« 【楽】すどもん珍報 第三号 | トップページ | 【読】雲取山の公衆便所 »

2009年6月 7日 (日)

【歩】梅雨どきの花

きのうの土曜日、雨だった。
雨に濡れたアジサイが色あざやかで、季節を感じさせる。

いちばん下の写真は、カシワバアジサイ。
私は、この団地に住むようになって、はじめて知った。
ここには園芸好きの人が多いようで、これまで知らなかった草木がたくさんある。

近ごろは、外国から来たアジサイが増えてきたように思う。
初夏の風物詩、アジサイが年々好きになってきた。

カシワバアジサイ (柏葉紫陽花)
 ユキノシタ科アジサイ属
 北アメリカ東南部に自生するアジサイで
 日本にも導入されて栽培されるようになった
 花期は6~7月
 装飾花は4枚の萼片からなり、白色
 中央の花も白色で、長さ15~25cmの円錐状にまとまった
 花房をつくる
 葉は5裂し花は円錐形にまとまる
 最近は八重咲きになった品種も
(成美堂出版 「葉形花色でひける 木の名前がわかる事典」)

撮影 2009/6/6 小平市

0906060001

090606000409060600060906060007























キダチチョウセンアサガオ (木立朝鮮朝顔) Datura suaveolens
 ナス科チョウセンアサガオ属
 中南米ブラジル原産の常緑低木
 タツラと呼ばれるこの仲間ではもっとも大形
 高さ2メートル以上にもなる
 花期 6~9月
 芳香のある白い花を下向きに開く
 花冠は長さ20~30cmの漏斗形で先端は5裂する
 裂片は尾状にとがる
 果実は長さ約15cmの長卵形で刺がある
(山と渓谷社 「ポケット図鑑3 秋の花」「カラー名鑑 日本の樹木」を参照した)

撮影 2009/6/6 小平市

0906060009_2























ビヨウヤナギ (美容柳、未央柳) Hypericum chinese
 オトギリソウ科オトギリソウ属
 中国原産の常緑低木
 葉が柳に似ていて、花が美しいことから「美容柳」と呼ばれるという
 未央柳とも書く
 庭などによく植えられている
 6~7月、枝先に長い雄しべが目立つ黄色の花をつける
 花は直径4~6cm、花弁は5個
 雄しべは多数あり5つの束に分かれている
(山と渓谷社 「ポケット図鑑2 夏の花」を参照した)

撮影 2009/6/6 小平市

0906060011_20906060010   























クチナシ カワラナデシコ ドクダミ

撮影 2009/6/6 神奈川県相模原市

090606002709060600200906060028         

|

« 【楽】すどもん珍報 第三号 | トップページ | 【読】雲取山の公衆便所 »

四季 夏」カテゴリの記事

小平界隈」カテゴリの記事

【歩】散歩日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【歩】梅雨どきの花:

« 【楽】すどもん珍報 第三号 | トップページ | 【読】雲取山の公衆便所 »