« 【演】花筏(桂枝雀) | トップページ | 【読】星野道夫と見た風景 (星野直子) »

2008年6月29日 (日)

【歩】【読】身近な自然と遠い自然

「……僕らの周りには二つの大切な自然があるような気がします。 一つは身近な自然です。 つまり生活の中で自分の家の近くの森や川や草花が毎日見ることができる、そういう身近な自然が大切なんですね。 もう一つは、遠い自然も大切だと思うんです。 つまりそこには行けないかも知れないけれど、そこにあるというだけでホッとできる。 ……」
(『魔法のことば』 星野道夫 ―1994年6月11日 東京都渋谷区松濤美術館での講演―)

ほんとうに身近なところで、ガクアジサイがきれいに色づいている。
雨に濡れて、とてもいい。
気持がなごむ。

08062900010806290002










星野道夫さんが言う 「遠い自然」 が、私のこころの中にもある。
それは、まだ行ったことのない地球のどこかの雄大な景色だったり、八ヶ岳の深い森だったり、南アルプスの稜線だったり、北海道の原野だったりする。

「少しだけ遠い自然」 と呼びたいような、日本の中のこれまでに訪れた場所のことを、ときどき思い出す。
思い出すことで、ちょっとだけ元気になれる。
いまこの時、あの風景、あの自然が確実にある、と考えることで元気がでる。
 
 

Hoshino_alaska_kaze『アラスカ 風のような物語』
 星野道夫 小学館文庫 1999年
 (1991年刊行本=下記を再構成した文庫版)

ひししぶりにこの本をとりだして、アラスカの遠い自然と、星野さんのことばを、味わっている。

― 巻末解説 より ―
彼の動物の写真を見ると、撮影者と被写体の動物との間に何か会話があるような気がしてならない。 言葉はなくても成り立つ会話がそこにある。 チーズといわせてポーズをとった写真でもなく、やみくもにシャッターを押し続けて偶然の僥倖をねらった写真でもない。 シャッターチャンスを計算したわけでもないのに、これ以外にないという瞬間の表情をフィルムに収めるのは、無言の会話を通じて被写体と一体になったカメラマンの業というしかない。  (大庭みな子)


Hoshino_alaska_kaze_large『Alaska 風のような物語』
 星野道夫 小学館 1991年7月 大型写真文集

― 『星野道夫 永遠のまなざし』 山と渓谷社 より ―
星野道夫には、その土地をより深く知ろうとする姿勢があった。 人が住んでいても住んでいなくても、好きになった場所が自分を受け入れてくれるかどうか、それが判るまでじっとそこに佇むのだそうだ。 そしてその場所と一体になれた時、星野道夫ははじめてカメラを取り出すのだという。 それだけでは終わらない。 今度はカメラで切り取った景色の中に生命を入れることを考えるという。 風景の中に生命があると、空気が引き締まるのだと言った。 (大山卓悠)

|

« 【演】花筏(桂枝雀) | トップページ | 【読】星野道夫と見た風景 (星野直子) »

【歩】散歩日誌」カテゴリの記事

【読】読書日誌」カテゴリの記事

四季 夏」カテゴリの記事

星野道夫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/41681674

この記事へのトラックバック一覧です: 【歩】【読】身近な自然と遠い自然:

« 【演】花筏(桂枝雀) | トップページ | 【読】星野道夫と見た風景 (星野直子) »