« 【遊】たてもの園 正月遊び | トップページ | 【読】庶民日本史辞典 »

2007年12月23日 (日)

【読】こんな本を手に入れた

デパートの帰り、100円パーキングの並びにあるビル内の大型書店で、こんな本をみつけた。
書店の中にある喫茶室でひと休みしたのだが、さすが、書店内の喫茶室。
壁に正月飾りを展示して、即売。
その下のテーブルに、正月飾りに関連する本が何種類かあった。

その中の一冊。
面白そうなので買い求めてみた。

Saijiki_nihon『家庭で楽しむ 歳時記・日本の行事』
 監修 近藤珠實  池田書店 2007.12.28 発行

発行日が先日付だが、出たばかりなのだろう。
この手の本が数種類並んでいたが、表紙のイラストを見て、たぶんこれがいちばんいいだろうと直感。
こういう勘は、けっこうあたる。

イラストが楽しいし、薀蓄をひけらかすようなところがなくて、いい本だと思う(編集者の腕がいいんだろうな、きっと)。
内容は、こんな感じ。

冬至 12月21日頃 【旧暦では11月24日】
 春に向かって日が伸び始める日
一年で最も昼が短く夜が長い日で、二十四節季のひとつ。 昔、中国では冬至が暦の始まる日とされ、厳かな儀式が行われていました。(後略)
民間では、冬を乗り切るために、かぼちゃなどの栄養のあるものを食べたり、柚子湯に入ったりする習わしがあります。 また、れんこんなど「ン」のつく食品を7種類食べると運がつくといった地方もありました。

「ン」のつく食品7種 (絵入り)
幸運になるとされた。 なんきん(かぼちゃ)、れんこん、にんじん、ぎんなん、きんかん、かんてん、うどんなど。

大晦日 12月31日 【旧暦では晦日】
 年神を寝ないで待つ晦日
昔は、毎月三十番目の日を「晦日」「つごもり」といい、年末の晦日は、大をつけて「大晦日」「大つごもり」と呼びました。 つごもりは「月隠(つきごもり)」ともいい、月が見えなくなる日を意味します。 旧暦では一日が日没から始まるので、大晦日の夜が元旦になり、「年取膳」といって、家族皆で正式な食事をしました。(後略)

|

« 【遊】たてもの園 正月遊び | トップページ | 【読】庶民日本史辞典 »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

こんな本を手に入れた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【遊】たてもの園 正月遊び | トップページ | 【読】庶民日本史辞典 »