« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月の48件の記事

2008年4月29日 (火)

【読】一枝さんの写真集 ルンタ

ちょっと値がはるので、図書館から借りてきた。

Watanabe_ichie_lunta渡辺一枝 (わたなべ・いちえ) 著
 『風の馬 [ルンタ]』 本の雑誌社
 2008.2.20 3000円(税別) (渡辺葉 英訳)

本格的な、モノクロームのチベットの写真集。
人物写真が多い。
この人は人間が好きなんだな、と思わせる、あたたかい写真ばかり。

こういう写真集をみると、写真は技術ではなく、こころで撮るものなんだと痛感する。

(以下、本書巻末より)

<子どもの頃の渾名は、「チベット」だった。 どんな所でどんな人が住むのかのどまるで知らないのに、「チベットに行きたい」と、口ぐせのように言う子どもだった。 いつ、誰に聞いたかも覚えていないが、いつかの日に聞いた「チベット」という響きが、心に根づいてのことだった。
 少し時が経って中学生の時、新聞でチベットの記事を読んだ。 川喜田二郎さんたち研究者のグループがヒマラヤ山中に入り、チベットの植生や人々の暮しぶりについて調査した報告だった。 その記事にあった死者の葬送法に、深く打たれた。
 私は、父を知らない。 生後六ヵ月の私を残して父は戦場に行き、その一ヵ月後に戦争は終った。 それきり父は帰らなかった。
 葬列の中で、子どもは私だけ。 白い布に包まれた箱を抱く母の後に就いて、祖母に手を引かれて歩いたのは四歳の時だ。 "満州"から引き揚げてからの母が、生死不明の父の消息を尋ね尋ねてようやく得た情報は、「湿地帯で沈み、死んだと思われる」の言葉だった。 (後略)>

この後、チベットの人々に寄せる一枝さんの思いが書き連ねられ、最後に、こうしめくくられている。

<そこに生きてきた人たちの自由と尊厳を奪う大国の覇権主義に、私は心の底から怒りを覚える。 そしてその同じ心で、祈る。 願わくば、人の叡智が欲に勝りますように。 チベットが、どうか失われずに残りますように。>


中国政府の支配下にあって、チベットは、いま、大きく変わりつつあるようだ。
次のような記述を読むと、心が痛む。

<大がかりな計画は、順次着工されていった。 採石のために山々は切り崩され、鉱物採取のために幾本もの道が作られ、湖水の水は吸い上げられた。 (中略) 工事関係者たちが仮住まいした周辺は、土に還ることのないプラスチック製のゴミが大量に捨てられ、赤や青、白のビニール袋、発泡スチロールが散って、"花畑"のようになった。 (後略)>

いま、チベットが大きく注目を浴びているが、一時的なブームで終わってほしくない、と思う。


タイトルになっている 「風の馬(ルンタ)」 とはなにか。
チベットの家々の屋上や、庭、牧民のテント、峠や湖畔、川縁などに、経文を印刷した旗(タルチョ)が飾られるが、経文の他に馬の絵が印刷されたものを、「ルンタ(風の馬」 といい、ルンタは小さな四角い紙に印刷されたものもあるという。
チベットの人々は、峠越えや聖地巡礼、正月や祭りの時に、この紙のルンタを空に撒きながら祈るそうだ。

<「神々に勝利あれ」と、天駈ける風の馬に、祈りの心を乗せるのです。>

<風が、チベットの人たちの願いを運びますようにと、私も祈ります。 チベットに通い、通うほどになお魅かれてきた私です。 国は消されても、そこには豊かな自然があり、自然と共に生きる人々の暮しには、古くから受け継がれてきた智恵がありました。 けれどもここ数年のチベットの変化はすさまじく、自然も、人々の生活も大きく変ってきています。 私の見てきた光景も、やがて失われてゆくのだろうかと危惧しています。 チベットの人たちの悲願が届くまで、どうか失われずに残りますようにと、私は祈ります。>  (本書巻頭より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【楽】きょうだい心中

これも思いだしたので、書いておこう。
山崎ハコさんが歌う 「きょうだい心中」 という歌にまつわる話だ。

「はっぽん」のライブでも、この歌の生い立ちを、ハコさんが話していた。

ハコさんが歌った 「きょうだい心中」 は、神代辰巳監督の映画 「地獄」 (1979年、東映)の挿入歌。
神代監督が、カセットでハコさんの歌を聞き、「こんどの映画の主題歌はこの子に作らせる」と、指名してできたのが 「心だけ愛して」 という、もう一曲の挿入歌だったということだ。
(アルバム 『人間まがい』 1979年発売 に収録)


ところで、とつぜんだが、こんな本がある。

Kumagusu_jiten『南方熊楠を知る事典』
 講談社現代新書 1993.4.20 (絶版)

南方 熊楠(みなかた くまぐす)
1867年5月18日(慶応3年4月15日) - 1941年(昭和16年)12月29日)
日本の博物学者、生物学者(とくに菌類学)、民俗学者。
菌類学者としては動物の特徴と植物の特徴を併せ持つ粘菌の研究で知られている。
主著『十二支考』『南方随筆』など。
投稿論文や書簡が主な執筆対象であったため、平凡社編集による全集が刊行された。「歩くエンサイクロペディア(百科事典)」と呼ばれ、彼の言動や性格が奇抜で人並み外れたものであるため、後世に数々の逸話を残している。
(出典:Wikipedia)

この「知る事典」は、なかなか面白い本だが、 「きょうだい心中」 という昔から歌われている歌のことが書かれている。

「南方熊楠主要著作解題――月下氷人」 (本書P.532~、西川照子)

<今も熊野等の碇泊地で船頭や船饅頭が唄う、「所は京都の堺の町で、哀れ悲しや兄妹(おととい)心中、兄は二十一、その名は軍平、妹は十八、その名はお清、兄の軍平が妹に×て、それが病の基(もとい)となりて、ある日お清が軍平眼元にもしもし兄上御病気は如何、医者を迎うか薬を取ろうか、医者も薬も介抱も入らぬ、一夜頼みよ、これお清さん、これこれ兄様何言わさんす、人が聞いたら畜生と謂わん、親が聞いたら殺すと言わん、私に一人の夫がごんす、歳は二十一、虚無僧でござる、虚無僧殺して下されますりゃ、一夜二夜でも三八夜でも、妻となります、これ兄上よ。(後略)>

これは、南方熊楠が、1913年に宮武外骨の主宰する 『月刊不二』 三号に載せた文章の一部を、西川照子が引用している部分である。
南方熊楠は、一般に卑猥、淫猥と言われていることにもこだわりを持たない、自由闊達な人だった。
("お硬い"柳田国男とは、そこがちがう)

<「月下氷人」を熊楠は「むすぶのかみ」と読む。 サブタイトルは「系図紛乱の話」。 近親相姦の古話によって論は進むが、熊楠はここでまず神々の物語を語る。 (以下、略)>

面白いのは、筆者の西川照子さんがこの文章のなかで、山崎ハコの名前をあげているのことだ。
以下、長くなるが、その部分を転載する。

<この「兄妹心中」、京の伝承では、「堺の町」(堺町?)は「西陣町」、兄の名は「モンテン」、妹「オキヨ」の年が十九、妹の男の年も十九、とある。 多少の異同はあるものの京の流行歌(はやりうた)がどうして、熊野の船頭や遊女に歌われたのか。 おそらく、「兄妹心中伝承」 は全国にあったが、都である京のものが、改めて全国へ流布したのであろう。 それにしてもこの話、あまりにも哀れである。 これが「淫行」であろうか。 遊女が海に向かって歌ったというところが、熊楠も語るように哀しい。
 姉と弟、兄と妹――神々の世界なら許されるこの恋愛が、人間世界ではなぜいけないのか。 この 「きょうだい恋愛」 は現在でも生きている。 内藤やす子の流行歌 『弟よ』(橋本淳作詞) は 「弟よ、弟よ」 と呼びかけ、「悪くなるのは もうやめて あなたを捨てたわけじゃない」 とキワドイ科白をいう (ちなみに 『きょうだい心中』 も山崎ハコによって歌われた)。> (本書 P.535~)

この西川さんという人も、面白い人である。
(西川照子 神奈川県生まれ。出版・編集企画制作集団「エディシオン・アルシーヴ」主宰。 岡見正雄に中世学を、梅原猛に哲学を師事。 専攻は民俗学。 著書に『神々の赤い花――人 植物 民俗』―平凡社、論文に「南方熊楠を見立てる」など)


Hako_dear_my_songs_2山崎ハコ
 『ベストコレクション Dear My Songs』
  2001年9月 PONY CANYON 2枚組
  DMCA 40124

このベストアルバムは、山崎ハコ初監修(選曲、曲順、解説)によるもので、過去のアルバムからまんべんなく選曲されている。
上の二曲もはいっている。

このアルバムが出来るという事が、嬉しくてたまりません。 歌は私が作った大切な宝物です。 これは最強のベストアルバムです。 ―― 山崎ハコ
 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

【楽】阿久悠さんのトリビュート・アルバム

山崎ハコさんの公式サイトの掲示板で知った。

BARKSニュース
  阿久悠:阿久悠、初のトリビュート・アルバムに豪華アーティスト参加
 http://www.barks.jp/news/?id=1000039665

