« 【遊】青梅のお気に入りの店 | トップページ | 【読】ピーター・バラカン(続) »

2009年10月15日 (木)

【読】ピーター・バラカン

今日、本屋に立ち寄ったところ、こんな面白そうな本がみつかった。

Peter_barakan_black_musicPETER BARAKAN
 200CD+2 BLACK MUSIC
ピーター・バラカン 選
 『ブラック・ミュージック アフリカから世界へ』

 Gakken 2009/9/28 250ページ 2100円(税別)

ピーター・バラカンさんが選んだ、ブラック・ミュージックのCD紹介。
いいガイドブックだと思う。

アフリカ(西アフリカ、南部アフリカ、中央アフリカ、東アフリカ)、カリブ海/ラテンアメリカ(カリブ海、ラテンアメリカ)、アメリカ(ニュー・オーリンズ/ルイジアナ、ブルーズ/R&B、ジャズ、ゴスペル/ソウル/ファンク)。
このように分類され、さまざまなCDが紹介されていて興味ぶかい。
ほとんど私のよく知らないミュージシャンばかりだが、聴いてみたいものがたくさんある。
バラカンさんを信用して、おすすめCDをすこしずつ買って聴いてみようと思う。

ところで、バラカンさんは、英語の日本語(カタカナ)表記に強いこだわりがあり、bluesはブルー、Miles Davisはマイル・デイヴィス、Thelonious Monkはセロニアス・ンク、Jimmy Smithはジ・スミス、といったぐあい。
何もそこまで、と思うものの、納得できる。

Peter_barakan_mokey_money『猿はマンキ、お金はマニ』
 ― 日本人のための英語発音ルール ―
 ピーター・バラカン  NHK出版
 2009/1/25 127ページ 800円(税別)

この本もおもしろかった。
私たちの英語の発音がいかに奇妙なものか、痛感したものだ。

はなしは横道にそれるが、バラカンさんは私と同い年だ。
音楽に関して、信頼できる人だ。
土曜日の朝、NHK-FMで放送しているバラカンさんの音楽番組は、週末の楽しみで、毎週愛聴している。

NHK-FM : WEEKEND SUNSHINE DJ: PETER BARAKAN
http://www.nhk.or.jp/sunshine/pc/

|

« 【遊】青梅のお気に入りの店 | トップページ | 【読】ピーター・バラカン(続) »

【楽】音楽日誌」カテゴリの記事

【読】読書日誌」カテゴリの記事

こんな本を手に入れた」カテゴリの記事

こんな本を読んだ」カテゴリの記事

コメント

ピーター・バラカン、私も同じ年ということもあって、FMも聞いていますし、興味深い人です。信頼できる感性の人だと思っています。この本のことは知りませんでした。

投稿: 玄柊 | 2009年10月18日 (日) 16時15分

玄柊さん>
(誤字「完成」→「感性」訂正しておきました。このブログのコメントはご自分で修正できず、申しわけありません)

ピーターさんが推薦しているCDのなかの一枚、アラン・トゥーサンの『ザ・ブライト・ミシシッピ』をさっそくAmazonで購入しました。
今、聴いていますが、ゴキゲンなアルバムです。

投稿: やまおじさん | 2009年10月18日 (日) 18時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139344/46495362

この記事へのトラックバック一覧です: 【読】ピーター・バラカン:

« 【遊】青梅のお気に入りの店 | トップページ | 【読】ピーター・バラカン(続) »