« 【読】水木しげる「ラバウル戦記」がおもしろい | トップページ | 【読】水木しげる「ラバウル戦記」(続々) »

2009年1月17日 (土)

【読】水木しげる「ラバウル戦記」(続)

水木しげるの 『ラバウル戦記』 (ちくま文庫)の続き。

Mizuki_rabaulこんないい話も書いてある。
敵の目を盗んで、ネープル河を、夜、小舟で渡ったときの感慨。

<月夜の乗船は不気味だったが、とてもきれいだった。ほとんどの兵隊は、生きて再びこの川を渡ることはなかった。それだけに、この渡河はバカに印象的だった。(なぜかよく覚えている。)>

<人の生き死にほど不平等なものはない。特に、戦死したものとそうでもないものの差、これほど大きいものはない。もっとも、生きることを無上の価値としてみたときの話だが。人間は本来〝平等〟が好きで、運のある人が不運になったりすると、みな安心したりする。要するに、〝幸福の一人じめ〟みたいなことをきらうわけだ。>

<平等は、決して悪いことではないし、いいことだが、どうも自然とか運命というやつは平等でないようだ。若くして、食うものも食わずに死ぬのは気の毒なことだ。どうしてそんなバカなことがあるのだろうと、五十年間考えてきたが、頭が悪いせいか、いまだに結論が出ない。>


年末だったか年始だったか、水木しげるさん夫妻が出演する番組を見た。
(ビートたけしが司会する番組 『誰でもピカソ』 だったように思う)

 たけしの誰でもピカソ:テレビ東京
 http://www.tv-tokyo.co.jp/pikaso/


86歳の水木さんは、話しぶりもしっかりしていたが、やはりとぼけた印象の人だった。
こういう人、好きだな。

|

« 【読】水木しげる「ラバウル戦記」がおもしろい | トップページ | 【読】水木しげる「ラバウル戦記」(続々) »

【読】読書日誌」カテゴリの記事

あの戦争」カテゴリの記事

こんな本を読んだ」カテゴリの記事

コメント

水木しげるといえば「ゲゲゲの鬼太郎」しか知らない私にとっては参考になるお話でした。少しづつ読んでみます。

投稿: 玄柊 | 2009年1月17日 (土) 19時10分

>玄柊さん
私も、少し前までは水木しげるさんのことをよく知りませんでしたが、戦争体験がこの人のターニングポイントになったように思います。

投稿: やまおじさん | 2009年1月17日 (土) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/43765926

この記事へのトラックバック一覧です: 【読】水木しげる「ラバウル戦記」(続):

« 【読】水木しげる「ラバウル戦記」がおもしろい | トップページ | 【読】水木しげる「ラバウル戦記」(続々) »