« 【遊】桜並木 | トップページ | 【歩】月と桜 »

2008年3月31日 (月)

【遊】モクレン

長いあいだ思いちがいをしていたことに、つい先日気づいた。

モクレンとハクモクレン。
白色のハクモクレンのことを 「モクレン」 だと思っていたが、紫色のシモクレン(紫木蓮)の正式名がモクレン、白いのは「ハクモクレン」なのだった。

過去、このブログでもウソを書いていたかもしれない。


まあ、どちらも木蓮の仲間ではあるが。
ハクモクレンは 「ハクレン」、「ビャクレン」 と呼ばれることもある。

ハクモクレンはそろそろ散りはじめて、紫色のモクレン(シモクレン)が目だつようになった。
土曜日、ハクモクレンとシモクレンのあいのこのような、薄い紫色のものを見かけた。

図鑑で調べてみると、マグノリア・スーランジアナという、モクレンとハクモクレンの交雑によってできた園芸品種だという。
日本で、サラサモクレン、ニシキモクレンと呼ばれるものもこのグループに入る――とあった。
(『山渓ポケット図鑑1 春の花』 山と渓谷社)


以下、豆知識。
(『図説 花と樹の事典』 柏書房 より)

<モクレンの渡来は古く、10世紀の『和名類聚抄』に記載が見られる。 ハクモクレンは江戸時代、貝原益軒の『花譜』に記載があり、玉蘭をハクモクレンと読ませている。
ハクモクレンは1789年にイギリスに、19世紀にはフランスに渡り、在来品種と交配されて数多くの園芸品種が生まれた。
マグノリアは欧米でも人気の高い花木で、アメリカ合衆国ではルイジアナ、ミシシッピ両州の州花となっている。>


写真は、3/25(火)、錦糸町駅前で。

0803250023

|

« 【遊】桜並木 | トップページ | 【歩】月と桜 »

【遊】おでかけ日誌」カテゴリの記事

四季 春」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【遊】モクレン:

« 【遊】桜並木 | トップページ | 【歩】月と桜 »