昨年亡くなった阿久悠さんのトリビュート・アルバムが、この夏、発売されるそうだ。
山崎ハコさんも参加。

「はっぽん」 ライブでハコさん自身も語っていたが、ハコさんがカバーするのは、北原ミレイが歌った有名な 「ざんげの値打ちもない」 ということだ。

元ちとせ、杏里、工藤静香、森山直太郎などの名前も見える。
今からちょっと楽しみなアルバムだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【楽】山崎ハコさんのこと(続)

いい機会だから、もう少し山崎ハコさんのことを書いておこう。
少しずつ、二十数年前の記憶もよみがえってきた。

はじめてハコさんのLPを買って聴いたのは、たぶん1976年の暮れから1977年にかけての頃だろう。
というのも、ハコさんのファースト・アルバム 「飛・び・ま・す」 は、エレックレコードから1975年10月に発売されているが、私が買ったのは、翌年発売の PONY CANYON 盤だから。

当時住んでいた杉並のアパートで、このアルバムの広告を読んだときのことは、今でも憶えている。
人間、みょうなことを憶えているものだ。

はじめて行ったコンサートは、たぶん、1981年5月11日(月) 新宿厚生年金会館だと思う。
昨日掲載したチケット半券のうち、「年不明」 となっていたコンサートだ。
チケットが二枚あるのは、当時結婚したばかりのカミさんといっしょに行ったからだ。

郵便貯金ホール(9月14日)と、厚生年金(4月22日)の方は、年不明だ。
曜日から調べれば、わかりそうなのだが、そこまではめんどうなので調べていない。

その頃、ハコさんが所属していた事務所のファンクラブの会員になっていた。
会員証が、まだ手元にのこっている。
物持ちがいいのだ。
昭和57年(1982)12月24日迄という期限が書いてあるから、1981年に入会していたのだろう。

このファンクラブからたくさん送られてきた、たくさんのDMはがきも、たいせつにとってある。

Hako_sound_mate_21985年、忘れられないライブがあった。
真夏の暑い日(7月14日)、渋谷駅前にあった 「LIVE-INN」 というライブハウスでのチャリティー・ライブだ。
「アフリカ飢餓救済コンサート」 と銘打って、ハコさんの他に、石黒ケイ、長谷川きよし、野本直美、彩恵津子という面々が出演した。
ゲストに、ハーモニカ奏者の八木のぶおさんも出ていた。
八木さんのハーモニカ伴奏で、「ヨコハマ ホンキートンク ブルース」 を歌ってくれた。
「素敵なハーモニカ吹きの男は・・・八木のぶおさん、でした」 と、ハコさんが紹介したセリフまで、はっきりと憶えているのは、小さなラジカセを持っていって、録音したからだ。
(入場の際に録音機器のチェックはしていなかったし、録音禁止というアナウンスもなかったと思う。 ライブハウスでは、吉祥寺曼荼羅でも、ハコさんの目の前で録音させてもらったこともある)

長谷川きよしさんも、すばらしかった。
出演者全員で、「黒の舟歌」 を歌った。
ぶっつけ本番だったらしく、歌は揃わなかったが、ライブならではの得がたい体験だった。

野本直美さんのことは、この時は知らなかったが、今思うと、この時に出会っていたのだ。
背が高く、歌いっぷりもよく、印象に残る人だった。
(その後、野本さんの熱心なファンの方と出会って、音源もいただき、聴くようになった)

彩恵津子さんの印象は、あまり残っていない。
いまだにどういう人か、よく知らない。

石黒ケイさんのことは、よく知っていた。
ハコさんと同じ事務所ということもあって、ハコさんとのジョイントコンサートで聴いていたし、アルバムも買っていた。
彼女のアルバムの中では、五木寛之さんがプロデュースした 「アドリブ」 が最高傑作だと思う。

熱気のあるライブだった。
真夏のこととて、実際に店の中も暑かったが。


ハコさんの情報が詳しく掲載されているサイトで、少し調べさせてもらった。
 Hako Yamasaki -  World Wide Web Home Page
  http://www.st.rim.or.jp/~tokunou/hako2.html


国立 「はっぽん」 では、1998年12月3日にライブをしている。
今から10年前、ハコさんが苦しかった時期だ。
一昨日のライブでも、その時のことを詳しく語っていた。

「はっぽん」 とは、俳優の山谷初男さんのニックネーム。
山谷さんがオーナーのライブハウスだ。

 はっぽんコンサート
  http://www.kenta90.com/yamaya.html

10年前、「国立ってどこにあるの?」 というほど、まるで知らないライブハウスに出演要請があったという。
その時、はっぽんさんがいっしょに歌ってくれたのが、「きょうだい心中」「心だけ愛して」 だったという。
思いでの歌を、また歌ってくれたのだ。

阿佐ヶ谷にある 「あるぽらん」 という店でも、ハコさんは1999年1月31日にライブをしている。
この時期、私はハコさんのライブから遠ざかっていたので、まったく知らなかったが、行ってみたかったと今になって思う。
「あるぽらん」 は、私の友人で歌をうたっている 須藤もんさんがライブをしたときに、はじめて入った。
木造二階建ての年季のはいった建物の二階にある。
「足踏み禁止」 という貼紙があるほど、あやうい建物だ。
(お客さんが、演奏にのって足踏みすると、床が抜ける恐れがあるので・・・というのが、お店の説明)

この店には、1999年のハコさんのライブのポスターが、今も貼ってあった。
写真を撮っておけばよかったな。
こういう店で、ハコさんの歌をまた聴いてみたい。

 あるぽらん
  http://homepage3.nifty.com/aruporan/

 ※ この「あるぽらん」のサイトに、ハコさんのライブのポスターも掲載されている。
  アルバム 「メンフィスまで」 のジャケット写真が使われているポスターだ。

Aruporan

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月28日 (月)

【楽】山崎ハコさんのこと

手元にコンサートの半券が何枚もある。
年代が不明のものもあるが、二枚そろっているのは、家人といっしょに行ったのだろう。

Hako_ticket1Hako_ticket2Hako_ticket3 











※ 2008/5/2 追記(年判明分)

1976年? 9月14日(火) 郵便貯金ホール 山崎ハコ・コンサート
1981年5月11日(月) 厚生年金会館 山崎ハコ コンサート
1981年11月16日(月) 新宿厚生年金会館 1981・秋 山崎ハコ
1982年6月22日(火) 音楽堂 山崎ハコ コンサート '82 幻想旅行II
1982年10月6日 新宿 LOFT
1982年12月17日 新宿 LOFT
1983年4月22日(金) 厚生年金会館 河島英吾VS山崎ハコ
1983年9月17日 新宿 LOFT
1985年2月16日(土) 神奈川県民ホール 山崎ハコ コンサート ゲスト=石黒ケイ
1985年7月14日 渋谷 LIVE-INN
1985年12月5日 FM東京ホール 10周年記念特別公演 時は流れて
1986年9月8日 FM東京ホール ライブ レコーディング コンサート
1986年9月9日 FM東京ホール ライブ レコーディング コンサート
1988年6月7日 関内ホール 横浜在住留学生援助基金チャリティー
1991年11月23日(土) 神奈川県立県民小ホール 流行歌を口ずさんで
1991年12月11日(水) 草月ホール 流行歌を口ずさんで
1992年6月1日(月) シアター・アプル メンフィスまで

もっとたくさん通ったと思っていたが、あんがい少ない。
それでも、この時期(1980年代)は、新しいアルバムが出るたびに買っていた。


はじめて 「山崎ハコ」 というシンガーを知ったのは、1975年かその翌年あたりだと思う。
デビュー・アルバム 「飛・び・ま・す」 の広告を、レコード店が出している小冊子かなにかで見たのだった。
レコードを買って聴いたが、当時、それほど強いショックは受けなかった。
ただ、ハイティーンとは思えない独自の歌の世界は、私をとりこにしたのだろう。
次々と発売されるアルバムを、ほぼリアルタイムで買っていた。

 → 晴れときどき曇りのち温泉 「資料蔵(山崎ハコ ディスコグラフィー)」
   http://yamaoji.hp.infoseek.co.jp/k_hako_disc.html


いつからか、コンサートから私の足が遠のいていた。
ハコさん自身も、所属事務所の問題などがあって、演奏活動がままならない時期だったかもしれない。

レコードやCDは、聴き続けていた。
私がいちばん好きなのは、1980年代はじめの、「歩いて」「茜」「幻想旅行」「幻想旅行II」 あたりのアルバムだ。
ことに、「幻想旅行」の2枚のLPは、いまでも、この人の最高傑作だと思っている。

 → 晴れときどき曇りのち温泉 「この一枚この一曲 山崎ハコ 幻想旅行 幻想旅行II 」
   http://yamaoji.hp.infoseek.co.jp/m_hako_gensou.html



