« 【楽】工藤静香と中島みゆき | トップページ | 【楽】大吟醸 »

2008年11月12日 (水)

【楽】工藤静香と中島みゆき (続)

夜もふけたのに、結局見てしまった。
印象が薄れないうちに書いておこう。

NHK総合テレビ
 SONGS 工藤静香・中島みゆきを歌う
 2008/11/12 午後11:00~

 再放送予定 (下記のサイトに記載されていた情報)
  11/15 NHK総合 午前3:15~
  11/19 NHK BS2 午前8:30~

番組のサイト (NHKオンライン)
 SONGS|放送予定|第67回 工藤静香
  http://www.nhk.or.jp/songs/program.html


30分たらずの短い番組だったが、よかった。
生演奏ならではの音楽本来の魅力をじゅうぶん堪能したのだった。

私は、こういうライブ映像が好きだ。

レコーディングとちがって、いわば一発勝負だから(もちろん、リハーサルはあるにせよ)、音程がぶれたりするけれど(もともと、音程がしっかりしている歌い手ではない)、そんなことはどうでもいいと思わせるほど、生の音楽映像は迫ってくる。

音楽って、このように作るんだな。
バック・ミュージシャンの演奏やコーラスを見ながら、そう思う。


番組で紹介された、中島みゆきと工藤静香の深いつながりも、私にはうれしかった。。
中島みゆきから工藤静香へのメッセージが流された。
中島みゆきらしくおちゃらけたコメントは、彼女の照れ隠しであろうが、そののなかに、あたたかいものを感じた。


工藤静香が番組の中で言ったことばが、なかなかいい。

 「中島みゆきさんの言葉は、色、だと思うんです……」

みずから絵を描く工藤静香が、中島みゆきの楽曲の魅力を表現したことばである。
つまり、絵画の色のように、中島みゆきが生み出す歌詞の世界は無限だと。
まったくそうだと、私も思う。

中島みゆきが紡ぎだす歌の言葉は、魔法のようである。
あらためて敬服。

新曲 「雪傘」 (中島みゆき 作詞・作曲) も、はじめて聴いたが、いい歌だった。



さて、寝なくちゃ。

|

« 【楽】工藤静香と中島みゆき | トップページ | 【楽】大吟醸 »

【楽】音楽日誌」カテゴリの記事

中島みゆき」カテゴリの記事

こんな音楽を聴いた」カテゴリの記事

コメント

私も同時に見ました。声量のなさも目立ちましたが、彼女の絵は本物ですね。中島みゆきの歌詞は、彼女にしか書けないオーラを感じます。

投稿: 玄柊 | 2008年11月13日 (木) 07時27分

私は見ませんでした。再放送を録画します。
最近、SONGSは何度か見たのですが。
昨日の夕刊から「ここにアイヌ」という特集が人・脈・記で始まりましたが、朝日とはお別れになったのでしたね。
こちらでは、アイヌ系の青年がリヤカーに荷物を積んで、犬を連れて、日本一周の旅に出ています。毎朝、〈毎日ラジオ〉でその人を追っています。ユニークな人生です。会社は休職しているそうです。

投稿: モネ | 2008年11月13日 (木) 19時30分

>玄柊さん
「声量のなさ・・・」
工藤静香ファンとしては悔しいですが、その通りです。
この人の絵の才能はホンモノですね。
歌唱力はともかくとして、表現者としての才能があるのだと思います。
中島みゆきは、いまや大御所といった感じですが、えらそうにしていないところが好きです。

>モネさん
ぜひご覧になってみてください。
朝日新聞とはおさらばしました。
お知らせいただいた夕刊の特集は、ときどき見ていました。
日本一周している人の話は、どこかで聞いたような気もします。
気になれば図書館に行けば(すぐ隣りにあるのです)記事が見られますが、しばらく足を運んでいません。
さびしい人生です、なんちゃって。

投稿: やまおじさん | 2008年11月13日 (木) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【楽】工藤静香と中島みゆき (続):

« 【楽】工藤静香と中島みゆき | トップページ | 【楽】大吟醸 »