« 【読】こんな本を手に入れた | トップページ | 【読】小説の読み方 »

2007年12月23日 (日)

【読】庶民日本史辞典

今日、たちよった書店でみつけたもう一冊の本。
この書店は、JR立川駅北口のビルの中にある。

 オリオン書房 http://www.orionshobo.com/

駅ビルにも支店(ルミネ店、こちらの方が古い)があり、立川市に住んでいた時はよく利用していたが、駅から徒歩2、3分のところにある、この「ノルテ店」は、1フロアーながらも売場面積は広く、品揃えも充実している。
民俗関係のコーナーをよく見るのだが、欲しい本がたくさん並んでいる。
(アイヌ関係や、民俗学関係の本だが)

Yagiri_syomin_jiten_2八切止夫 『庶民日本史辞典』 作品社
 2004.12.25 第一刷発行

A5版、箱入り、魅力的な装幀。
八切止夫という人に関心があったので、手にとって、箱から出して開いてみると、目次にはこんな見出しが並んでいた。
ア行 アイヌモシリ アイヌウタリ アクリ 天ノ原 ・・・ 阿呆 哀号奈良 アテルイ蜂起 ・・・

これはもう、買わずにはいられない。
他の書店ではこれまで見かけたことがなかった(見逃していたのかもしれないが)。
この手の本は、見つけたときが買い時なのだ。
ちょっと値が張ったけれど(税別3800円)、いい本に出会った。
本日の収穫。

|

« 【読】こんな本を手に入れた | トップページ | 【読】小説の読み方 »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

こんな本を手に入れた」カテゴリの記事

アイヌ民族・アイヌ語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【読】こんな本を手に入れた | トップページ | 【読】小説の読み方 »