« 【読】古本酒場店主の書いた本 | トップページ | 【楽】今年聴いたアルバム »

2008年12月19日 (金)

【雑】ああ、腹がたつ

こういう内容を、このブログに書くのは初めてだ。
あまりにも腹がたつので、書いてしまう。

ある外資系の大手生命保険会社から、しつこくDMが来る。
A社としておこう。
契約変更を促す内容だが、続き物のように、「先日お送りしたご案内についてご検討いただけましたか?」のようなDMが、もうずっと長いあいだ紙爆弾のように、容赦なくポストに入る。

こちらから何も請求していないのに送られてくる、一方的なDMである。
そこまでは、まあいい。

ご丁寧にも、今日は同じ内容の封書が2通届いた。
封筒には、堂々とこんな文句が――。
「先日お電話いたしました A……からのご案内です。(この会社の社名)」


DMだけなら、さっさと捨ててしまえば済むことだから、ブログに書くほどのことでもないが、先日から、私が仕事で留守にしている自宅に、その会社から電話がかかって来るようになったのだ。
私が電話に出れば、一発で、お断りするところだが(二度と電話をかけて来ないように)、気弱な家人はすっかり困り果てている。

今日、この封筒の文句を読んで、なるほど、これはもうこの会社の営業戦略の一環なんだと、納得。

誰でも名前を知っている、大手一流企業である。
そこいらの不動産屋の電話セールスとは、訳がちがう。

きちんとこちらの住所・電話番号を届け出ているのは、本来の保険業務のためではないのか?
営業電話もOKなんて、こちらはひとことも言ってないぞ。
それとも、電話番号を届け出ている契約者だったら、電話セールスも許されるというスタンスの会社なのか?

あまりにも腹立たしいので、この会社のサイトのメール送信フォームから、はっきりと「クレームです」と断って、苦情を申し立てたが、さて、責任ある返事が来るかどうか。

回答しだいでは、消費者センターなど、しかるべき機関に相談しようとまで思っている。
所轄の官庁(厚生労働省?)の方がいいのかな?
お役所に、畏れながら、と訴え出るのも業腹だし。
ああ、腹がたつ。


不況だ、株安だ、円安だ、なんだかんだと、どの企業もたいへんな状況にあることは、私も実感している。
企業に籍をおく一人だから。

でもねえ、ひどすぎるね。
なりふりかまわず、という、企業のあさましい姿は見たくないね。
企業にも良心は必要だよ。
あんまりあくどいことをやっていると、いつかツケがまわってくるよ。



【2008/12/20追記】

腹の虫がおさまらないので、この会社の苦情受付窓口へ電話した。
「申しわけございません」 という、お決まりの回答の一点張り。

二度と電話をかけてこないように、私に関してはしっかり登録してもらうように言った。

なぜこんなことをするのかと聞いたら、DMを送る前に電話するという営業方法なんだそうだ。
その理由も私には理解できないことを言っていた。
事前に確認する必要なんてない。
DMを送るなら、勝手に送ってくればいいのだ。
今の契約内容だって、保険会社が把握しているはず。
契約変更の提案だったら、今の契約内容と比較してこうですよ、とDMに書いてあるからそれで十分じゃないか。

許されるのかね、何度もしつこく電話して、そのうえでDMを送りつけるなんて営業を大々的に展開するなんて。

不快に思っている契約者がいることを、会社の上層部に伝えてもらうようにも言ったが、この会社の営業方針は私ごときの苦情ひとつぐらいでは変わらないだろうな。


保険に関する苦情受付機関があるようだが、土曜日曜は電話を受け付けていない。
このあたりも、どうかと思う。
平日、勤めに出ている人が、わざわざ電話(とうぜんフリーダイヤルではない有料電話)なんかかけるもんか。

社団法人 生命保険協会(相談窓口)
http://www.seiho.or.jp/contact/index.html

|

« 【読】古本酒場店主の書いた本 | トップページ | 【楽】今年聴いたアルバム »

【雑】きまぐれ日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/43468888

この記事へのトラックバック一覧です: 【雑】ああ、腹がたつ:

« 【読】古本酒場店主の書いた本 | トップページ | 【楽】今年聴いたアルバム »