« 【読】岩波新書「シリーズ日本近現代史」 | トップページ | 【楽】【遊】春はもうすぐ… »

2008年2月16日 (土)

【遊】ひさしぶりに小菅の湯へ

0802160009
















もう、ずいぶん長いことごぶさたしていた、小菅の湯(山梨県北都留郡小菅村)へ。
自宅から片道70kmほど。
国道411号線(青梅街道)を西へ。
青梅、奥多摩を通り、139号線を大月方面へ向かった山の中腹にある。

途中、青梅街道沿いにある、小澤酒造「澤乃井園」に寄る。

澤乃井 Web http://www.sawanoi-sake.com/

多摩川の左岸、青梅街道の下に、ちょっとした庭園がある。
酒蔵見学の入口もここにあり、青梅街道下の地下道をくぐって小澤酒造の酒蔵に入ることができる。

0802160012_30802160004_60802160005_50802160001080216001008021600110802160013しばらく行っていなかったあいだに、様子がかわっていた。
「ままごと屋」 という食事処の他に、「豆らく」 という豆腐料理の店ができていた。
今日は小菅の湯で昼食をとる予定だったので入らなかったが、1500円ぐらいの懐石風豆腐料理があるようで、いつか入ってみようと思う。
(澤乃井 Webにメニューが載っている)
一本だけ花を咲かせた梅の樹があった。


小菅の湯も、ほんとうにひさしぶりだ。
山奥なので、あちこちに雪が残っていた。
途中の奥多摩湖(小河内ダム)あたりも、雪があった。

小菅の湯の館内には、雛人形が。
もうすぐ雛祭りだなぁ。

小菅の湯 http://www.vill.kosuge.yamanashi.jp/kosugenoyu/

080216001608021600260802160018080216001908021600310802160034

|

« 【読】岩波新書「シリーズ日本近現代史」 | トップページ | 【楽】【遊】春はもうすぐ… »

【遊】おでかけ日誌」カテゴリの記事

青梅・奥多摩・五日市」カテゴリの記事

四季 冬」カテゴリの記事

ちょっと遠くへ」カテゴリの記事

日帰り温泉」カテゴリの記事

コメント

模様替えなさったのですね。

こちらもそろそろ梅が咲き始めました。
私が見たのは、白梅ばかりです。
梅の香り、ゆかしさに心ひかれますね。

投稿: モネ | 2008年2月17日 (日) 13時16分

>モネさん
春も近いので、デザイン(テンプレート)を変えて気分一新してみました。

白梅は、お茶の水駅ホームから、お堀の向こうに咲いているのを、毎日見ます。
あちこちの梅林では、そろそろ開き始めていることでしょう。
ロウバイなら、もう盛りでしょうね。
私はあのロウバイがあまり好きではありませんが。

ようやく、花開く季節になりましたね。

投稿: やまおじさん | 2008年2月17日 (日) 16時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【遊】ひさしぶりに小菅の湯へ:

« 【読】岩波新書「シリーズ日本近現代史」 | トップページ | 【楽】【遊】春はもうすぐ… »