« 【楽】代表作は次回作 | トップページ | 【歩】花と嵐 »

2008年9月 7日 (日)

【楽】代表作は次回作 (続)

この人のことも書いておかなくちゃ、片手落ちになるな。
暑い夏の昼、こんなCDも聴きかえしている。

Hako_utaitaino山崎ハコ 『歌いたいの』

2006年5月に発売された、ベスト・アルバムだが、新録音が8曲はいっている。
(過去のアルバムに未収録だった 「会えない時でも」 を含む)

ハコさんは、息のながい歌い手さんだ。

彼女の場合、デビュー当時、つまり十代後半につくった歌を、今でも歌い続けている。
(もちろん新曲も作り続けている)

「歌いたいの」「望郷」「白い花」「ヨコハマ」「気分を変えて」「サヨナラの鐘」「飛びます」 といった、ごく若い頃に作って、その後何十年も歌い続けてきた歌を、新録音で聴くと強く感じることがある。

ハコさんの場合、過去の代表作はまちがいなくこれらの歌だが(他にもたくさんあるが)、デビューから数十年たった「今」の歌声(新録音)も、やはり代表作なのだ。

だから、ほんとうは、いつもライブで 「現在のハコ」 を聴きつづけていきたい。
そんな、稀有な歌い手だ。

ハコさん、これから何十年かたって、おばあちゃんになっても歌い続けてください。



こんな、すてきなおばあちゃんもいた。

Amtrak_blues_2AMTRAK BLUES / ALBERTA HUNTER

アルバータ・ハンター (1895-1984) が85歳のときのアルバム。
去年の今頃、このブログで紹介したことがあるが、素晴らしい歌声だ。

【楽】【読】アルバータおばさん (2007.9.21)
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_9a5b.html

【楽】【読】アルバータおばさん(続) (2007.9.23)
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_d873.html
 

|

« 【楽】代表作は次回作 | トップページ | 【歩】花と嵐 »

【楽】音楽日誌」カテゴリの記事

山崎ハコ」カテゴリの記事

こんな音楽を聴いた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【楽】代表作は次回作 (続):

« 【楽】代表作は次回作 | トップページ | 【歩】花と嵐 »