« 【遊】蕎麦を食べにいく | トップページ | 【読】ほんとうは怖い感染症 »

2008年7月21日 (月)

【楽】てっせんの花

山崎ハコさんの古いLPを聴きなおしている。

Hako_tessen_jacket山崎ハコ 『てっせんの花』
 キャニオン 1984.6 C28A0336

― 収録曲(全9曲) ―
てっせん子守唄/水車の都/町よ/百人の私/もう一度/時の扉/ライライライ/くちなし/鍵とコイン

安田裕美さんが、A面1、2、5曲目の三曲に参加。

「町よ」 は、TBSドラマ 「週末だけの恋人」 主題歌だった。
当時、テレビからこの歌が流れてきたときは、うれしかった。

ところで、てっせんの花。
ハコさんのおばあちゃんは、昨年末、103歳で亡くなったという。

 読売新聞 「すてき私流」
  祖母の思い 盛る茶わん : インタビュー : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  山崎 ハコ(やまさき・はこ) さん シンガー・ソングライター
   http://www.yomiuri.co.jp/komachi/interview/suteki/20080717ok0a.htm

ハコさんは最近、ライブで、よく、おばあちゃんのことやお母さんのことを話す。
「てっせん子守唄」 は、子どもの頃、おばあちゃんと近くの山へ行ったときに見た「てっせん」 の花のおもいでがベースになっているという。

大輪の紫色の花のつるを折って持ち帰ろうとするハコさんに、おばあちゃんは
「ハコちゃん、それは折れんよ」
と言って、そのままにしておくように言ったそうだ。

私も実家の庭に植えてあったのを見たことがあるが、たしかにつるは細い針金のように強かった。

 ♪ うちはよ ふるさと 今でも好きよ
   薄紫の てっせん恋し ♪

 ♪ あんたよ ふるさと ないさとつぶやく
   私の好きな てっせん見せたい ♪

 ♪ 破れた恋がなんね うちは折れないてっせんよ …… ♪

九州地方のことばで歌われるこの歌が、私は好きだ。

Hako_machiyo山崎ハコ 『町よ』
  C/W てっせん子守唄
キャニオン シングル・レコード
 7A0393  1984年6月

― 『図説 花と樹の事典』 柏書房 より ―
テッセン [鉄線花・鉄線蓮]
キンポウゲ科の落葉性つる植物。中国中部地方原産。 るつ茎は細長く冬も枯れず、全体に短毛がまばらに生える。 初夏、葉腋から長い花丙を伸ばし径五~八センチメートルの白または紫色の花を単生する。
[和名由来] 漢名「鉄線蓮」から。 つるが細くて強く針金のようであることから。

|

« 【遊】蕎麦を食べにいく | トップページ | 【読】ほんとうは怖い感染症 »

【楽】音楽日誌」カテゴリの記事

山崎ハコ」カテゴリの記事

こんな音楽を聴いた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【楽】てっせんの花:

« 【遊】蕎麦を食べにいく | トップページ | 【読】ほんとうは怖い感染症 »