« 【楽】月が居たよ | トップページ | 【楽】音楽は虚空に消え »

2007年9月28日 (金)

【楽】HONZIさんの死を悼む

HONZI(本地陽子)さんが亡くなったことを聞き、呆然とした。
http://natalie.mu/news/show/id/3558
http://www.bounce.com/news/daily.php/11679

昨夜遅く、なにげなくメールを開くと、訃報が飛び込んでいた。
数日前、このブログに上々颱風のアルバム 『上々颱風9 ~心の花~』 のことを書いたばかりで、なんだか虫の知らせだったような気がしてならない。
バンドのメンバーではないのでジャケット写真には載っていないが、HONZIさんがこのアルバムに参加しているのだ。
(Viloin,Mandolin,Chorus : HONZI)
ライブ会場でCDの盤面にもらったメンバーのサインの中に、HONZIさんのサインもある。

私にとってのHONZIさんは、上々颱風のバイ・プレイヤーとしてすばらしい演奏を聴かせてくれたヴァイオリニストだった。
『上々颱風8』、『パラダイス ライブ!』、『上々颱風9』 で、その演奏が聴ける。
『パラダイス ライブ!』 では、白崎映美さんがメンバー紹介で 「ヴァイオリン HONZI!」 と叫び、ひときわ大きな拍手を浴びている。
現場に居あわせなかったことが悔しく思えるほど、臨場感あふれるライブ録音だ。

ライブで何度かHONZIさんの姿を拝見した。
じつにカッコイイ演奏スタイルだった。

2001年7月、花園神社 七夕ライブ。
夕闇の中での幻想的なライブだった。

同年10月、『上々颱風9』 発売時の、新宿タワー・レコードでのインストア・ライブ。
(サインはこの時にもらったことを、今おもいだした)

そして、遊行寺でのライブ。
これも、上々颱風のライブに行き始めた頃の私にとって、忘れられない印象的なライブだった。
(残念なことに、「上々颱風パラダイス(当初は、上々颱風祭り)」 と題された、毎年恒例の野外ライブは、この年を最後になくなってしまった。
(七夕の新宿花園神社ライブは、いまも続いている)

同年11月には、千葉県野田市のライブ・ハウスで、猪野陽子・渡野辺マント夫妻とHONZIさんが共演したライブを、車に乗って聴きにいった。
『HONZI Two』 というアルバムを入手したのは、そのお店でのライブ終演後だった。
HONZIさんのサインをもらいたかったが、販売には関心がない人なのか、わりとそっけない応対だった。
思いきって話しかけてみればよかった……と、今になって思う。
間近にみるHONZIさんの演奏は、じつに凛としていて、すごい人だなと感じ入ったものだ。

もうひとつ、ライブの様子をおもいだした。
渋谷の小さなライブ・ハウスで、紅龍氏と郷ちゃんのライブがあったのは、それほど前ではなかったと思う。
若手男性ヴァイオリニスト(紅龍氏が発掘したという)と、なぜかHONZIさんも共演していた。
その二人の技術、音楽性のちがいは一目瞭然で、あらためてHONZIさんのすごさに瞠目したのだった。
(このライブの記憶はちょっと怪しい)

ヴァイオリンのほかに、アコーディオンやキーボードも弾きこなす、才気あふれる人だった。
早すぎる死だったな。 癌かぁ・・・…。

私が持っているHONZIさんのアルバムは、2枚。
左が 『honzi one』、右が 『HONZI Two』、どちらもユニークなジャケットだ。

Honzi_oneHonzi_two_3 合掌、とか、ご冥福をお祈りします、などといった通り一遍の、温かみの感じられない悔やみのことばを、私は嫌う。
千の風になって、というイメージも、いまや手垢のついた言葉だが、この人こそ 「千の風になって」 いつまでも私たちの記憶に残る人だろう。 そう思う。
いつも帽子をかぶっている人だった。 オシャレだったな。




