« 【遊】美瑛 2008年夏 (3) | トップページ | 【読】さらに二冊 »

2008年8月17日 (日)

【読】あの戦争を知るための二冊

ずいぶん前に持っていて読んだはずだが、内容はもう霧の彼方。
そんな本があるものだ。

ネット通販で、このたび入手。
手放さずに持っていればすぐに読み返せたのに、と思いながらネット検索してみたら、簡単に入手できることがわかった。
注文から数日後に到着。
便利といえば便利な世の中になったものだ。

Hiraoka_nihonjin_chugoku平岡正明 『日本人は中国で何をしたか』
  潮文庫 1985.7.30発行
 底本 1972年 潮出版社刊
 『日本人は中国で何をしたか―中国人大量虐殺の記録』

<本稿は、旧日本軍隊が北支で行なった壊滅作戦を、南支における対国民党正規軍戦との対比において論じ、南京大虐殺および日本列島における俘虜強制労働、虐待、虐殺、そして反乱劇としてあらわれた花岡事件を、三光との対応において論じるものとする。>
(本書 著者「あとがき」より)

<殺しつくし、焼きつくし、奪いつくすという、いわゆる “三光作戦” は開始された。 日本軍の恐るべき壊滅作戦を追う。>
(本書カバーより)

Hiraoka_chugokujin_nihon平岡正明 編著 『中国人は日本で何をされたか』
   ―中国人強制連行の記録―
  潮出版社 1973.2.5発行

<本書は 『日本人は中国で何をしたか』 の姉妹編として出版される。 編者の意図では明瞭にそうであり、三光作戦について調査・研究していたときから、中国人強制連行事件と、俘虜の反乱に多大の関心をもっていた。……>
(本書 「はじめに」 より)

この二冊は、平岡正明の労作だと思う。

|

« 【遊】美瑛 2008年夏 (3) | トップページ | 【読】さらに二冊 »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

あの戦争」カテゴリの記事

こんな本を手に入れた」カテゴリの記事

平岡正明」カテゴリの記事

コメント

ふるさと美瑛にお帰りになったのですね。
広大な自然、懐かしい風景が、歓迎してくれたことでしょう。
お友達にもお会いになれてよかったですね。

お母様もどんなにお喜びだったことでしょう。
顔を見せることが、一番の親孝行ですね。

いい夏休みを過ごされました。
旅に出たいです。

投稿: モネ | 2008年8月17日 (日) 23時15分

>モネさん
美瑛は私の郷里ではありませんが、
生まれ育った土地(北海道)は、いいものですね。
親孝行と言えるかどうかわかりませんが、
年に一、二回は帰省するようにしています。

投稿: やまおじさん | 2008年8月18日 (月) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/42194539

この記事へのトラックバック一覧です: 【読】あの戦争を知るための二冊:

« 【遊】美瑛 2008年夏 (3) | トップページ | 【読】さらに二冊 »