« 【読】船戸与一『満州国演義 3』 | トップページ | 【楽】東京打撃団 »

2008年1月24日 (木)

【歩】凍える月

雪国は猛吹雪でたいへんだったようだが、今日は、東京もつめたい風が吹いて寒かった。
芯から冷える感じで、こんな日は年に一度あるかないか、と思ったほど。
今日に限って帰りが遅く、晴れわたった夜空にかかる月を見ながら、とぼとぼ帰宅。

今読んでいる小説(満州国演義)の舞台、真冬の中国東北部はもっと寒々しいが・・・。

200801242127

|

« 【読】船戸与一『満州国演義 3』 | トップページ | 【楽】東京打撃団 »

四季 冬」カテゴリの記事

小平界隈」カテゴリの記事

【歩】散歩日誌」カテゴリの記事

コメント

寒そうな月ですね。今がピークでしょう。

投稿: 玄柊 | 2008年1月25日 (金) 08時25分

>玄柊さん
今日も寒かったですよ。
今が一年でいちばん寒い時期かもしれません。
北海道も雪でたいへんですね。

投稿: やまおじさん | 2008年1月25日 (金) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【歩】凍える月:

« 【読】船戸与一『満州国演義 3』 | トップページ | 【楽】東京打撃団 »