« 【楽】須藤もん・五十一ライブ (3) | トップページ | 【雑】たまには日記風に »

2006年11月 5日 (日)

【楽】ISOICHI WORLD

五十一(いそいち)さんの4枚のアルバムCDを聴き始めている。
11/3 阿佐ヶ谷「あるぽらん」での、「いそ・もんライブ」会場で購入。
五十一さんの音楽、これまでほとんど聴いたことがなかったのだが、おとといのライブで生の演奏を聴き、いいなぁと思って。
CDにも買い時というものがある。

最新アルバム 『遠くはなれて ISOICHI 4th ALBUM』 から順に、過去のアルバムにさかのぼって聴いている。
ライブで耳にした曲がたくさんあり(あたりまえだ)、いちど聴いただけの曲がすぐにわかるというのも、ライブの印象が強烈だったんだろうなぁ・・・なんて思う。

Isoichi4遠くはなれて  ISOICHI 4th ALBUM (2006年)

1曲目 「Amazing Grace」 から、誰にもまねのできない五十一ワールドに引き込まれる。
よく知られているこの歌が「五十一節」になっている。
日本語訳詞:五十一。尺八がはいって、なつかしい響き。
3曲目 「春来峠」 は、はるきとうげ、と読む
春がかならず来る峠、というのは演歌風だが、やっぱりこれもブルースだな。
5曲目 「さよらな小唄」 女性の控えめなバックコーラス。 いいねぇ。
これはもう、日本のブルースだな。 浅川マキの世界と似たムードを感じた。
6曲目 「故郷よ」 これも演歌風歌詞だが、曲調は五十一さんの世界だ。
ライブで、この歌を歌う前に、北海道の羅臼峠から見えた国後島のはなしをされていた。
羅臼の港町が目にうかんでくるような。
7曲目 タイトル曲 「遠くはなれて」 ライブでの印象が強い。
シンプルな歌詞内容なのに、いちど聴いたら忘れられない。
8曲目、浅川マキ訳詞 「朝日のあたる家」 をみつけたときは、嬉しかった。
浅川マキの演奏とは、メロディーが微妙にちがうのも、おもしろい。
もともとがトラディショナル・ソングだから、メロディーは演奏者の個性が出るのであって、これも「五十一節」と感心。

・・・とまあ、このあたりが強い印象を受けた曲だが、じつは全曲いいと思う。
最終曲 「酒飲みブルース」 なんか、下戸のぼくにも酒飲み族の気持ちがわかるような。
高田渡さんの酒の歌に通じる世界。

おとといのライブではソロ演奏だったが、バックがつくと厚みがでるなぁ。
たくさんの人に宣伝したくなる、すてきなアルバムだ。
他の3枚も、おいおい紹介したい。

 ※ 誤解のないように書き添えておくが、ぼくは歌謡曲や演歌も嫌いではないのである。

(下の写真、左から)
『Lonely Road Isocihi 3rd Album』 (2003年)
『流れ者 ISOICHI SECOND ALBUM』 (2001年)
『WILDERNESS ICOICHI』 (1999年)

五十一さんのサイト ISOICHI WORLD
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/isoichi/page01.html

Isoichi3Isoichi2Isoichi1   

|

« 【楽】須藤もん・五十一ライブ (3) | トップページ | 【雑】たまには日記風に »

【楽】音楽日誌」カテゴリの記事

こんな音楽を聴いた」カテゴリの記事

五十一」カテゴリの記事

コメント

五十一ワールドに引き込まれそうになっていますね!
本日西早稲田ジェリージェフで五十一ライブまたまた行って参ります!

投稿: まえちゃん | 2006年11月 5日 (日) 16時43分

>まえちゃん
いいですね。一日おいて連チャンなんて。
ジェリージェフは、行ったことがありませんが、雰囲気がよさそう。
http://www.shop-i.jp/jellyjef/
五十一さんは、今日のライブを終えて大阪にご帰宅ですかねぇ。

投稿: やまおじさん | 2006年11月 5日 (日) 17時28分

あたりまえですが、ジャンルを問わず、いいものはいいい。音楽は特にそうです。文学も時代物にもいいのがあるし・・。須藤もんライブ、ますます楽しみになってきました。彼女のジャンルは何でしょう?

投稿: 玄柊 | 2006年11月 6日 (月) 07時32分

>玄柊さん
本人はロックだと言っていました(笑)。
ぼくはジャンル分けに興味がなく、あえて言うなら「すどもん節」だと思いますが。

投稿: やまおじさん | 2006年11月 6日 (月) 20時17分

やまおじさん!
昨日の五十一ライブも良かったですよ!
4本のギターを使い分けて、
ジャパニーズ・ライクーダと言う感じでした。
ライブの後大阪へ向かったようです。
何時もの事とは言えホント頭が下がります。

投稿: まえちゃん | 2006年11月 6日 (月) 20時54分

>まえちゃん
ライクーダ! たしかに。
日本のスライド・ギター奏者では、三本の指に入るというコメントもありましたね。
もっとも、日本には三人しか演奏者がいないけど・・・と、また笑わせてくれましたか?

投稿: やまおじさん | 2006年11月 6日 (月) 21時05分

6月のいそもん北海道ツアーでの珍道中話!
小樽編、小金湯温泉編に芦別旅館編。
大笑いでしたよ!
内容はもんさんに聞いた方が早いかも(笑)

投稿: まえちゃん | 2006年11月 7日 (火) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【楽】須藤もん・五十一ライブ (3) | トップページ | 【雑】たまには日記風に »