« 【雑】野鳥カレンダー | トップページ | 【読】宮部みゆき »

2007年12月22日 (土)

【読】新聞書評欄

朝日新聞をとっているが、私はほとんど読まない。
読む余裕がないというか、毎日がそういう生活なのだ。

連載小説(夢枕獏「宿神」)をほぼ一年間、切り抜いているので、その作業のついでに一週間ぶんの朝刊をざっと見る。
12/16(日)の書評ページに、ついこのあいだ読んだ新書の紹介が載っていた。
asahi.com http://book.asahi.com/review/TKY200712180224.html

Edo_hatamoto深沢秋男 『旗本夫人が見た江戸のたそがれ』
 ― 井関隆子のエスプリ日記 ―  文春新書
評者は野口武彦(文芸評論家)という人。

すこしだけ転載してみよう。
<女性の日記文学は必ずしも平安時代の特産ではない。江戸幕府が改革か衰退かの選択を迫られた天保年間、女ざかりの日々の出来事を日記に綴った旗本の妻がいた。
その名は井関隆子。江戸城で納戸組頭を勤めていた井関親興の後妻である。(中略)膨大な日記は、長らく「桜山文庫」に秘蔵されていたが、(中略)『井関隆子日記』と名付けて世に知られるところとなった。そのサワリを紹介したのが本書である。>

もうひとつ、同じ日の書評ページに、池澤夏樹さんの文庫も紹介されていた。
 池澤夏樹 『やがてヒトに与えられた時が満ちて……』 (角川文庫)。
これは買ってみようかと思う。

<子どもが生まれなくなった人類から、隔離された者たちが移住した衛星上の植民都市では、追憶は禁じられ、誰もが過去を知らず、進歩と啓蒙を捨てた充足のうちに暮らしていた。 (中略)種としての孤独をえがく表題SFに短編を併録。>

Amazon http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4043820011

|

« 【雑】野鳥カレンダー | トップページ | 【読】宮部みゆき »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

こんな本を読んだ」カテゴリの記事

池澤夏樹」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【雑】野鳥カレンダー | トップページ | 【読】宮部みゆき »