« 【読】水木しげる「ラバウル戦記」(続々) | トップページ | 【読】船戸与一『満州国演義』の近刊 »

2009年1月18日 (日)

【遊】今年も、鈴木稲荷のもちつき大会

去年も、ちょうど今頃だった(2008年1月13日)。
http://yamaoji.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_1400.html

今年もまた、私の住まいから歩いて10分ほどの近所にある、お稲荷さんでもちつき大会があった。


0901180015_2地域の青少年対策協議会(小平市鈴木小地区)が、毎年開催しているようだ。
お椀と箸を持参して、開始時刻の午前10時前に、鈴木稲荷神社へ。

鈴木稲荷
(小平シニアネットクラブ KSNCのサイトより)
http://www.ksnc.jp/kodairashoukai/suzukiinari/suzukiinari_front.htm



0901180032_250メートルもある参道が、300年近い歴史の古さを感じさせる。
ふだんは人気のない、ひっそりとした境内である。

巨大な黒松がそびえていたというが、四年ほど前に虫食いの被害にあって伐採されたという。
今は根元だけが残っている。

所在地:小平市鈴木町1丁目500番地


0901180016第22回もちつき大会
今年は、開始前の会長さんのご挨拶から見学。
豚汁(50円)以外は、誰でも無料でふるまってもらえるという、ありがたい催しだ。
このような、地域の人たちの活動はいいなあと思う。

あんころもち、きなこもち、からみもち、海苔もち、それにお汁粉が無料。
豚汁もおいしかった。

子どもたちが、もちつきを体験できる貴重な場でもある。
私が子どもの頃、近所の人たちが集まって、毎年暮れに、臼と杵でもちつきをしていたことを思いだす。
つきたてのもちは、柔らかく、湯気があがっていておいしいものだ。


09011800220901180025090118001309011800490901180048090118004209011800540901180040090118002809011800310901180026090118002709011800430901180050_20901180035090118003809011800460901180055_2                

|

« 【読】水木しげる「ラバウル戦記」(続々) | トップページ | 【読】船戸与一『満州国演義』の近刊 »

【遊】おでかけ日誌」カテゴリの記事

四季 冬」カテゴリの記事

小平界隈」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【遊】今年も、鈴木稲荷のもちつき大会:

« 【読】水木しげる「ラバウル戦記」(続々) | トップページ | 【読】船戸与一『満州国演義』の近刊 »