« 【読】星野道夫と見た風景 (星野直子) | トップページ | 【読】星野道夫さんの本棚 »

2008年7月 1日 (火)

【読】気になっていた本(宮本常一)

いちど読みはじめたことがあったが、すぐに挫折した本。
挫折の原因は活字の小ささ、といういささか情けない事情だが、いま再挑戦している。
これが、じつに面白い。

宮本常一さんの、いまや古典といってもよさそうな代表作。

Miyamoto_wasurerareta宮本常一 『忘れられた日本人』
 岩波文庫 青164-1
 1984.5.16 第1刷発行
 1995.7.5 第28刷発行

28刷とは、さすがによく読まれている本だ。
それにしても、活字がなぁ……。
そろそろ、大活字本じゃないといけないか。

少し前に読んだ 『クマにあったらどうするか』(姉崎等、木楽舎)のあとがきに、宮本常一さんのこの本の方法(聞き書き)を参考にしたと書かれていたので、読んでみようという気になったのだ。

|

« 【読】星野道夫と見た風景 (星野直子) | トップページ | 【読】星野道夫さんの本棚 »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

こんな本を読んだ」カテゴリの記事

宮本常一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/41707509

この記事へのトラックバック一覧です: 【読】気になっていた本(宮本常一):

« 【読】星野道夫と見た風景 (星野直子) | トップページ | 【読】星野道夫さんの本棚 »