« 【読】読了 「二十世紀 日本の戦争」 | トップページ | 【読】大東亜共栄圏の図版 »

2008年10月29日 (水)

【歩】姫蔓蕎麦

今日、でかけた先の施設の裏庭で、みなれない小さな花がたくさん咲いているのをみた。
おもしろい形の花で、アカツメクサ(ムラサキツメクサ)に似ていると思ったのだが、名前がわからない。
だいいち、シロツメクサのなかまは春の花だ。

とりあえず、デジカメをもっていたので写真におさめてきて、帰ってから図鑑やネットで調べてみた。
ネット検索からヒントをえて、図鑑をみていたら、どうもミゾソバの近縁のような感じ。
しかし、花の形や全体の大きさまで、まるでちがう。

手もとにあった図鑑のうち、ただひとつ、この花が載っているものがあった。
ピッタシカンカン。

ヒメツルソバ Polygonum capitatum
タデ科タデ属 Polygonum
<姫蔓蕎麦>ヒマラヤ原産の多年草。 明治中期に園芸植物として日本に入った。 観賞用の植えられているが、野生状態になっていることが多い。 茎には赤褐色の毛がある。 葉は互生し、長さ1~3センチの卵形で、表面にV字形の黒っぽい模様がある。 秋には赤く紅葉する。 花はほぼ1年中見られる。 枝先に淡紅色の小さな花が卵形~球状に多数集まってつく。
― 山と渓谷社 「山溪ポケット図鑑3 秋の花」 ―


「V字形の黒っぽい模様」 は、実物を見たときには気づいていなかったが、写真にはっきりと写っている。
まだまだ観察が足りない、と反省。

花の形は、千日紅を連想させる。
図鑑の写真は、葉がみごとに紅葉している。
これから紅葉するんだろうな。
よく行く場所なので、楽しみだ。

下の写真は、ちょいとピンボケ。


0810290001081029000508102900060810290002 

|

« 【読】読了 「二十世紀 日本の戦争」 | トップページ | 【読】大東亜共栄圏の図版 »

四季 秋」カテゴリの記事

【歩】散歩日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【歩】姫蔓蕎麦:

« 【読】読了 「二十世紀 日本の戦争」 | トップページ | 【読】大東亜共栄圏の図版 »