« 【読】トンコリ | トップページ | 【楽】今年も春が・・・ »

2008年3月19日 (水)

【歩】錦糸町「山田家」の人形焼

すこし前、このブログに書いた、錦糸町にある人形焼のお店。
「山田家」

【読】宮部みゆき 再読 (2) 
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/2_8577.html

そこで、人形焼を買ってきた。
じつは、以前に一度だけ買ったことがあったのだが、それは人にあげるためだった。
だから、じぶんたちが食べるために買ったのは、これが初めてだ。

Yamadaya_ningyouyaki1Yamadaya_ningyouyaki2Yamadaya_ningyouyaki3Yamadaya_ningyouyaki4








ご覧のように、パッケージがしゃれているのだ。
この店の紙箱や包装紙にも、同じ絵が描かれている。

Yamadaya_ningyouyaki5本所七不思議  置いてけ堀

 太公望が帰ろうとすると
 オイテケ オイテケと呼ぶ
 その途中で 魚(うお)が
 必ずなくなってしまう

「置いてけ堀」は、今、この店があるあたりだったという。
宮部みゆきさんの連作時代小説集 『本所深川ふしぎ草紙』 の中にも、「置いてけ堀」 という短編がある。
小説では、釣人に 「おいてけ」 という生き物の正体が、じつは・・・という面白さがあった。

この小説の書き出しは、こうだ。

「どうやらあれは崖涯(がんぎ)小僧のしわざらしい」
ざわざわとしたなかに、ひときわ大きな声が耳をついて、おしずは振り向いた。
両国橋の東づめにある麦飯屋の昼どきである。・・・

じつにみごとな書き出しだと思う。
にくい、と思う。
さすが、である。

ちなみに、宮部みゆきさんもファンだという、「山田家」さんの人形焼は、とても美味しい。

今日、私が買ったのは、餡入り8個(たぬき)と餡なし6個(もみじ)を詰め合わせたもの。
手提げ箱入りで、840円(税込)。
同じ値段で、餡入りばかり10個入りも選べる。
その場で袋に詰めてくれた。
たぬきの形の餡入りタイプは、こし餡がたっぷり入っている。

人気の店らしく、夜の7時半過ぎだというのに(そろそろ閉店の雰囲気だった)、私の他にも二人、お客があった。
江戸東京博物館にも入っていることを、パッケージを見てはじめて知った。
くせになりそうな人形焼だ。


人形焼・瓦煎餅 山田家
 http://yamada8.com/
  ※リンク先変更(2010/4/30)


江戸東京博物館
 http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/


Miyabe_fukagawa_2











【2008.3.20追記】
きのう買ってきた人形焼の形をよく見たら、じつはこうなっていたので、訂正。
山田家さんのサイトにも写真が載っている。
狸(あん入り)、三笠山(あん入り)、太鼓(あん入り)、紅葉(あんなし)、の四種類。
狸が大きくて、餡の量も多い。

|

« 【読】トンコリ | トップページ | 【楽】今年も春が・・・ »

【歩】散歩日誌」カテゴリの記事

【読】読書日誌」カテゴリの記事

宮部みゆき」カテゴリの記事

江戸東京博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/40560466

この記事へのトラックバック一覧です: 【歩】錦糸町「山田家」の人形焼:

« 【読】トンコリ | トップページ | 【楽】今年も春が・・・ »