« 【雑】週末は勝沼へ(行きたいな) | トップページ | 【雑】芙蓉の謎 解明 »

2008年9月11日 (木)

【読】ガダルカナル (続)

われながら、よく頑張ったと思う。
誰もほめてくれないようなことだから、せめて、自分で自分をほめてあげたい、なんちゃって。

長大なガダルカナル戦記の、230ページまですすんだ。
残すところ、本文75ページ。

図書館の二週間の貸出期間に達したので、ネットで延長。
図書館も、ネット予約、ネット貸出延長ができるようになっているので、便利である。


Gomikawa_guadalcanal五味川純平 『ガダルカナル』
 文藝春秋 1980年

こうまで時間がかかるのは、毎日すこしずつしか読めない事情もあるが、内容が読みにくいためだ。
いたるところに、当時の戦闘記録や手記が引用されていて、それが読みにくい。
たとえば、こんな感じ。

<一 敵ハ我友軍機出動ノ間隙ヲ利用シ依然揚陸点 高射砲陣地 我第一線ヲ爆撃アルモ 我企図ヲ察知シアラサル如ク 我飛行場射撃ハ効力アルモ弾数僅少ノ為敵活動ヲ封殺シ得ス>

<二 軍攻撃準備ハ概ネ予定ノ如ク進捗シ 第二師団ハ地形ノ嶮難ヲ克服シ十八日夕迄ニ「ルンガ」上流河合ニ 師団ノ両歩兵団長(一ハ那須、一ハ川口少将)歩兵第二十九連帯ヲ集結セリ>

これは、軍司令所からの電報だそうだ。 (P.198)

こんなカナまじりの古い文章は、適当に読み飛ばせばいいのだろうが、私の性格からそれができない。
困ったものだ。

私を混乱させることが、他にもある。

旧日本軍の組織、編成がよくわからない。
連隊、大隊、中隊、小隊、さらには、大きな単位の師団ぐらいまでは、頭に入っているが、「十七軍」と「第二師団」の関係は?となると、もうわからない。

Wikipediaなどを見て、すこし調べてはみたが、規模のイメージがわかない。

さらには、海軍の組織というか編成が、これまた、わけがわからない。


それはさておき、五味川純平という人、よくぞここまで調べたものである。
執念といっていいかもしれない。

惜しむらくは、詳細な地図の掲載が少ないため(P.199にようやく一枚掲載されている)、登場する地名の位置関係がわかりにくいことだ。
本文では、ここまで詳細に記述しているのだから、地図や当時の軍編成図ぐらいは欲しいところ。

|

« 【雑】週末は勝沼へ(行きたいな) | トップページ | 【雑】芙蓉の謎 解明 »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

あの戦争」カテゴリの記事

こんな本を読んだ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/42446489

この記事へのトラックバック一覧です: 【読】ガダルカナル (続):

« 【雑】週末は勝沼へ(行きたいな) | トップページ | 【雑】芙蓉の謎 解明 »