« 【読】この本がおもしろそう | トップページ | 【読】この本もおもしろい »

2008年7月24日 (木)

【読】この本がおもしろい

きのうの続きである。
私にしてはめずらしく、一日で読みおえてしまいそうな勢い。
まだ50ページほど残ってはいるが。

Masataka_tensai正高信男 『天才はなぜ生まれるか』
 ちくま新書 466  2004.4発行
 203ページ  680円(税別)

「障害(障碍)」ということを、考えさせられる。
この本にとりあげられている六人の 「天才」 は、いずれも、何かしらの障害をもっていた。
(広義の意味での「学習障害」)
障害をもっていたからこそ、偉業をなしとげることができた、と著者はいう。

そして、これまで流布されてきた 「偉大な天才」 の神話をくずして、彼らを等身大の人間としてとらえる。

トマス・エジソン (注意欠陥障害)
アルバート・アインシュタイン (読み書きと計算の学習が困難であるという意味での狭義の学習障害)
レオナルド・ダ・ヴィンチ (アインシュタインと同様の障害)
クリスチャン・アンデルセン (文法障害)
グラハム・ベル (他人の気持がわからない障害=アスペルガー症候群)
ウォルト・ディズニー (多動症、多動障害、多動症候群)



― 本書まえがき より ―

 <(前略) 私はこの本で、障害にもかかわらず、それを克服して偉大な足跡を残した人の伝記を単純にまとめようとしているわけでは、決してない。 たとえば今あげたアインシュタインをとってみても、彼が障害者であったことを記すに際し、従来どう書かれていたかというと、判で押したように 「彼は障害があったにもかかわらず、やがて物理学者として……」 という風な表現をとっているのに気づくだろう。 つまり、障害を克服してがんばったのだと伝えようとする。
 しかしながら、この発想は全く誤っている、というのが本書のメッセージの核心にほかならない。 「障害があったにもかかわらず」 ではなくて、「障害があったからこそ」、彼は後世に名を残す発見ができたのであると、私は考えている。 それは、他の五人についても全く変わらない。
 障害を持つことは、必ずしも当人にとってハンディキャップとして作用するとは限らない。 それどころか、正反対に、強みとして働くことも珍しくないのだ。 それを、すぐに弱点ととらえてしまうのは、健常者の思いあがりというものである。
 障害があるから能力の面で不足していると考えるのは、決してまっとうな発想ではない。 (後略)>

 <健常者の生というのは、思いのほか画一的である。 今日の日本の教育は、子どもに 「がんばれば何でも望みはかなうんだよ」 と、万能感を植えつけることに躍起となっているものの、育つ人材はどんぐりの背くらべである。 (中略)
 障害というのは、個々人を比べてみて、その質と量において、誰ひとりとして他の人と同じということがない。 (中略)
 その力は、健常者の思い及びもしないことをしでかすことがある。 すると障害者の方が、人間生来の力を出していることになる。 そのことを私は、この本で書いたつもりだ。 (後略)>



まさしく目からウロコの落ちる本であり、きわめてまっとうな内容の本だ。

|

« 【読】この本がおもしろそう | トップページ | 【読】この本もおもしろい »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

こんな本を読んだ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/41960425

この記事へのトラックバック一覧です: 【読】この本がおもしろい:

« 【読】この本がおもしろそう | トップページ | 【読】この本もおもしろい »