« 【雑】本日の収穫 | トップページ | 【楽】「祝 春一番2007」の須藤もんさん »

2007年6月 5日 (火)

【読】地図もおもしろい

今尾恵介著  『日本の地名遺産 「難読・おもしろ・謎解き」探訪記51』  (講談社α新書)読了。
おなじ今尾さんの 『地図で今昔』 (けやき出版) をパラパラと見ている。
新旧二種類の地形図(同じ縮尺で同じ範囲)を並べて、日本列島の各地の変化を示す、なかなか面白い内容。
東京の羽田あたりや、秩父の武甲山などは、なじみが深いのでことに興味ぶかい。
古い方の地図は、昭和初期のものが多いが、中には明治時代の地図もあって、新しい地図(平成に入ってから)と見比べると、そのちがいに驚く。
噴火や地震といった自然の力で地形が変わることもあるが、どちらかというと海岸の埋め立て、河川の改修、採掘など人為的な力による変化の多いことがわかる。

そんな本を眺めながら、帰宅の電車を新宿で途中下車。
新宿西口ヨドバシカメラで、仕事がらみの技術書を買うためだったが、新宿駅西口地下広場のイベントコーナーで、地図展のようなものをやっていたので、思わず立ち寄ってしまった。
今読んでいる本との符合にびっくり。

欲しくなる地図や本がたくさんあったのだが、比較的廉価なものを二冊購入。
懐が潤っていれば、買ってしまうだろう高価なものもあった。 私にとっては、まさに宝の山。

Uchuu_nihon_1手にとって、すぐに欲しくなったのがこれ。
『宇宙から見た日本 地球観測衛星の魅力』
 (新井田秀一 著、東海大学出版局) \1,000(税別)
衛星写真で見る日本列島がとても美しい。
私は飛行機の窓から地形を見るのが大好きなので、うれしくなる。

Daitoa_mapこれも、目にしてすぐに欲しいと思ったもの。
今の私の関心事にぴったりの本。
『歴史の証人・地図 ~大東亜戦争を語る~』
 (ケイエスケイ) \840(税込)
カラー上質紙、100ページ足らずだが、この値段はお買い得だった。
大東亜戦争(アジア・太平洋戦争)の頃の日本領土を示す赤く塗られた世界地図を見て、不思議な感じにとらわれた。
当時の人たち(軍人、政治家、一般大衆)は、大陸はもとより、東南アジア、太平洋にどんどん広がっていく日本領を地図で見て、きっと喜んでいたんだろうなぁ、と思う。
当時生きていたら、私も同じように感じたかもしれない・・・。

|

« 【雑】本日の収穫 | トップページ | 【楽】「祝 春一番2007」の須藤もんさん »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

こんな本を読んだ」カテゴリの記事

今尾恵介」カテゴリの記事

コメント

『帝都地形図』というのがあります 残念ながら小平の図書館はもっていませんが 近辺では
小金井市立図書館 http://www.library.koganei.tokyo.jp/index.html
西東京市立中央図書館
http://www.library.city.nishitokyo.lg.jp/index.shtml
にあります 貸出禁止ですが(全6巻 本体価格で36万円なので) 351枚 おもに大正末期から戦前の地図に現在の地図が載っています 以前編集に携わりました
参考まで

http://metro.tokyo.opac.jp/
東京都内の公立図書館の蔵書約3,800万冊(平成18年現在)を一括して検索できます

投稿: uji-t父 | 2007年6月 6日 (水) 23時01分

>uji-t父さん
いつも情報をありがとう。
図書館へは、本の貸出・返却に行くだけのことが多いのですが、たまには、じっくりと滞在して書棚を見たり、調べたりしてみようと思います。
この地域のことも調べてみたいし。
ずっと気になっているのは、「喜平(町、橋)」というここらの地名です。
喜平さんという人にゆかりの地名だと思うのですが、いまだにいわれを知りません。

投稿: やまおじさん | 2007年6月 7日 (木) 21時04分

『多摩地形図-1942(昭和17)-44(同19)年-』というのがあり これは中央図書館の2階の地域資料コーナーにあります 喜平町のあたりに該当する地図は残念ながらありませんが 喜平橋は「国分寺北部」にほんの少し出ていたはず
【蔵書情報】
所蔵館 所蔵数
中央 1冊
資料ID 所蔵館 禁帯 請求記号 資料の状態
13067359 中央 禁帯 K D4/030 [地域資料 地理(誌)・文化財]に在庫しています。
「大日本帝国陸地測量部と都市計画東京地方委員会によって、戦時都市計画のため空中写真測量により作成された、東京西郊の3000分の1地形図をまとめたもの。限定300部」
http://collegio.jp/?page_id=57
の地図見本をクリックするその南の国分寺駅周辺が見られます

ついでに図書館の紹介をすると
http://library.kodaira.ed.jp/
「としょかんこどもきょうどしりょう」はよく出来ています
喜平については郷土資料コーナーで調べてみてください

投稿: uji-t父 | 2007年6月 8日 (金) 06時44分

>uji-t父さん
またまた情報をありがとう。
『多摩地形図』という戦時中の地図も面白そう。
今尾さんの『地図で今昔』(けやき出版)にも、戦時中の地図が載っていますが、軍事施設なんかが消された時代もあって、興味ぶかいことです。
郷土資料コーナーも調べてみましょう。

投稿: やまおじさん | 2007年6月 8日 (金) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【雑】本日の収穫 | トップページ | 【楽】「祝 春一番2007」の須藤もんさん »