« 【遊】美瑛 冬 (6) | トップページ | 【遊】江戸東京たてもの園 正月 (1) »

2008年1月 4日 (金)

【遊】初詣

前から気になっていた、市内の古い神社へ行ってきた。

熊野宮 くまのぐう (一本榎神社)
青梅街道沿いの大きな鳥居を見ていたので、もっと大きな神社かと思っていたら、こぢんまりとして感じのいいお社だった。
露店すら一つもでていなかった。
去年、府中の大国魂神社という、ものすごく混雑する神社を体験していたので、このひっそりとした雰囲気は好ましい。
こんどから、初詣はここにしようと思う。

【参考サイト】
http://www.tokyo-jinjacho.or.jp/syoukai/26_kitatama/26089.html
<往時この一帯は、逃水の里と称され無人の荒野であったが、当地に一本の榎の大樹が聳え立っており、青梅街道を往来する人の良き目印となっていた。当宮は、武蔵野の新田開発に伴い、宝永元年(1704年)にその榎の大樹のもとに遷祀された。 >
http://www.all-tama.co.jp/area/shrine/j_kumano.htm
<熊野宮の由来である一本榎は、「武蔵野乃一本榎」と呼ばれ,往来する旅人の目印として親しまれてきました。熊野宮は、一本榎の大樹の下に、小川新田の開発も進み村の形態が整ってきた宝永元年(1704)、武蔵国多摩郡殿谷村(現西多摩郡瑞穂町)の阿豆佐美天神社の摂社として、同郡岸村(現武蔵村山市)に鎮座されていた熊野宮を、永くこの地に居を構えていた神明宮の神主宮崎主馬が、鎮守の社として祭ったものである。>

【2008.1.5追記】
去年、大国魂神社へ行ったのは元日だった。
熊野宮も、三が日は人出も多いことだろう。
友人からコメントがあったように、露店も出ているし、参詣の行列もできるようだ。
やはり、4日あたりに行くのがよさそうだ。
(正月三が日に行くのが初詣なのかもしれないが、いいのだ)

080104002708010400010801040002080104000308010400040801040014080104001908010400100801040011

|

« 【遊】美瑛 冬 (6) | トップページ | 【遊】江戸東京たてもの園 正月 (1) »

【遊】おでかけ日誌」カテゴリの記事

四季 冬」カテゴリの記事

コメント

おめでとう
熊野宮は元日に行くと数十分は待たされます
露店もたくさん出てますよ
この元旦 わたしと良太は近場の鈴木稲荷で初詣をすませました ここですら露店が二 三ですが ちょっとびっくり でも待つことはなかった
正月早々水をさしてごめんなさい 今年もよろしく

投稿: uji-t父 | 2008年1月 5日 (土) 06時08分

>uji-t父 さん
いつも私の間違い・はやとちりを指摘してくださってありがとう。
4日だということが、すっかり頭から抜け落ちていました。
鈴木稲荷へは、今年も13日のもちつき大会に行くつもりです。
やはり、元日にはどこも露店が出るのでしょうね。

投稿: やまおじさん | 2008年1月 5日 (土) 07時39分

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします♪
ブログ楽しみにしていますね♪

投稿: みゆう | 2008年1月 5日 (土) 23時04分

>みゆうさん
いつもご覧いただき、ありがとうございます。
年があらたまって、なんとなく気分も変わったような気がしますが、今年も同じようなことを書いていくことでしょう。
よろしければおつきあいください。

投稿: やまおじさん | 2008年1月 6日 (日) 09時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【遊】初詣:

« 【遊】美瑛 冬 (6) | トップページ | 【遊】江戸東京たてもの園 正月 (1) »