その後、1999年暮れ、メーリングリストに参加したりして、少しずつ、ハコ・ファンの道へ戻っていった。


昨夜の、国立 「はっぽん」 でのライブは、私にとって2004年11月いらい。
もう4年近くもごぶさたしていたのだ。

ハコさんは、やはり小さなライブハウスで聴くのがいちばんだと思う。
新宿のLOFTや、吉祥寺の曼荼羅でのライブが、私には強烈な印象として残っている。
ホールでのコンサートの記憶は、不思議なほど少ない。
大きなホールでは、聴くほうも緊張しきっていたように思う。

きのうのライブでも言っていたが、ホールでは全力をふりしぼって歌っていたから、曲のあいまでは息が切れて喋ることもできなかった。
それに、極度に緊張していて震えている姿を見るのは、こちらもつらかった。

ここ数年、ライブハウスで見るハコさんは、だんだん力強くなっていく。
もう、息が切れて、緊張して、喋れないということはない。
ごく自然に、故郷のこと、子どものときのこと、おばあちゃんのこと・・・など、たくさん話してくれるようになった。
それが嬉しい。

もっともっと、年齢を重ねても、歌い続けてほしいと思う。
この人の歌には、人を力づけるものがあるから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月27日 (日)

【楽】ハコさんのライブ(国立はっぽん)

いいライブだった。
山崎ハコさんのライブ (国立 「はっぽん」)。

何年ぶりだろう、彼女のライブを聴くのは。
CDやレコードは同じ音源を繰りかえし聴く行為だが、ライブはそのたびごと、一回きりの演奏だから、印象がまったくちがう。

安田裕美さんのギター伴奏で、2時間。
安田さんのアレンジ、ギター伴奏を得て、厚みのある演奏ばかりだった。

今夜のライブは、半分くらいは「語り」で、それも素直な感じの話しぶりで、よかったな。
こんなに自然体で喋ることができるようになったんだ、と、うれしくなる。

アンコールも含めて、14曲。
新曲の他に、めったに聴けない曲目もあって、それもうれしかった。
なかでも 「心だけ愛して」 には、震えてしまった。

まったく緊張することなく、いつもは喋らないこともフランクに語っていたように思う。
「はっぽん」 というライブハウス(山谷初男さんのお店)の雰囲気もあったのだろう。
話の流れがとてもスムースだった。

たくさん喋ってくれた内容も書きたいけれど、今夜はもう遅いので、いずれまた。
私はめったにやらないことなのだが、曲目(セットリスト)をメモしてきたので、書いておこう。
こうしておくと、ライブの流れが思い出しやすい。

1. 望郷
2. 織江の歌
3. 白い花
4. 水車の都
5. てっせん子守唄
6. きょうだい心中
7. 心だけ愛して
8. ヨコハマホンキートンクブルース
9. ヨコハマ
10. SODASUI
11. BEETLE
12. 気分を変えて
13. 飛びます
アンコール 会えない時でも

「SODASUI」「BEETLE」が新曲で、シングルCDを開演前に購入。
ライブ後、サインをいただいた。
ちょっとだけ、お話できたのもうれしかった。

ライブの中で、ハコさんが話していたことでもあるが、昔はホールのコンサートばかりで、ステージではほとんど喋ることがなかった。
当時は、ご本人も緊張していたが、聴衆の私たちも、客席で緊張して聴いていたのだ。

「その頃、客席で緊張しながら聴いていたひとりです。レコードも全部持っています・・・」

30年来のファン、ということになるのかあ・・・。
最近のハコさんは、とてもいい。
がんばってほしい。
これからも応援していこう。
そんな気持になる、とても感動的なライブだった。

山崎ハコ 「BEETLE」 (c/w SODASUI)
  映画 「東京ソーダ水」 挿入歌
COLUMBIA MUSIC ENTERTAINMENT, INC.
2008.2.20 発売 1200円(税込)


この先、ライブツアーが次々と予定されているので、多くの人に、ぜひライブで聴いていただきたい、と願う。

Hako_beetle_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月26日 (土)

【歩】木香薔薇

漢字で書くとふしぎな印象だが、モッコウバラ。
いま、あちこちで咲いている。

つる性。 中国原産。
花は八重咲きで直径2cmほど。
花が淡黄色のキモッコウと、白色のシロモッコウがあり、シロモッコウには香りがある。
日本には江戸時代中期に入り、19世紀に欧米へ紹介された。
(山と渓谷社 「山渓ポケット図鑑 春の花」)

08042600020804260003 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【読】古本の収穫

絶版になっていてネットの古書販売でもいい値段がついている本を、大型古書店で発見。
ちょっとした収穫。
しかも、安い。
こういうことは嬉しい。

Fujimoto_kindaichi藤本英夫 著 『金田一京助』
 新潮選書 1991.8.20

だいぶん前だが、図書館から借りて読んだことがある。
コンビにでところどころコピーまでした本。

金田一京助をとりまく、柳田國男、石川啄木、金成マツ(知里幸恵の叔母にあたる)や知里幸恵・真志保 姉弟らとの人間くさい関係がていねいに描かれている。

知里姉弟については、『銀のしずく降る降る』、『知里真志保の生涯』の二冊が、同じ新潮選書から出版された。
後に、前者は『銀のしずく降る降るまわりに』と改題され、後者は同じ題名で草風館から出版。
さらに、知里幸恵については、『知里幸恵 十七歳のウエペケレ』(草風館)という力作もある。
私が敬愛する著述家だ。

もう一冊、同じ古書店で少し前に入手した本。
こちらも絶版になって久しい。
古書店の新書コーナーの棚でみつけたときは、まさかこんな店にあるとは思いもしなかったので、びっくりした。

Tsurumi_koukishin鶴見和子 著 『好奇心と日本人』
 講談社現代新書 1972.3.28

発売当時の価格 370円 というのが、時代の古さを物語る。

鶴見和子さんも、私が敬愛する学者さんだ。
1918年生まれだから、まだ五十代前半の頃の著作だ。
鶴見さんは、2006年夏、亡くなった。

藤本さんも、ネットで調べたところでは、すでに故人となられている。
(2005年暮れ、死去)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【楽】そして待望の・・・

日曜日は、ひさしぶりにライブを聴きにいく予定。
場所は、国立の某ライブハウス。
有名な店だが、私は初めてだ。
誰のライブかは、伏せておきたい。
私にとって何年ぶりかの、ある女性シンガーのライブだ。
今からわくわくしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月25日 (金)

【雑】39999

今見たら、アクセスカウンターが39999を指していました。
待望の40000台に乗るのは、とても嬉しいことです。
検索サイトから来てくださる方が圧倒的に多いのですが、ご覧くださった皆さんに感謝します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【読】リサイクルってなんだ?

もうずっと、「リサイクル」がブームである。
私は、このリサイクル・ブームがきらいだ。
きらい、とは言いすぎかもしれないが、苦々しい思いをいだき続けてきた。
「地球にやさしい」 などという言い回しも、好きではない。

だって、そうでしょう。
これだけペットボトルやら、食品トレイやら、ラップやら、ポリ袋を使い放題使って、それも、一瞬のうちにゴミにしておいて、さて、これをどう「リサイクル」するというのか。

こんなことをあらためて書くのも、いま読んでいる本に触発されて、いろいろ考えたからだ。

Ishikawa_ooedo_recycle石川英輔 『大江戸リサイクル事情』
 講談社文庫 1997.10.15
 (親本 講談社刊 1994.8)

江戸時代こそ、ほんものの「リサイクル」でやっていた時代だということが、よくわかる。
著者が言うところの、「大きなリサイクル」とは、こういうことだ――自然から得たものを利用して、それをまた自然に帰す。

この本の冒頭で、水車を例にとって次のように述べている。

水車はなぜ廻る? ――水の流れがあるから。
水は誰が流している? ――高い所に降った雨が重力にしたがって流れ下る。
なぜ雨が降る? ――太陽の熱で蒸発した水が雲になり、冷えてまた水となって地上へ落ちるから。
こう追っていくと、つまるところ、水車は太陽によって廻されていると言えるだろう。

<江戸時代の日本の社会は、あらゆる部分が水車と同じように、太陽エネルギーだけで廻っていた……というと、現代の社会を動かしている石油、石炭などの化石燃料も、もともとは太陽エネルギーを凝縮したものだと反論されそうだ。 しかし、化石燃料を燃やすと、また何年かのうちに太陽エネルギーによってその炭素が石炭や石油に戻るなどということはありえない。> (序章 「まわる」 より)

そうなのだ。
私が苦々しく思うのも、限られた化石燃料を惜しげもなく使ってできる製品を、使い終わったからリサイクルしましょう、と言ったって、せいぜい形を変えて再利用(それも、おそらく一回限り)するだけのことなのだ。
リサイクルではなく、リユースと控えめに呼ぶのが正しいと思う。

リサイクルとは、循環させて、再び元の状態に戻してこそ、そう呼べるのではないか?