【2007.9.29追記】
HONZIさんのライブ映像が YouTube のサイトにいくつか公開されていた。
Gadi ga Gada
http://www.youtube.com/watch?v=TJTeWq5if1Q
Honzi Solo (みんな夢の中)
http://youtube.com/watch?v=hS0sR-LbzI0
Laï lalilaï
http://youtube.com/watch?v=04Gd5z84r60
福、オスロでやる! "FUKU" in Oslo
http://youtube.com/watch?v=zyQER4WANE8

YouTube内で検索すれば、他にもあるかもしれない。

ネット検索で、いろんな人が書いているHONZIさんのエピソードを読んでいる。
いい話がたくさんあった。
かなり個性の強い人だったと私は思っていたが、こんなに慕われていたのか・・・と。

|

« 【楽】月が居たよ | トップページ | 【楽】音楽は虚空に消え »

【楽】音楽日誌」カテゴリの記事

上々颱風」カテゴリの記事

コメント

やまおじさんにとっては、とても思い入れのある方が亡くなったのですね。後になって悔やまれることは、その場でやってもらった方がいいのでしょうね。肝に銘じておきます。

投稿: 玄柊 | 2007年9月28日 (金) 23時13分

>玄柊さん
さっそくのコメント、ありがとう。
サインをもらえなかったことは、それほど悔やんでいませんが、もっとたくさんライブで聴いてみたかった人です。
録音されたものは、しょせん「複製」のような気がします。
エリック・ドルフィーという30代で亡くなったジャズマンの評伝を読んでいて、残された音源のかげにある膨大な演奏を聴いた人たちの幸せをうらやましく思ったりしています。

投稿: やまおじさん | 2007年9月28日 (金) 23時35分

パラダイスライブのCDを聴いていると、エミちゃんが、「HONZI!」と力強く紹介している声が聞こえてきて、どんな人なんかなと思ってました。
私は女性ということさえ知らず、今まで過ごしてきてしまいました。天国でも、いっぱいいっぱいバイオリンひいて欲しいです。

投稿: ごじゃえもん | 2007年9月29日 (土) 09時13分

>ごじゃえもん さん
おひさしぶりです。
私は、パラダイス・ライブが録音された翌年から、上々颱風のライブに行き始めました。
なんといっても、花園神社のライブが強烈な印象でした。
HONZIさんの、踊るように、舞うように、電気ヴァイオリンを弾く姿が、とてもかっこよかったのです。
後藤まさるさんと吉田よしみさんが退団した直後に『9』が出て、ファンの熱気も高まっていましたね。
幻の名曲「心の花」も収録されていましたし。

投稿: やまおじさん | 2007年9月29日 (土) 14時02分

HONZIさんのことを書いた記事を、たくさんの方がご覧くださっているようです。
こんなにアクセスがあるとは思ってもいなかったので、驚いています。

タイトルに「死」というストレートな言葉を使うことにためらいがありましたが、重い事実ですし、生きている私たち全員に深い関わりのある、いってみれば人間の「宿命」ですので、このままにしておきます。

また、当初「本路」さんと記載しましたが、すぐに「本地」さんが正しいと気づき、訂正しました。
検索サイトでは、いまだに訂正前の状態が表示されますが、ご了承ください。

投稿: やまおじさん | 2007年9月29日 (土) 20時58分

土曜日の晩に思いっきり泣いて、もう吹っ切れました。

http://mokkiriya.seesaa.net/article/57534741.html
1ヶ月前の写真

http://www.kurushima-kenji.com/movie.htm
2ヶ月前のライブの動画

投稿: こまっちゃん | 2007年10月 1日 (月) 00時48分

>こまっちゃん
昨夜、コメントを入れたつもりだったのですが、うまく入っていなかったようです。
HONZIさんのことはショックでした。
こまっちゃんにとっても大切な人だったことでしょう。
サイトの紹介、ありがとうございます。

投稿: やまおじさん | 2007年10月 2日 (火) 07時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【楽】月が居たよ | トップページ | 【楽】音楽は虚空に消え »