« 【歩】錦糸町の人形焼「山田家」(続) | トップページ | 【歩】早咲きのさくら »

2008年3月21日 (金)

【読】これはいい本だ

Yokoyama_takao_shosuminzoku_2今日から読みはじめた、この本が、とてもいい。

横山孝雄 『少数民族の旅へ』 新潮社 1984.8.25

文字通り、世界の少数民族を訪ねる旅。
といっても、まなじり決して少数民族を擁護するような態度ではなく、自然体であるところがいい。
文章が自然で、じつに上手い。
文は人なり、と言うが、こういう文章を書く人は信用できる、と、私は思う。

知里むつみさんと結婚したいきさつも、書かれている。
(「ヌプルペツ アイヌ女性との結婚私記」 本書 P.124)

知里むつみさんは、知里幸恵・真志保姉弟にはさまれた、知里高央(ちり・たかなか)さんの娘さん。
つまり、知里幸恵さんの姪御さんにあたる。

こういういい本が、すでに絶版で、新刊では手に入らなくなっている。
(ネット検索したら中古ではたくさん出ていたので、注文したが)

日本の出版界は、ちょっとおかしい。



― 『少数民族の旅へ』 「アンデス」 P.25- から ―

 峠を越えた列車が、ゆっくりとアンデス高原へ降り始めると、乗客も生気を取り戻してくる。 その頃になると相席の幼女も私の髭面に馴れたようなので、小さなプレゼントを渡した。 五円玉と五十円玉に紅白の紐を通して小鈴を付けたものだ。 女の子は目を丸くしてしばし鈴の鳴る手もとをじっと見つめたが、気おくれしてか手を出せないでいる。 かわりにお爺さんが受け取ってくれた。 お爺さんとお婆さんが得意そうにその事を周囲に告げると、どっとみんなが集まってきた。 長旅に退屈しきっていた人たちだったが、それまでは私にはまるで関心のないような素振りだった。 本当は、好奇心をインディオ独特の無表情さの下に隠していたようである。
 (中略)
 人の善いインディオたちに会って、すっかり嬉しくなった。 それまで私が接していたのは外人に対して悪ズレのしたタクシー運転手とか土産売りばかりだったから、土地の人を見るとつい身構えていたことを、この人たちが反省させてくれた。 (後略)

 

|

« 【歩】錦糸町の人形焼「山田家」(続) | トップページ | 【歩】早咲きのさくら »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

こんな本を読んだ」カテゴリの記事

アイヌ民族・アイヌ語」カテゴリの記事

知里幸恵・真志保」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/40588858

この記事へのトラックバック一覧です: 【読】これはいい本だ:

« 【歩】錦糸町の人形焼「山田家」(続) | トップページ | 【歩】早咲きのさくら »