この本には、いろんな例が出ているが、どれも自然界の動植物資源であり、それらを消費しても、いずれ自然に戻り、再生産される。
自然界の大きなリサイクル(循環)の枠を超えないように、つましく暮らしていたのが江戸時代だったんだなあ、と、つくづく思う。


――と、まあ、えらそうに書いたが、私自信も、石油(化石燃料)を、間接的に日々消費し続けているのがつらいところだ。

それにしても、私たちが子どもの頃は、まだこれほどではなかったと思う。
豆腐一丁買うにも、ちゃんと入れ物を持参したものだし、牛乳だって、空き瓶につめてもらっていた(近所の牧場まで毎朝受け取りに通っていた)。
今ほど、容器を使い捨てにしてはいなかった。
これは、ほんの数十年前のことだ。

どこかで、現代のこの消費の勢いにストップをかけないと、いずれ、我々は自分で自分の首をしめることになるだろうな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

【山】こんな山小屋があったな

『大江戸テクノロジー事情』(石川英輔、講談社文庫)というを読んでいて、しみじみと思いだした「場所」がある。

Me2プロフィールの画像として使っている、この写真の後ろに見える山小屋のことだ。
これまで、あまり書かなかったのには、ちょっとしたわけがある。
ひと頃、縁あってずいぶん通ったところだが、その後、これまたわけあって、まったく行かなくなってしまった。

冬期は営業していない(左の写真は、冬期閉鎖中の小屋の前)。
だいたい4月から10月の間、約半年の営業。

山小屋にもいろいろあって、北アルプスの大きな山小屋のように、ちょっとした旅館、ホテル並の設備・サービスのところもある。
だが、だいたいどこも、事情は同じだ。

高山の上まで電線など通じていないから、電気は自家発電。
電話線も通じていない。
(無線電話や、最近では携帯電話を使っているようだ。山の上ではけっこう携帯電話が通じる)
暖房や炊事は、プロパンガスか石油。
もちろん水道が引かれているはずもないので、天水(雨水)か流水、湧き水を利用する。
トイレも溜め込み式(水を流しているところもあるが、汚水処理が問題)。


私が何年かお世話になっていた山小屋も、そんな環境だった。

電気は、必要最小限の自家発電。
その燃料は、春先の小屋開けのときにヘリでまとめて揚げる。
プロパンのボンベも、春先にヘリでまとめて荷揚げする。

電気を使うのは、主に、夜間の照明用。
それと、冷凍冷蔵庫用。
(登山客に出す食事に気を使う小屋だったので、冷凍食材の保存が必要だったためだ)
夜が更ければ、発電機は止めてしまう。
灯油ランプもたくさん置いていて、よく使っていた。

暖房は、基本的に薪ストーブ。
標高2400メートルほどの場所にあったので、真夏でも朝夕は燃やすことが多かった。
薪ストーブは、お湯を沸かす目的にも使われる。
貴重な熱源だ。
薪は、小屋の周囲の林から営林署が許可した範囲で伐採し、乾燥させ、小さく切ったり割ったりして保存していた。
そういえば、秋に「薪出し」といって、木を伐採し、背負子で小屋まで運んで薪切り、薪割りを手伝ったこともあった。

石油ストーブなどは、もったいないのでほとんど使わなかった。
薪ストーブで豆炭をおこして、アンカに入れ、炬燵に使っていた。
お客さんが多いときは、薪ストーブを赤々と燃やして、これがなかなかよかったのだ。
この小屋へ向かって山道を登っていくと、薪ストーブの煙の匂いがして、ああ、もうすぐだなと思ったものだ。

そして飲料水だが、これは天水利用が中心。
屋根から雨樋で水をあつめ、おおきなタンクにためて使っていた。
近くに湧き水(うまい清水)があったので、そこから運んで、やはりタンクにためていた。
近くといっても、歩いて数分のところなので、18リッターのポリタンクにつめ、背負子でかついで運んでいた。
これは重労働である。
だから、汲んできた清水は大切に使った。

日照りが続くと、天水が得られなくなり、いつも心配の種だった。
あれほど、水を貴重に感じたことはなかったな、と懐かしく思いだす。



話はそれるが、この山小屋で何年か働いていた友人と、いまでも親しくしている。
友人といっても、私よりずいぶん年少の女性である。

その人と、つい先日も話したことだが、あの山小屋での生活(彼女は、年の半分はその小屋に住み込んで働いていたから)を思えば、下界(平地)の暮らしは天国だよね、と。
なんたって、水道の蛇口をひねれば、水が使い放題というのだから・・・。
電気、ガスも同様だ。

ちょっとの間でも使えなくなったら、もうお手あげ、という生活に慣れきってしまったけれど、あの山の上の生活を思いおこせば、たいていのことは我慢できそうな気がする。


私は、その山小屋で生活していたわけではないが、毎週のように通っていた時期があった。
お客でもなく、従業員でもない、「お手伝い」のような立場だった。
「居候」という、これまた懐かしい呼ばれ方をしていた人たちが、その小屋にはたくさんいて、私もその一人だった。
ボランティアというのともちょっと違う、好きで通っている人たち。
小屋主さんとの相性もあって、誰でも希望すればなれるというものではなかった。
客として通っているうちに、いつしかなんとなく、居候にしてもらった、という感じか。

繁忙期には、荷揚げ(ボッカ)を手伝ったり、炊事や洗い物、掃除、蒲団のあげおろし、など、もろもろの山小屋の仕事を、楽しみながら手伝っていた。
よく晴れた日には、蒲団干しもしたっけ。
宿泊者用の蒲団だから、半端な数ではなかった。
小屋のまわりは岩場だったので、岩の上や二階の窓から屋根に登って干した。

食事は、お客さんの食事が終わり、後片付けをしてから、小屋のひとたちといっしょにいただいていた。
もちろん、報酬などもらわないし、もらうつもりもなく、まさに「お手伝い」させていただく、という感じだった。
「特権」は、宿泊費がかからないこと。
山好きにはうれしいことだった。


なんとも不思議な場所だったと思う。
夜、お客さんをまじえて、酒を飲み、歌をうたい、ときには外に出て満天の星を見あげる。
翌日も、暗いうちからお客さんの朝食の用意のために早起きはするけれど、登山者が出発してしまえば、あとはのんびりと過すこともできた。
なかば、山小屋とその周辺で遊ばせてもらっていたような、そんな立場でもあった。

「私の大学」 という言葉がぴったりの空間だったなと、よく思う。
そこでは、学校で得られない、いろんなことを学んだ気がする。
めったにできない体験をさせてもらっていたのだ。

いま、懐かしく思いだしたので、書いてみた次第。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

【読】大江戸テクノロジー事情

今週、読みはじめたのが、この本。

Ishikawa_ooedo_technology石川英輔 『大江戸テクノロジー事情』
 講談社文庫 1995.5.15

ひと頃、夢中になって読んだ 「大江戸○○事情」 シリーズの一冊。
電車の中で読むにはうってつけの、軽い読み物だ。
江戸時代って、ほんとうに不思議な時代だった。

<暦、和時計、からくり、錦絵、天文学、花火など江戸時代の様々な創意と工夫を紹介。 江戸の人びとが、科学知識や技術を軍事よりも遊びや楽しみの手段にそそいだ様子を生き生きと伝える。 目先の利益と効率ばかりを追うテクノロジー大国日本に警鐘を鳴らす好個の一冊。 大好評の「大江戸えねるぎー事情」姉妹編。>
(本書カバーのコピーより)


便利なモノや技術に囲まれて生活しながらも、本当にこれでいいんだろうか、と常々疑問を感じている私には、興味ぶかい内容。
「先進国」などと自らえらそうに言っている欧米諸国や日本など、このまま行くと必ず行き詰まるだろう。


著者は、まえがきにあたる 「部分的には正しいが・・・」 の章で、次のように言っている。

<アメリカのある学者は、地球の環境に影響を与えずに現在の平均的なアメリカ人の生活を維持しようとすれば、地球の人口は二億人が限度だという試算を発表した。 この説によれば、アメリカ人だけで、すでに地球は定員過剰だということになる。 進んだ科学技術は便利さ、快適さと引換えに、環境破壊によってわれわれの首をじりじりと締めつけているのだ。>

<なぜこんなことになるかというと、ある時点では文句のつけようもないほど便利で無害だと思われた技術が、便利であればあるほど、ある時間を経てからとんでもない結果をもたらす危険性があるからだ。 (後略) >


最近、問題になっているフレオン(フロン)も、1965年の『岩波理化学辞典』には、
「無色無臭のガス……不燃性不爆発性で無毒、化学的には非常に安定で、普通の金属を腐食しないから、理想的な冷凍剤として近時殊に小型の冷蔵庫に使われ始めた」
―― と書かれていたという。

悲観的すぎると言われるかもしれないが、すでに 「手遅れ」 の感が強い。
「洞爺湖サミット」 などというイベントにも、私はまったく期待していない。
はっきり言って、ああいう茶番劇はやめたほうがいい。


著者が言うように、江戸時代の知恵を今から学びなおしてもいいと思う。
次から次へと企業が出してくる 「新製品」 に飛びつくのも、もうやめにしたい。
高度消費社会の濁流から、抜け出さなくちゃ・・・と、つくづく思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月20日 (日)

【遊】今朝の散歩―花ざかり 4/20

五日市街道・玉川上水沿いの遊歩道では、ニリンソウが可憐だ。
ソメイヨシノの若葉を背景に、ヤエザクラがきれいだ。
ハナズオウの紅花、白花が満開。
サツキも咲いている。
足もとには、シャガ、春咲きのクリスマスローズ、野草のムラサキケマン。

