« 【楽】今年手に入れたアルバム | トップページ | 【読】今年読んだ本 (上方落語) »

2008年12月10日 (水)

【演】今年聴いた落語

この数年、落語会や寄席はもちろんのこと、テレビ、ラジオでも落語を聴くことがなくなった。
もっぱら、過去に撮り溜めたビデオや、レコードなどの音源で聴いている。

Shijaku_jigoku_bakkei今年は、故 桂枝雀の音源をいくつか聴いた。
同じ音源を何度聴いても楽しめるのは、落語が「知」ではなく「情」の部分に働きかける芸だからだと思う。
これは、枝雀が言っていたことでもある。

「知」とは、理屈で理解する部分。
あれが、ああなって、こうなる、と理屈で理解している領域は、何度もおなじことを繰り返すと、もうわかっているという気持になり、飽きてしまうものだ。
いっぽう、「情」の部分に働きかけられると、そのたびに反応するのが人間というものらしい。

音楽もそうだが、同じ音源を何度聴いてもその都度あらたな感動があるのは、人間に「情」というありがたいものがそなわっているからなんだろう。
枝雀の口癖ではないが、「ありがたいことでございます」。


ところで、枝雀の落語の映像が、全40巻のDVDで発売されている。

SoundTown / 落語 桂枝雀
 東芝EMIによる桂枝雀の「枝雀落語大全」「THE 枝雀」紹介 収録作品一覧
http://www.emimusic.jp/st/rakugo/sijaku/dvd/index_j.htm

さすがに全巻まとめて買うことはできないが、このたび、第一期(第一集~第十集)を東芝EMIの通販で購入した。
これだけでも、まとまった金額になったが、これから年に二回(夏・冬)、十巻ずつ買っていこうかな、なんて思っている。


枝雀落語大全 第一期(第一集~第十集)
 DVD10枚組:38,000円(税込)
枝雀落語大全第一期(第一集~第十集)のDVD10枚組
字幕映像…落語のビデオとしては初めての字幕スーパーを収録
演目解説…演目解説を収録画面で分かりやすく説明
購入者には特典DVDをプレゼント!

各巻に、「枝雀散歩道」と題する映像が入っているらしく、この第一期には枝雀の弟子たちが案内人で勢ぞろいしている。
楽しみだな。

http://www.emimusic.jp/st/rakugo/sijaku/dvd/part1.htm


Dvdset_3第一集  寝床/代書
  枝雀散歩道:案内人 桂 南光
第二集  くしゃみ講釈/鷺とり
  枝雀散歩道:案内人 桂 ざこば
第三集  宿替え/池田の猪買い
  枝雀散歩道:案内人 桂 雀三郎
第四集  饅頭こわい/替り目
  枝雀散歩道:案内人 桂 雀松
第五集  住吉駕籠/八五郎坊主
  枝雀散歩道:案内人 桂 雀々
第六集  高津の富/不動坊
  枝雀散歩道:案内 桂 九雀
第七集  三十石 夢の通い路/夏の医者
  枝雀散歩道:案内人 桂 文我
第八集  愛宕山/貧乏神
  枝雀散歩道:案内人 桂 む雀
第九集  舟弁慶/かぜうどん
  枝雀散歩道:案内人 桂 紅雀
第十集  地獄八景亡者戯(前編・後編)
  枝雀散歩道:案内人 桂 南光

|

« 【楽】今年手に入れたアルバム | トップページ | 【読】今年読んだ本 (上方落語) »

【演】演芸日誌」カテゴリの記事

桂枝雀」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【演】今年聴いた落語:

« 【楽】今年手に入れたアルバム | トップページ | 【読】今年読んだ本 (上方落語) »