« 【演】枝雀落語を観るヨロコビ | トップページ | 【演】枝雀落語大全DVD(第三集) »

2009年1月 3日 (土)

【演】初代 桂枝雀

1999年(平成11年)4月19日に亡くなった桂枝雀は二代目である。
初代桂枝雀は、明治から大正にかけて活躍した噺家。
二代目枝雀によると、爆笑落語だったというが、当然のことながら音源はほとんど残されていない。

私の手もとに、一本のカセット・テープがある。
20年前に発売されたものだ。

Yumeno_meijinyose1Yumeno_meijinyose2『明治大正 夢の名人寄席』
 コロンビア CTY-9158
 1987年10月発売 3000円

歴史的録音というやつで、ノイズまみれの音源だが、快楽亭ブラック、初代三遊亭円遊、曽呂利新左衛門、初代柳家こせん、初代桂春団治、四代目古今亭志ん生、四代目笑福亭松鶴、などの名前が並んでいる。

その中に、初代桂枝雀の音源がある。
「芋の地獄」という、三分ほどの短い録音。
ノイズだらけだし、内容もよくわからないが、こういう話芸だったのかという程度のことはわかる。

― カセット・テープの解説より ―
初代 桂枝雀
本名澤木勘次郎。二代目桂文枝門人で枝雀。そして終生名を変えなかった。音曲を得意とし、昭和三年十一月二十三日、六十六才で亡くなっている。没年から逆算すれば文久三年頃の生まれ。
この一篇は明治四十二年以降の明治の録音でいわゆる滑稽説教というもの。


Wikipedeiaには、もっと詳しい紹介がある。

― Wikipedia 初代 桂枝雀 ―
初代 桂枝雀(1862年 - 1928年11月22日)は、本名: 入江清吉。享年66。
大阪の足袋商「古滿屋」の子として生まれ、家業を継ぐ傍ら、地歌や舞踊の稽古に通う。後、友人の勧めで、上町にあった素人落語の「緑連」に加わり、喜代丸を名乗る。1884年11月、2代目桂文枝(後の桂文左衛門)に入門し、枝雀を名乗り、生涯変えなかった。
桂派が凋落の一途をたどる中、桂仁左衛門(2代目桂南光)、3代目桂文三らと共に同派を良く支える。仁左衛門の死後は、1912年に4代目笑福亭松鶴らと共に自身の名にちなんで寿々女会を組織するも、本人は出演せず。間もなく当時の元号にちなみ大正派を立ち上げ、平野町第一此花館を本拠とするが、1916年に解散。その後すぐ新桂派を結成するが、2年と持たなかった。その後、反対派に加入。1926年頃に引退。
痩躯にあばた面、片目が不自由といった風体だったが、笑いの多い愛嬌ある高座で、桂派でも一番の人気者だった。三友派の2代目桂米喬と共に、初代桂春團治出現以前の爆笑王として名を馳せた。十八番は『尻餅』『借家怪談』『野崎参り』『稽古屋』など。音曲も独特なもので、一席終えた後、「フェー」といった奇声を発してから、大津絵節などを聴かせたという。
引退後は東大阪市の布施に住み、平穏な余生を過ごした。同業者との連絡は一切絶っていたため、死期も分からず仕舞だったという。
弟子には2代目桂小文枝、3代目桂萬光、2代目桂談枝らがいる。
出典 『古今東西落語家事典』(平凡社、1989年)

|

« 【演】枝雀落語を観るヨロコビ | トップページ | 【演】枝雀落語大全DVD(第三集) »

【演】演芸日誌」カテゴリの記事

桂枝雀」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【演】初代 桂枝雀:

« 【演】枝雀落語を観るヨロコビ | トップページ | 【演】枝雀落語大全DVD(第三集) »