08042000040804200007080420003908042000460804200047_20804200049080420005108042000520804200050        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【遊】今朝の散歩-サクラからハナミズキへ

季節はゆっくりと移ろう。
ヤエザクラからハナミズキへ。

団地の中を散歩していたら、りっぱなハナミズキの樹があった。
白花と紅花が混じりあったような、珍しいものを見つけた。

0804200032080420003508042000240804200029_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月19日 (土)

【読】NATIONAL GEOGRAPHIC 日本版

今日、立ち寄った BOOK OFF で、思わぬ収穫があった。

Geograhic_199512_2NATIONAL GEOGRAPHIC 日本版 1995年12月号
わずか105円。
ジェーン・グドールの特集が掲載されている。
「ジェンーン・グドール チンパンジーに捧げた35年の記録」
28ページもの特集だ。
(文=ピーター・ミラー、写真=マイケル・ニコルズ)







この女性のことは、星野道夫さんの本 『アフリカ旅日記 ゴンベの森へ』 で、だいぶん前に知っていた。
星野さんの本は、とてもよかった。
(図書館から借りて読んだが、その後購入した)

Hoshino_gombeジェーン・グドール (出典:Wikipedia)
ジェーン・グドール(Jane Goodall,1934年4月3日 - )は、イギリスの動物行動学者、霊長類学者、人類学者、国連平和大使。
ロンドンで生まれ、幼い頃より動物が好きだっため23歳の時にアフリカへ渡る。そこで人類学者ルイス・リーキーに師事し、ルイスの薦めで1960年7月、26歳の時よりタンザニア・ゴンベのジャングルにてチンパンジーの研究を始める。 世界で初めて、草の茎を使ってアリを捕る行動の報告などで、人類固有とされてきた道具使用などの行為や能力がチンパンジーにも存在すること、チンパンジーの性格にも大きな個人差があることを確認するなど、目覚しい研究成果をあげ、チンパンジー研究の世界的な権威となる。1977年には、野生動物研究・教育・保護団体ジェーン・グドール・インスティテュート(JGI)を設立。1990年に京都賞受賞。2002年から国連平和大使を務める。2007年に京都大学は名誉博士号を授与することを決めた。現在、執筆のかたわら、ほとんど休みなく世界中をめぐり、講演や教育活動をおこなっている。



NATIONAL GEOGRAPHIC 日本版のバックナンバーは、BOOK OFF にたくさん置いてあり、一冊105円という廉価。

以前、エベレストの特集が載っている号を手に入れたことがあった。
(2003年5月号)
夢枕獏さんの山岳小説 『神々の山嶺』 で、「マロリーのカメラ」 の謎が物語の中心になっている。
「マロリーのカメラ」 と言っても何のことだかわからないかもしれない。
1924年、英国第三次エベレスト遠征隊のアタック隊の二人、ジョージ・マロリーとアンドリュー・アービンが頂上付近で消息を断つという事故があった。
その時、マロリーが持って行った、コダック社のインスタントカメラだ。
マロリーの遺品がいくつかみつかったものの、カメラは見つかっていない。
そのカメラが残っていて、フィルムの現像ができれば、彼ら二人がエベレストの初登頂に成功していたことが証明されるのだ。

Geograhic_200305_2Geograhic_200305_p52この遭難事故のことは、私のWEBサイトに詳しく書いたことがある。
マロリーのことを、ずいぶん詳しく調べたものだった。
 → 晴れときどき曇りのち温泉
  この一冊 「夢枕獏 神々の山嶺」
 http://yamaoji.hp.infoseek.co.jp/b_baku_kamigami.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【読】この本がほしい

ネットで調べると、古書でたくさんでまわっている。
けれど、高くて手がでない。
手元に置きたい本だ。

図書館から借りてきて、拾い読みしてみる。
いつか手に入れたいな。

Chiri_mashio_ainugo『知里真志保著作集』 平凡社 1975-76
 別巻 Ⅰ 分類アイヌ語辞典  植物編・動物編
 別巻 Ⅱ 分類アイヌ語辞典  人間編

知里真志保の未完の遺作だ。
1953-54年に刊行されたものの復刻。



― 出典:Wikipedia―

知里 真志保(ちり ましほ、1909年2月24日 - 1961年6月9日)は、北海道幌別町字登別町(現在の登別市)出身の、アイヌの言語学者。専攻はアイヌ語学。姉は、『アイヌ神謡集』の著者・知里幸恵。大学での指導教授は、金田一京助。

アイヌ民族の視点からアイヌ語を理論的に研究し、『分類アイヌ語辞典』で朝日文化賞を受賞。その他にも、アイヌ語地名研究者の山田秀三とも共同しながら、アイヌ語学的に厳密な解釈を徹底させたアイヌ語地名の研究を進め、数々の論文や『地名アイヌ語小辞典』などを刊行し、北海道の地名研究を深化させた。また、言語学者・服部四郎との共同で北海道・樺太各地のアイヌ語諸方言の研究を行いアイヌ語の方言学の基礎を築いた。その業績はもはや「アイヌ学」という一つの学問を築き上げている。

真志保は京助を敬愛していたが、アイヌとしての自意識もあり、感情的な部分も含めて、学問的な批判は京助に対しても容赦しなかった。 また、先駆者であったジョン・バチェラーはもとより、研究仲間だった河野広道や更科源蔵、高倉新一郎らの著述における問題についても辛辣な批判を繰り広げた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月18日 (金)

【読】今年読んだ本のベストワンかも

日数がかかったけれど、昨日、ようやく読み終えた。
いい本だった。
さわやかな読後感を味わったのはひさしぶりだ。

今年にはいってから、手帳に、読んだ本のタイトルをメモしてきた。
この本が20冊目。
読書量として、けっして多いほうではないだろう。

Watanae_ichie_sakura_2渡辺一枝 『桜を恋う人 ―二つの祖国に生きて―』
 集英社文庫 1995.9.25
 (単行本 情報センター出版局 1990.10)

著者の渡辺一枝(いちえ)さんは、椎名誠夫人として知られているが、エッセイストとしてすばらしい仕事をなさっている。
若い頃から「チベット」というあだ名で呼ばれ、モンゴルやチベットを何度も旅し、写真集も出版している。
椎名誠氏の著作に彼女の性格が描かれていたことを思いだすのだが、激情家であり、心やさしい女性というイメージを、私はもっている。
こういう女性が好きだ。

今から20年近く前に出版された本。
いつか読んでみようと思いつづけていた。
読んでよかった、と思う。

一枝さんは、1945年、ハルビン生まれ。
彼女の父親は、彼の地で行方不明のままだという。
そんな背景を知ると、主人公の岩間典夫さん(中国名 莫宝清)に寄せる、彼女の思いがよくわかる。

本の内容については、不親切かもしれないが、ここに詳しく書かない。
興味を持たれた方は、図書館などでご覧いただきたいと思う。

わずか20冊の中からだが、私にとって、今年読んだ本の現時点での 「ベストワン」 と言える。

ところで、今日から読みはじめたのが、この本。
図書館にあったので借りてみた。

Umi_no_wajinden大友幸男 『海の倭人伝 ―海路史で解く邪馬台国―』
 三一書房 1998.6.15

特別、邪馬台国に関心があるわけではない。
この著者の本(*)をすこし前に読んで、どういう人か知りたくなったのだ。

(*)大友幸男 『日本のアイヌ語地名 ―東北から沖縄まで―』
関連記事
 → http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_2b8e.html
 → http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_7f23.html


<従来の倭人伝論の空白が、主として「海路史」の部分にみられるという発想から、とくに「短里法」という問題を切り口として、新しい視点に立った謎解きに挑戦してみました> (はじめに)
というのが、この本のテーマらしい。

『魏志倭人伝』 に出てくる、「水行・陸行」 何里、というあのモンダイである。
著者は、古代の航海者が用いていたはずの、独特の「海里」をキーにして、倭人伝の謎に挑戦しているようだ。

読みはじめたばかりだが、最後まで読み通せるかな?
あまり興味のない分野なので。
まあ、ゆっくり楽しんでみようか、と思っている。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月16日 (水)

【遊】今朝の散歩 4/16

家をはやめに出て、国分寺駅のほうまでバス通りを歩いてみた。
写真を撮りながら、30分ほど。
距離にすると、1キロちょっとというところか。
あいにくの曇り空、写真の写りはいまひとつ。

畑地が残っていて、園芸用にハナミズキを植えているところがある。
なぜか白花のハナミズキが多い。
街路樹の紅花のハナミズキは、まだ樹がちいさくてかわいらしい。

そういえば、こんな歌があったっけ。

♪ 空を押し上げて 手を伸ばす君 五月のこと
  どうか来てほしい
  水際まで来てほしい
  つぼみをあげよう
  庭のハナミズキ

  薄紅色の可愛い君のね
  果てない夢がちゃんと終わりますように ・・・

   (ハナミズキ 作詞:一青窈)

080416001608041600260804160037080416002908041600040804160005_20804160007080416002108041600350804160019         

