« 【読】石光真人 | トップページ | 【読】船戸与一『満州国演義 1』 »

2007年5月13日 (日)

【楽】世田谷シアター・ライブ

ここ数年、この世田谷パブリック・シアター・ライブと、花園神社の七夕ライブぐらいしか行かなくなった。
ひさびさの上々颱風ライブ。
今回、なんと一階最前列の席。 喜んだのもつかのま、ステージに据えた大きなスピーカーのまん前だったものだから、大音響におびえてしまった。
最前列というのも考えものだ(中央ならいいのだろうが)。
それでも、かぶりつきというのはいいもので、至近距離で歌姫たちの姿を満喫できた。
(ステージにむかって左端、エミちゃんサイド)

Shang_setagaya












ランダムハウス講談社から、上々颱風の絵本が出た。
絵:渡野辺マント 文:白崎映美 『ハラホロの涙』
七夕ライブのちらしも配られた。
Shang_harahoroShang_tanabata   

|

« 【読】石光真人 | トップページ | 【読】船戸与一『満州国演義 1』 »

【楽】音楽日誌」カテゴリの記事

上々颱風」カテゴリの記事

コメント

スピーカーの前は、ちょっときついですね。でも、至近距離で楽しんだようですね。絵本の絵の雰囲気が面白いですね。

投稿: 玄柊 | 2007年5月15日 (火) 07時06分

>玄柊さん
私はステージに近いことを単純に喜んだのですが、同行のかみさんは大音響にぐったりしてしまって可哀相でした(頭が痛かったと言っています)。
2階席、3階席が空いていたので、移ればよかったかなと後悔しつつも、至近距離でメンバーの細かな表情まで見られたのは、いい経験でした。
絵本の絵は、上々颱風のドラマー、渡野辺マント画伯によるもので、不思議な味わいがあります。ヘタウマというか、なんというか・・・。

投稿: やまおじさん | 2007年5月15日 (火) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【読】石光真人 | トップページ | 【読】船戸与一『満州国演義 1』 »