« 【読】新聞書評欄 | トップページ | 【雑】ひだまり »

2007年12月23日 (日)

【読】宮部みゆき

宮部みゆきの小説が好きで、ずいぶん読んだものだ。
現代小説と時代小説、どちらも好きだ。
ここ数年、新刊を読むことをやめてしまったし、ずっと前に読んだものも本を手放してしまったので、手元には一冊もなかった。

宮部みゆきの時代ものが読みたくなったので、まとめて古本屋(BOOK OFF)で買ってきた。
半分ぐらいは、以前、読んでいるはずだが、記憶があいまい。
読んだのは、だいぶん前だから。

Miyabe_miyuki_bunko文庫だけでも、これ以外にまだ出ているはずだ。
「霊験お初捕物控」シリーズは、強く印象に残っている。
(『震える岩』 『天狗風』)
現代ものでは、『火車』 『龍は眠る』 『レベル7』 『理由』 『模倣犯』 など、夢中になって読んだっけ。
二・二六事件を舞台にした 『蒲生邸事件』 も面白かったな。
この人の小説には、人間的な温かみがある。
人の情、というのかな。
そこがいい。

なかなか時間がとれないのだけれど、味わいなおしてみようかな、と思っている。

|

« 【読】新聞書評欄 | トップページ | 【雑】ひだまり »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

こんな本を手に入れた」カテゴリの記事

宮部みゆき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【読】新聞書評欄 | トップページ | 【雑】ひだまり »