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

【遊】新緑

いい季節になった。
新緑がまぶしい。

今日は、申しわけないほど、いい陽気だったな。

08041501320804150161080415018408041501650804150143

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【遊】ウコンザクラ

都立武蔵国分寺公園で、一本だけ見かけた。
会いたいと思って、待ちわびていた桜だ。

ウコンザクラ
鬱金 花弁数:8~20枚 花径:3.8~4.6cm 花期:晩春
サトザクラの栽培品種。
「鬱金」の名前は江戸中期から記録があるが、「黄桜」や「黄金桜」「浅黄桜」などの名前も記録されている。
これらは同じ栽培品種に分類されると思われる。
開いた花弁の色は淡い黄緑色で、ショウガ科のウコンの根を使って染めた鬱金色に似る。
しかし、つぼみは淡紅色であるし散る間際の花弁の中心部は紅色に変わる。
色が珍しいことから全国でよく栽培されている。
― Gakken フィールドベスト図鑑 「日本の桜」 より ―

0804150079080415008308041500870804150078

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【遊】ハナミズキ

立川からの帰り道、都立武蔵国分寺公園の駐車場に車をとめて、写真を撮った。
街路樹のハナミズキがきれいだ。

0804150074-都立公園・庭園案内-
 武蔵国分寺公園

http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/kouen/kouenannai/park/musashi_koku.html



080415009408041500890804150090 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【遊】立川の桜 4/15

平日だったが、用があって有給休暇をもらった。
三ヶ月に一度の病院通い。
わずか数分の診察のために、半日かかってしまう。
検査と診察の他は、待ち時間である。
病院のシステム、なんとかならないものか。

天気がよかったので、デジタルカメラを持っていった。
待ち時間、病院のまわりを歩いて、桜を撮った。
まだまだ、桜の花は見られる。

0804150041 0804150001080415005808041500200804150018 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月14日 (月)

【雑】サイドバーの整理

思うところあって、このブログのサイドバーに表示する項目を整理しました。

これまで表示していた、以下の項目の表示をやめてみます。

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■人気記事ランキング
■アクセス地域ランキング
■検索フレーズランキング

また、以下の項目は、プロフィールのページに移しました。

■この一冊
■この一枚 この一曲

あしからずご了承ください。


私の好きな小説に、夢枕獏さんの 『神々の山嶺(いただき)』 という山岳小説があります。

Kamigami夢枕 獏 『神々の山嶺』  文春文庫

羽生丈二という魅力的な登山家が主人公です。
単独でチョモランマ(エヴェレスト)南西壁という難所に挑む男なのですが、ベースキャンプで装備を点検するシーンが印象的でした。
1グラムでも装備を軽くするために、記録用に持っていく鉛筆を短くしたり、ノートの表紙を破り取ったりするのです。
それほど、単独行の岸壁アタックは過酷なことなのです。

少し長い引用になりますが、その部分を――。
『神々の山嶺』(下) 文春文庫 「十七章 氷河へ」 より


――――― (以下、引用) ―――――

八人用のテントの中で、羽生が、ザックの中身を取り出して、そこに並べている。

(中略)

羽生丈二は、テントの奥に胡坐をかいて、黙々とその作業をしていた。
深町が、持っているカメラを向けても、そのレンズを、羽生はもう気にしているようには見えなかった。
乾いた顔で、山の道具を並べてゆく。
南西壁に、単独で挑むための装備を、点検しているのである。
最後の点検だ。
これは、どれだけやっても、やりすぎるということはない。
ひとつ取り出しては、リストの紙に、鉛筆でチェックを入れてゆく。
小さな鉛筆だった。
万年筆やボールペンにしないのは、それらの用具が、寒さと高度に弱いからである。

(中略)

そして、手帳ほどの小さなノート。
それが、深町の眼に止まった。

(中略)

「持ってみろ」
羽生が、深町にそのノートを手渡した。
深町が持ってみると、軽い。 ページを捲ってみると、理由がわかった。 中のページが半分くらい、切り取られて失くなっていたのである。
「これは?」
「持っていくものは、できるだけ軽い方がいいからな」
いらないと思われるページを、切り取って捨てたのだという。
「これもだ」
羽生は、持っていた小さな鉛筆を見せた。
鉛筆の尻の部分が、切り落とされていた。
「一センチ五ミリほどだが、短くした」
羽生は言った。
羽生は、深町からノートを受け取り、その灰色の表紙を、その場で破り取った。 表紙と裏表紙を破り取られて、ノートの白い中身がむき出しになった。
「考えてみれば、これもいらない重さだ」
羽生は、破り取った表紙を、脇へのけ、ノートを、装備の並んでいる脇に置いた。

――――― (引用終り) ―――――


この小説のことは、ふと、思いだして書いてみただけです。
たかがブログ、なんですが。
それでも、よけいだと思われる情報は省いて、スリムにしたいな、なんて思ったのです。

そのわりには、「ブログペット」などという、妙なものは残しておくという矛盾がありますが、これはまあ、お遊びということで。


*なお、ブログについての私の考え方――というほどのものでもないのですが――を、プロフィールのページに追記しました。


【2008.4.18追記】
サイドバーの、「最近のコメント」 の一覧表示は復活させました。
ずいぶん悩んだのですが、私なりの思いがあってのことです。
これについても、プロフィールのページに書いておきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月12日 (土)

【読】桜を恋う人

タイトルにもひかれて、読み始めている本。

Watanae_ichie_sakura渡辺一枝 『桜を恋う人 ―二つの祖国に生きて―』
 集英社文庫 1995.9.25 (単行本 1990.10)

よく知られていることだが、渡辺一枝さんは、椎名誠氏の夫人である。
椎名氏との出会いは、『新橋烏森口青春篇』(椎名誠著)に描かれていた。
この小説はNHKのテレビドラマにもなった。

心やさしく、芯の強い女性、という印象をずっと持っていた。

この 『桜を恋う人』 を読んで、いい文章を書く人だなと、あらためて感心した。
無駄のない、硬質な文章といえばいいのか。
湿っぽくなく、乾いているのだが、その乾きぐあいはまるで草原のようだ。
モンゴルには行ったこともないけれど、草原の風は、この人の文章のようにすがすがしいのだろう、などと考えた。

このノンフィクションの主人公である、岩間典夫さんは、じつに数奇な運命をたどった人。
1943年に14歳で満蒙開拓少年義勇軍に志願し、中国(旧満州)に渡り、終戦間際に召集され、敗戦後はソ連軍の捕虜としてシベリアに送られた。
だが、18歳未満だとわかって釈放され、その後、帰国しようとして果せず、中国人民解放軍の兵士に救われて、解放軍の兵士になる。
それもつかの間、交易馬車の護送中にオロチョン族に襲撃されて捕らわれる。

――私が読んでいるのはここまで。
まだ、100ページほどしか読んでいないが、巻末(文庫版あとがき)に、いいエピソードが書かれている。

著者の渡辺一枝さんは、ある年、中国黒龍江省に住む岩間さんを訪ねるのに、富士桜の若木を二本持って行ったという。
山梨県の石和町で生まれ育った岩間さんの、故郷に多いのが富士桜だ。
別名、マメザクラ。
関東周辺の亜寒帯から暖温帯に分布、富士山周辺でよく見られることから富士桜と呼ばれる。

<この本を書き上げてから後のある年、私は岩間さんを訪ねるのに、富士桜の若木を二本持って行った。 センチメンタルなことと笑われるかもしれないが、この桜にこと寄せて、岩間さんの夢が実って欲しいと、私も願ったからだ。>

<桜は、残念なことに二本とも枯れた。一本は持って行ったその年に、もう一本は二度目の冬を越したかに見えたのだったが、育たなかった。 だがその後、他の人が運んだ桜が、どうやら根づきそうだ。 それにしても極寒の地だ。 もしかするとその桜も、育つには難しいかもしれない。 けれども私は思うのだが、岩間さんの夢は、いつの日にか必ず叶う日がくるだろうと。 私は、岩間さんの願いを私の願いとして受け継ぎ、そしてまた次代に引き継ぎたい。>   (『桜を恋う人』 文庫版あとがき)

主人公 岩間さんの 「願い」 とは ―― 今、私が読んでいるこの先に書かれているのだろう。




オロチョン族 (出典:Wikipedia)

オロチョン族(Orochon,Oroqin、漢字表記・鄂倫春)は、アルタイ諸語系の言葉を話すツングース系の民族。主に北東アジアの興安嶺山脈周辺で中国領内の内モンゴル自治区、その近隣のロシア領内に居住する。人口は約7千人。もともとは狩猟をしながら移動していたが、現在は定住化が進んでいる。

この民族の代表的な生業は、肉・内臓・血の食用・飲用や皮革採取目的での獣の狩猟である。狩猟の対象の獣は、マールー(馬鹿(ばろく)、ワピチの亜種マンシュウアカシカ)、ノロ、ハンダハン(駝鹿(だろく)・ラクダジカ、ヘラジカの亜種マンシュウエルクジカ)などのシカ類やリス、テン、オオカミ、イノシシ、オオヤマネコ、クマなどが挙げられる。狩猟時の移動と荷物運搬の手段は、伝統的には主に馬である。
(中略)
射撃に優れることから、満州国軍の特殊部隊として組織された逸話がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【遊】江戸東京たてもの園、春 4/12

