« 【読】宮部みゆきの優しさ | トップページ | 【遊】蕎麦屋と古本屋と和菓子屋 »

2009年1月10日 (土)

【雑】吉本さん、語る

1月4日放送のテレビ番組。
ビデオに撮ってあったものを、今日、ようやく見ることができた。

NHK ETV特集 (教育テレビ)
 
http://www.nhk.or.jp/etv21c/index.html

第255回 1月4日(日)
吉本隆明 語る ~沈黙から芸術まで~

 2009年1月4日 22:00~23:30放送
http://www.nhk.or.jp/etv21c/update/2009/0104.html


この番組のことを知らずにいて見逃しそうになっていたが、友人が教えてくれた。
ありがとう。

内容については、上のNHKサイトのリンク先をご覧いただきたい。
2008年夏に行われた講演の映像を中心に、吉本さんのこれまでの歩みをまとめた内容で、興味ぶかいものだった。

83歳。
車椅子に乗って演壇に登場、話しぶりに危うさを感じたが、話の内容はしっかりしていた。
まだまだお元気そうだ。

私は吉本さんのいい読者ではないと思っているが、ここ数年、とても親しみを感じるようになった。
この番組を見て、あらためて、一本、筋の通った生き方をしてきた人なんだなあ、と思ったのだった。

|

« 【読】宮部みゆきの優しさ | トップページ | 【遊】蕎麦屋と古本屋と和菓子屋 »

【雑】きまぐれ日誌」カテゴリの記事

吉本隆明」カテゴリの記事

コメント

昨日、私も録画を見ました。最近の「老いシリーズ」はよく読んでいます。詩は好きですが、他は一部を除いていい読者とはいえず、300冊という著書の中の10冊ほどを持っている程度です。
漱石の「三四郎」と鴎外の{半日」の考察部分に彼の神髄を見ました。
颯爽とした彼が杖をつき、腰を曲げついには車いすになった。時は流れていますね。

投稿: 玄柊 | 2009年1月12日 (月) 08時09分

>玄柊さん
おもしろい番組でしたね。
言葉がなかなか出てこないところに年齢を感じさせましたが、内容はしっかりしていて、私にもよく理解できました。
漱石と鴎外の小説の話のほかにも、俳句と西洋の小説を比較した桑原武夫の「第二芸術論」に反論した話もいいなと思いました。

投稿: やまおじさん | 2009年1月12日 (月) 18時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/43698693

この記事へのトラックバック一覧です: 【雑】吉本さん、語る:

« 【読】宮部みゆきの優しさ | トップページ | 【遊】蕎麦屋と古本屋と和菓子屋 »