« 【楽】ステキなMusic | トップページ | 【読】再読 『満州国演義 3 ―群狼の舞―』 »

2009年2月 4日 (水)

【雑】立春

からだの感覚はまだ冬だけれど、今日は立春。
寒い寒いと思いつづけてきたけれど、こころなしか、春の気配を感じるようになった。

さくらの蕾がふくらんできた。
来月の下旬になれば、花盛りの春がくるんだ。
そう思うと、うれしい。

Saijiki_nihon『家族で楽しむ 歳時記・日本の行事』
 池田書店 2007/12/28発行
 1300円(税別)

二十四節気(にじゅうしせっき)
太陽の運行をもとに古代中国で作られた。
冬至を起点にして一太陽年を24に分け、それぞれ15日の「節気」にして季節の目安にしたもの。
暦が季節とずれても、二十四節気は太陽と同調しているので、節気の来る日は毎年変わらない。
ただし、中国生まれであることと、日本が南北に長いことから、地域によって多少季節とずれる。
(本書より)


春 立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨
夏 立夏・小満・芒種・夏至・小暑・大暑
秋 立秋・処暑・白露・秋分・寒露・霜降
冬 立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒


わたしたちの暮らしの中には、中国大陸や韓半島から学んだものがたくさんある。
それなのに、明治からあと、どうしてこんなことになったのか。

船戸与一の長編小説 『満州国演義』 を読んでいると、この国はどんどん道を踏み外してきたんだなあ、と思う。

|

« 【楽】ステキなMusic | トップページ | 【読】再読 『満州国演義 3 ―群狼の舞―』 »

【雑】きまぐれ日誌」カテゴリの記事

四季 春」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/43956440

この記事へのトラックバック一覧です: 【雑】立春:

« 【楽】ステキなMusic | トップページ | 【読】再読 『満州国演義 3 ―群狼の舞―』 »