江戸東京たてもの園にも入ってみた。
昼どきになったので、高橋是清邸の食事処で蕎麦とうどんを食べる。
園内は春の花盛り。
新緑がきれいだった。

小金井公園とたてもの園を三時間近く歩きまわったので、二人ともすこし疲れてしまった。
でも、いい一日だった。
帰りみち、小金井の日帰り温泉にたち寄った。

080412009408041200950804120104080412010508041201060804120125080412010708041201080804120115080412012908041201340804120140080412014308041201440804120157080412015508041201560804120160               

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【遊】小金井公園の桜 4/12

小金井公園は、遅咲きの桜が花盛りだった。
ヤマザクラやサトザクラの栽培品種のようだ。
西エリア(桜の園)には、八重桜もたくさんあった。

080412002808041200400804120070080412008008041200740804120043080412005308041200640804120032      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【遊】小金井公園 ハナモモ満開

小金井公園へ車ででかけた。
ハナモモが満開。ヤマブキも満開。

0804120001080412000508041200150804120006080412000708041200110804120010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【楽】7年前、真鶴で

高田渡さんの本のことを書いていて、思いだした。
7年前の真鶴海岸、野外ステージ。

写真があった。
渡さんのステージは、撮影禁止などというヤボなことは言わなかった。

上々颱風のステージは、例によって撮影禁止のアナウンスが事前にあったのだが、エンディングでは地元の若者たち(主催者)もステージに呼ばれて、たいへんなことになった。
どさくさまぎれに撮った写真である。
ブログなどにあまり掲載してはいけないのだろうけれど・・・。

いつまでも忘れられない、宵闇のすてきなライブステージだった。

Manazuru2001_3_2Manazuru2001_4_3   















01081900070108190018

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月11日 (金)

【楽】【読】バーボン・ストリート・ブルース

高田渡さんの 『バーボン・ストリート・ブルース』 が文庫になった。

Bourbon_street_blues高田渡 『バーボン・ストリート・ブルース』
 ちくま文庫 2008.4.10

渡さんが亡くなって、はやいもので三年になる。
四月十六日が命日だ。

文庫本になったというので、今日、書店で購入。
じつは、単行本も持っている。
真鶴海岸野外ステージでのライブに出演されたことがあり(2001年8月)、その時にサインをいただいた単行本だ。
私は、それまで高田渡さんの熱心なファンではなかったので、その日、はじめてライブで聴いた。
「生活の柄」も、そのとき、はじめて聴いた。

 この日のことは、私のWEBサイト(晴れときどき曇りのち温泉)にも書いた。
 http://yamaoji.hp.infoseek.co.jp/books.html
 http://yamaoji.hp.infoseek.co.jp/kura.html#wataru
 http://yamaoji.hp.infoseek.co.jp/m_wataru_baku.html

※2015/4/15追記
上記のURLは下のように変わっています。

 http://yamaoji.web.fc2.com/books.html
 http://yamaoji.web.fc2.com/kura.html
 http://yamaoji.web.fc2.com/m_wataru_baku.html

その後、北海道の美瑛に帰省していたとき、たまたま渡さんと茶木みやこさんのお二人が、ライブ・ツアーで美瑛にみえていた(四季の情報館)。
聴衆はわずかだったけれど、いいライブだった。

高円寺のライブハウスに、お客さんとしていらしていたのをみかけたこともある。
三鷹の駅前でもおみかけした。
朝の通勤時間帯だった。
ツアーに出かけるところだったらしく、奥様が自転車でお見送りに来ていた。
渡さんは、じゃあな、というように軽く手をあげて、ギターと荷物をかついで駅の階段をのぼっていった。
その風情に、いいなあ、と感じた。

じかに対面できたのは真鶴のサイン会だけだったし、そのときも言葉をかわすことはなかったけれど、なんとなく親しみをおぼえる人だった。
クセの強い人だった。
でも、私は渡さんの歌が好きだ。

享年五十六歳といえば、今の私と同じ年齢。
もっと歳上だと思っていたが、1949年1月1日の生まれ(戸籍上では)だったことを、この文庫巻末の年譜を見て、あらためておもいだした。

この文庫には、単行本に載っていない写真も追加されているようだ。
年譜も単行本にはなかったものだ。
720円(税別)。
ちくま文庫は少々高いけれど、いい本なので紹介した。


(下) 単行本 山と渓谷社、2001年8月15日発売、1500円(税別)
(右下) アルバム 「ヴァーボン・ストリート・ブルース」 (1992年、CD再発売)

Bourbon_street_blues3_3Bourbon_street_blues2_3Bourbon_street_blues_cd_6











「Green it 真鶴 2001」 ちらし (2001.8.18~19)
19日、ここで、上々颱風と高田渡さんの野外ステージを体験した。

Manazuru2001_1Manazuru2001_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【遊】ニリンソウも咲いた

五日市街道・玉川上水沿いの遊歩道。
ニリンソウが咲きはじめていた。

08041100260804110029

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【遊】今日の桜 4/11

まだまだ桜が咲いている。
今朝、出勤前に近所を歩いてみた。

ちいさな雨が降っていたが、傘をさすほどではなかった。

♪ 小さな雨がふっている
  ひとり髪をぬらしている ・・・  山崎ハコ  「サヨナラの鐘」

080411000208041100110804110014_2080411001608041100200804110024

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月10日 (木)

【雑】早起きは三文の・・・

JR中央線、11日始発から通常運転へ 影響50万人
http://www.asahi.com/national/update/0410/TKY200804100030.html
(asahi.com)

いやはや。
今朝、いつものようにバスで国分寺駅に向かったところ、駅前に消防車がたくさん集まっていて、何ごとだろうと思いながらも電車に乗った。

帰りの電車が遅れていたのは、これだったんだ。
漏電とはねぇ・・・。
帰りは、国分寺駅のひとつ手前、武蔵小金井駅からバスで帰ってきたので、駅前がどうなっているかは見なかった。

間一髪。
朝の通勤はセーフだった。
早起きは三文の得・・・か?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【歩】雨の日のハナミズキ

昨日の写真と同じ、ハナミズキの樹。
今日は一日雨だった。
携帯電話についているカメラなので、これ以上アップで撮れなかった。

ハナミズキの花が好きだ。
アメリカヤマボウシとも呼ばれる、外来樹木。
原産地は北アメリカ大陸南東部、メキシコ北部とのこと。
日本のヤマボウシと同じ仲間、ミズキ科。

200804101314

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

【遊】ソメイヨシノが散っても

雨あがりの朝、出勤前に近所をすこし歩いてみた。
ソメイヨシノはすっかり葉桜になっても、べつの桜が咲いている。
桜の季節も、あんがい長いのだ。
これから、八重桜も咲きはじめるだろう。

08040900130804090041080409002808040900050804090009080409003000409004708040900250804090050 08040900020804090044_40804090045_3 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【歩】夕暮れのハナミズキ

昼休み、勤務先のビルの裏手で、ハナミズキが開いているのをみつけた。
二本ある樹の一本、気が早いらしい。
デジカメを持って行ったのだが、撮りそこねた。
そこで、夕方、帰宅前に撮った写真がこれ。

これはこれで、おもしろい写真になったと思う。

桜のあとは、ハナミズキの季節だ。

0804090057

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火)

【読】アイヌ語地名をめぐって(続)

Nihon_ainugo_chimeiようやく読了。

大友幸男 著
 『日本のアイヌ語地名 ―東北から沖縄まで―』
 三一新書 1174 1997.10.31 900円(税別)

おおいに刺激をうけた。
これまで、なんとなく違和感のあった地名も、漢字表記に惑わされずに音(おん)に着目してみる。
すると、アイヌ語地名と驚くほど通じるものがある。
古代語――アイヌ語のつながりを、いろいろと想像してみる。

<目次より>
入門編(上)――「川」と「沢」/「泉」と「谷」/「山」と「野」/「海」と「岬角(こうかく)地名」 他
入門編(下)――アイヌ語と「五十音」/アイヌ語音節表/地名の分類法/「双子地名」の話 他
理論編――「白河境界説」の疑問/「縄文人=古モンゴロイド」説 他
歴史・民族編――「三内丸山」とアイヌ語/「巨木遺構」と「鳥居」/発見された「土屋根の家」/「梟神」と「遮光器土偶」 他
東日本編
西日本編

地名に関心のある方、アイヌ語やアイヌの伝統文化に興味のある方に、ぜひおすすめしたい。


<カバーより>
全国各地にアイヌ語を訪ねる旅――
地名はいつ、どういう意味でつけられたのか。
「大和語」では意味が通じにくい各地の方言の由来は。
関東以西にもアイヌ語地名は存在する――。
弥生時代の人々が使った古代語の名残りであるアイヌ語地名をたどる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日)

【遊】葉桜、そして新緑

今日もいい天気。
団地のまわりのソメイヨシノは、すっかり葉桜になった。
ヤマザクラやオオシマザクラが花ざかり。

ケヤキの若葉がしげってきた。 早いものだ。
イチョウも芽吹いてきた。

地面には、ハナニラが色鮮やかだし、ハナカイドウもすっかり開いた。
シャガも開いている。
いい季節だ。

08040600080804060005_20804060010080406000908040600110804060018080406001608040600220804060023 080406003008040600350804060025 0804060004 0804060002

| | コメント (4) | トラックバック (0)

