« 【読】五木寛之のインド | トップページ | 【読】獏さんの連載小説 »

2006年12月24日 (日)

【読】流されゆく日々

『風の王国』 (改訂新版) について、五木寛之さんが書いていた記事。
「日刊ゲンダイ」 (夕刊紙) 2006年12月14日

「流されゆく日々」 という、この連載エッセイ(口述筆記らしい)のタイトルは、石川達三「流れゆく日々」のむこうを張ってつけられた、いかにも五木さんらしいへそ曲がりなもの。
7000回を超えて、いまも連載されている超ロング・ランだ。

Itsuki_nikkangendai_1『風の王国』(改訂新版)についてふれた部分を紹介しよう。

<夜、東京から持ってきた『風の王国』の新装版の見本を拾い読みする。 拾い読みというのは、こんどの新版が全文、横組みの活字だからだ。 最初はぎこちなく、スピードもでなかったが、やがて慣れてくると結構はやく読めるようになってきた。 慣れとはおそろしいものである。>
 ― 日刊ゲンダイ 2006.12.14
  「流されゆく日々」 連載第7635回から ―

|

« 【読】五木寛之のインド | トップページ | 【読】獏さんの連載小説 »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

五木寛之」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【読】五木寛之のインド | トップページ | 【読】獏さんの連載小説 »