« 【楽】須藤もんさん 最新ライブ情報 | トップページ | 【雑】キーマカレーに挑戦 »

2007年10月14日 (日)

【楽】スイングしなけりゃ意味がない

友人が何枚かレコードを貸してくれた。
その中のなつかしい一枚。
友人宅で聴きながら、二人で 「これ、いいよね」 と。

Annie_ross『アニー・ロスは歌う
 /アニー・ロス=ジェリー・マリガン』

 1978年 キングレコード  1958年2月/9月 録音
ANNIE ROSS SINGS A SONG WITH MULLIGAN
Annie Ross (vocal) / Gerry Mulligan (baritone) / Chet Baker (trumpet) / Art Farmer (trumpet) / Henry Grimes (bass) / Bill Crow (bass) / Dave Bailey (drums)
アニー・ロスは、有名な 「ランバート、ヘンドリックス&ロス」 の一員。
なかなかいい歌声なのだ。

バックは、ピアノのない2管編成のジェリー・マリガン・カルテット。
(トランペットとベースは、録音日によって2通り)
このバック演奏が、また、ごきげん。
マリガンのバリトン・サックスがいいし、チェエト・ベーカーのトランペットも、いい。

こんな曲目。
アイ・フィール・プリティ / ハウ・アバウト・ユー / あなたの顔に馴れてきた / 夢みる時 / レット・ゼア・ビー・ラヴ / オール・オブ・ユー / 気楽に暮して / ジス・イズ・オールウェイズ / 救ってほしいこの気持 / スイングがなければ意味がない

A面一曲目から、おなじみのナンバー。
「ウェスト・サイド物語」 の I feel pretty だが、アップ・テンポの演奏にぐっと惹きつけられる。
B面の 「救ってほしいこの気持」 (Between the devil and the deep blue sea) という歌が好きだ。
「絶対絶命」 という邦題でも知られるこの歌、Blossom Dearie の歌や、Hampton Hawes のピアノで、よく聴いている。
「スイングしなけりゃ意味がない」 (It don't mean a thing, If it ain't got that swing) は、言わずと知れたデューク・エリントンの名曲。
というわけで、このブログ記事のタイトルにしてみた。

そういえば美形女性シンガーのレコードがあったな、と、思いだして引っぱりだしたのが、この人のLP。
ビヴァリー・ケニー  BEVERLY KENNEY
ジャケット写真を見ているだけで、ドギマギしてしまうほどの別嬪。
彼女の歌も、いいよ。

(左から)
Beverly Kenney Sings With Jimmy Jones and "The BASIE-ITES"
Come Swing With Me (Beverly Kenney and The Ralph Burns Orchestra)
Beverly Kenney Sings For Johnny Smith

Beverly_kenney1Beverly_kenney3Beverly_kenney2

|

« 【楽】須藤もんさん 最新ライブ情報 | トップページ | 【雑】キーマカレーに挑戦 »

【楽】音楽日誌」カテゴリの記事

こんな音楽を聴いた」カテゴリの記事

コメント

やまおじさん、寺島靖国のようになってきましたね。ビヴァリー・ケニーは知りませんでした。

投稿: 玄柊 | 2007年10月14日 (日) 19時33分

>玄柊さん
ビヴァリー・ケニーは、たしか寺島さんの本で知ったのだったと思います。
こういうジャケットは、30cmLPがいいですね。

投稿: やまおじさん | 2007年10月14日 (日) 20時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【楽】須藤もんさん 最新ライブ情報 | トップページ | 【雑】キーマカレーに挑戦 »