【遊】多摩森林科学園 (3)

多摩森林科学園の案内パンフレット(見学のしおり)に載っている、「サクラ保存林案内図」。
昨日歩いたのは、この図の下の部分、「夫婦坂」、「仲通り」、「釣舟草通り」。
図ではわからないが、右下の入口からゆるやかな坂道になっていて、山の中腹をめぐる周遊路だ。

独立行政法人・森林総合研究所 多摩森林科学園 発行
「四季を楽しむ・・・多摩森林科学園 見学のしおり」 より

Sakura_hozonrin_map_2
























下の写真は、JR中央線高尾駅(北口)と、駅前交差点のしだれ桜。

08040501540804050153











駅から北へ 「多摩森林科学園」 へ向かう道路沿いにあった、小さなお店。
ここで、帰りに昼ごはんを食べた。
とても感じのいい店で、日替わり定食がおいしかった。
手づくりケーキやコーヒーもあるし、お酒も飲めるようだ。
自然食系のお店だったが、店の名をよく見なかった。
また立ち寄ってみたい。

08040501510804050150

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 5日 (土)

【遊】多摩森林科学園 (2)

せっかくたくさん写真が撮れたので、もう少し掲載しておきたい。
今日は、電車ででかけた。
ひさしぶりに、家人と二人の花見。

JR中央線の御茶ノ水駅で信号機故障があったせいで、国分寺駅でだいぶん待ったけれど、高尾までは近い。
また行ってみようと思う。

080405006608040500640804050067080405006208040500690804050071080405007308040500750804050076080405007908040500860804050093080405009708040501010804050107080405011008040501130804050116             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【遊】多摩森林科学園

Tama_shinrin_kagakuen_2_3独立行政法人 森林総合研究所
多摩森林科学園
 八王子市廿里(とどり)町1833-81
http://www.ffpri-tmk.affrc.go.jp/

JR中央線 高尾駅北口から徒歩10分。
ゆるい坂道を登っていくと、園の入口が左手にあった。
入場料400円(4月の料金、5~3月は300円)。

案内パンフレットから
<科学園の森は日比谷公園の約3.5倍の56haあります。
高尾山に連なる山地の東の端にあって標高は183~287m、平均気温13.2℃、降水量1,600mm。 都心より少し寒く、雨が多い気候です。 アラカシ、スダジイなどの常緑広葉樹に暖温帯性の針葉樹、モミが混じった暖温帯常緑広葉樹林に属する天然林が13haありますが、今では大きく育ち自然林のようになっています。 これらの他に内外の大切な樹木遺伝子を集めた樹木園とサクラ遺伝子の保存林が合わせて15ha作られています。>

Tama_shinrin_pamphlet0804050124_2今日は、「サクラ保存林」 の一部を歩いてきた。
山を縫うように、何本かの周遊路がめぐっている。
今日歩いたのは、山の下の方、「仲通り」と「釣舟草通り」。

これだけでも、1kmぐらいの山道。
たくさんの種類の桜を眺め、写真に撮りながらゆっくりまわった。
2時間ほどいただろうか。

樹によって開花時期がずれているため、まだ蕾の樹もあった。
5月上旬頃まで楽しめそうだ。


08040500060804050131080405001108040500170804050022_30804050023080405002408040500260804050028080405003108040500400804050045080405005008040500510804050052080405005508040500580804050061           

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【遊】今日の美人たち(多摩森林科学園)

気になっていた 「多摩森林科学園」 に行ってきた。
そこで出会った桜の美人たち。

「サクラ保存林」 という広大な山地に、全国各地からのサクラ約250種類、1700本が植えられているとあって、壮観だった。

名札が付けられていたので、ある程度、樹の名前がわかるのだけれど、自信がないので書かない。


0804050015080405002208040500340804050035080405004808040500570804050078080405008208040500920804050102       

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 3日 (木)

【読】アイヌ語地名をめぐって

図書館から借りてきて、ちょっとだけ読み始めたら、これが、とてもいい本だった。
さっそくネット販売で入手。

渡辺一枝さんの本(『桜を恋う人』)は、いっとき脇において、読み進めているところ。

Nihon_ainugo_chimei大友幸男 著
 『日本のアイヌ語地名 ―東北から沖縄まで―』
 三一新書 1997.10.31 900円(税別)

新書ながら、内容は濃い。
このての本にありがちな、こじつけがない。

北海道の地名は、そのほとんどがアイヌ語地名にむりやり漢字をあてたものだ。
「内地」(今でも北海道の住民は、道外を指してこう呼ぶ)の人には読めない地名ばかり。
これは、無理に漢字をあてたからだ。

東北地方にアイヌ語地名が多く残っていることも、よく知られているが、もっと南の地方にもアイヌ語地名と思われるものの多いことが、この本でわかった。

アイヌ語が、日本の古語――弥生時代の後に形成された「大和ことば」よりも前にあった言葉――とつながりがありそうだ、ということもわかってきた。

漢字の地名の字面に、いかに私たちが惑わされているか。
地名を音(おん)で感じ、名前をつけた人たちの気持ちになってみる。
太古、この列島に住んでいた人たちのイメージがひろがる。

アイヌ語地名に関心のある人に、この本はオススメだ。

著者について、私は何も知らない。

大友 幸男 (おおとも ゆきお)
著者経歴には、岩手県陸前高田市出身、岩手日報学芸部長を経て文筆業(筆名大正十三造)、としか書かれていない。
著書は、『南部盛岡藩史略』、『北斗太平記』、『岩手の古地名物語』、『不来方の賦』、『盛岡商人伝』、『もりおかの地名』(編著)、『江釣子古墳群の謎』、『史料解読 奥羽南北朝史』、『日本縦断アイヌ語地名散歩』、『アイヌ語 古朝鮮語 日本の地名散歩』、ほか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 2日 (水)

【遊】猿江恩賜公園の桜

勤務先の近くにある大きな公園。
平日でも人が多いので、あまり行かないのだが、今日はきまぐれに足をはこんでみた。

うす曇のせいか、写真の写りはいまひとつ。

猿江恩賜公園|公園へ行こう!
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index013.html

080402003108040200390804020032080402002908040200470804020044   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【遊】今日の美人 (4/2)

今日も晴れたので、桜の写真をたくさん撮った。
多少、ピンボケ気味だけど、みんな別嬪だなぁ。

上から4枚は、今朝、自宅近くで。
下の2枚は、昼休みに勤務先の近くの公園で。

080402000508040200070804020021080402002608040200340804020037      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

【読】桜にまつわる本

今日、仕事からの帰り道、駅ビルの本屋に寄って、桜の図鑑を買った。
世の中には、驚くほどたくさん桜の種類があることを知った。

先日から読んでいた、桜にまつわる本を読み終えた。
ちょっと理屈っぽい内容だったが、とても面白かった。

Iwanami_satou_sakura佐藤俊樹 著
 『桜が創った「日本」 ―ソメイヨシノ 起源への旅―』
 岩波新書

ソメイヨシノの寿命は、五十年から七十年。
ちょうど人の寿命と重なる、という。
十年余りでそれなりに見える花をつけ、二十年で花盛りをむかえ、五十年をすぎた頃から衰えはじめ、七十年で枯れていく――まるで、人の一生のような。

<ソメイヨシノは一個人の歴史に結びつきやすい。 自分だけの想い、自分だけの出来事の記憶を託すのにちょうどいい花なのだ。>

ヤマザクラの寿命は、ほぼ二百年。
立派な花がつくのも、二十年かかるという。

<古木といわれる樹は、樹齢数百年。 ムラや町そのものと同じくらい長く生きる。 町や村のはじまりの記憶、「故事来歴」や由緒を背負う桜になりやすい。> (本書 P.162)

明日から、渡辺一枝さんの、この本を読んでみようと思う。

Watanae_ichie_sakura_2渡辺一枝 著
 『桜を恋う人 ―二つの祖国に生きて―』
 集英社文庫

<山梨県の貧農の家庭に生まれた岩間典夫はわずか14歳で満蒙開拓青少年義勇軍の一人として満州に渡った。 敗戦後ソ連の捕虜としてシベリアに抑留、中国人民解放軍を経て、山中で狩猟生活を営むオロチョン族の村の建設に貢献し、指導者となる。 やがて36年ぶりに一事帰国するが、日中友好の架け橋になりたいと妻子の許に戻り、中国人莫宝清として今も生きる男の波瀾の半生。 感動ノンフィクション。> (本社カバー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【遊】今朝の桜 (4/1)

今朝も天気がよかったので、カメラを持って早めに家を出た。
ヤマザクラが盛りをむかえている。

五日市街道沿いの桜も写真におさめた。
喜平橋交差点付近は、拡幅工事中。
古い家並みが、道路拡張のために壊されていく。

0804010020_20804010018_20804010024_20804010026_2080401003108040100400804010046_20804010047_20804010050      
      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【歩】月と桜

今朝方、窓から外を見ると、月齢25日の月が夜明けの空に見えた。
桜の木と、はるか上空の月。
きれいな光景だった。

0804010003_20804010009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »