読】世間 (4) | トップページ | 【遊】からまつ亭 訪問記 (2) »