« 【雑】そうだ、糧うどんにしよう | トップページ | 【遊】花冷えでも満開 »

2009年3月29日 (日)

【遊】カリンの花

午後、自転車で桜の写真を撮りにいってきた。
その道すがら、可憐な花をつけた樹をみつけた。

はじめて見る花だった。
帰ってきて、植物図鑑で探してみた。
カリン(花梨)だった。

ひっそりと咲いていた。
秋になったら、実をつけたところを見にいこう。


― 『山渓カラー名鑑 日本の樹木』 山と渓谷社 より―
カリン Chaenomeles sonensis
<花梨・花櫚> バラ科ボケ属
中国原産。
甲信越、東北地方に多く植えられている。
高さ6~10メートルになる。
樹皮は鱗片状にはがれる。
葉は長さ4~8センチの倒卵形。
4~5月、短枝の先に直径約3センチの淡紅色の花が1個ずつ咲く。
花弁は5個。
果実は長さ10~15センチの楕円形で、10月に黄色に熟し、芳香がある。
かたくて酸味が強く、生食はできないが、砂糖漬けや果実酒、薬用にも使われる。


2009/3/29 小金井市

09032900730903290079_20903290084

|

« 【雑】そうだ、糧うどんにしよう | トップページ | 【遊】花冷えでも満開 »

【遊】おでかけ日誌」カテゴリの記事

四季 春」カテゴリの記事

小金井界隈」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【遊】カリンの花:

« 【雑】そうだ、糧うどんにしよう | トップページ | 【遊】花冷えでも満開 »