« 【読】なつやすみのにっき (4) | トップページ | 【楽】なつやすみのにっき (6) »

2007年8月14日 (火)

【読】なつやすみのにっき (5)

としょかんにりくえすとしてあったほんがとどいたので、とりにいってきました。
Sugae_masumi_tabitonikkiじゅうろくねんまえにしゅっぱんされたほんですが、まだだれもよんでいなような、きれいなじょうたいです。
ほんやさんではてにはいらないようなので、がんばってよんでみようとおもいます。
やすみでいえにいても、ほんはほとんどよめません。
つうきんでんしゃやばすのなかのほうが、よくよめるのがふしぎです。

あすから、いっぱくふつかのみじかいりょこうにでます。
ゆきさきは、おくたでしなのしぶおんせんです。
あすは、すわこではなびたいかいがあるので、どうろがこんざつしそうです。
http://www.suwako-hanabi.com/kojyou/


『菅江真澄の旅と日記』 内田武志 著

 未來社 1970.5.30 初版 1991.3.10 新装版

|

« 【読】なつやすみのにっき (4) | トップページ | 【楽】なつやすみのにっき (6) »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

菅江真澄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【読】なつやすみのにっき (4) | トップページ | 【楽】なつやすみのにっき (6) »