« 【楽】女性ツイン・ボーカル | トップページ | 【読】再読 『満州国演義 1 ―風の払暁―』 »

2009年1月24日 (土)

【遊】雪と蕎麦

今日は、朝からどんより曇り空。
ときどき雪がちらつく寒い一日だった。

車ででかける用があり、西国分寺あたりを走っていて、ちょうどお昼どきになった。
前から気になっていた蕎麦屋が、通り道にあった。

場所は、西国分寺駅近く、都道145号線と府中街道が交わる「泉町交差点」の東側。
都立武蔵国分寺公園の西側。

駐車場がなければ、あきらめようと思っていたが、車二台分の駐車場がお店の前にあった。
ラッキーだった。
11時半が開店時刻で、開店直後。

天候のせいなのか、開店から時間がたっていなかったせいか、先客は一人だけ。
私たちが入った後から一組来ただけで、全部で五人。


蕎麦 山泉(さんせん)
東京都国分寺市西元町2-17-16

http://r.tabelog.com/tokyo/A1325/A132502/13010061/#rstinfo

おいしい蕎麦だった。
十割の手打蕎麦だろう。

私は天せいろそば、家人は温かいきのこそば。
蕎麦もおいしかったが、揚げたての天ぷらもおいしかった。
二人で、2300円。
安くはないが、それだけの値打ちはあった。



09012400030901240001 

|

« 【楽】女性ツイン・ボーカル | トップページ | 【読】再読 『満州国演義 1 ―風の払暁―』 »

【遊】おでかけ日誌」カテゴリの記事

四季 冬」カテゴリの記事

国分寺界隈」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【遊】雪と蕎麦:

« 【楽】女性ツイン・ボーカル | トップページ | 【読】再読 『満州国演義 1 ―風の払暁―』 »